建設機械/農業機械用特殊アタッチメントの設計・開発・製作、建械/農械部品の販売・レンタル、中古販売・買い取り、整備・修理・メンテナンス

農地基盤整備工事でも有効な振動法面転圧バケット"転圧王"

2016年12月17日
DSC01479


今回納品頂いたお客様は民間で、農地の基盤整備の請け負い工事を行っている業者様で、振動転圧バケットについて質問に答えて頂きました。


--導入のきっかけ
 
毎年、畑の所有者に頼まれて農地の整備工事を行っている。作業内容は畦畔の整備、除礫、心土破砕、土の天地返し、暗渠排水、水路、崩落法面、車両搬入路の新設や改修などを行っている。
広大な農地も多く、車両の入る道も少なく車輌はおろか重機や小型機械の搬入が困難な現場も多く、人が歩くのもやっとの場所もある。水路の基礎部や埋め戻し、盛土法面、盛土路体、路盤材など確実に締固めをし密度を上げなければならない作業では従来は小型機械などを用いて行ってきたが、人出と時間がかかる。
そんな中、バケットと振動機が一体化した転圧バケットがあるのを知り省人力化、工期短縮、コスト削減に確実に繋がると思い導入を考えた。
DSC01481
DSC01484


--実際にレンタル機で試しに使用した感想
 
法面バケット底板全体が前後に起振しおもった以上に転圧力があった。基本的には転圧機はバケット以外必要無くなり大幅に作業時間の短縮と省人力化によりコスト削減が図られた。バックホウ1台のみでできる仕事の幅が広がった。


--農地所有者の反応は?
 
とにかく農作業にも影響するので工事の工期を短縮されたことと、工事コストが抑えられたことに対し喜んでもらえる。現場ではパワーショベル1台で作業することが多いので、油圧式のワンタッチカプラーも導入したことによりバケットの取り換え作業も1分もかからないので手際の速さにも喜んでもらっている。
今までは機械の入れないところでの転圧作業はバケットで押さえ込むだけの場合もあったが、しっかりとした転圧も行えることから品質にも安心を頂いている。


--今後の取り組み

やはり作業能率を上げるにはそれに適した道具が必須で、トラクターや油圧ショベルのアタッチメントを充実させ更なる省人力化、工期短縮、コスト削減を達成し受注を伸ばしたい。


0.4-0.8m3(12-21t)クラス兼用機
TO200

DSC01437
DSC01439
DSC01441



建機開発/販売 よくある質問一覧