建設機械/農業機械用特殊アタッチメントの設計・開発・製作、建械/農械部品の販売・レンタル、中古販売・買い取り、整備・修理・メンテナンス

ハンマーナイフモア カッターシャフト修理、バランス調整を承っております

2018年8月18日
ハンマーナイフモアのカッターシャフトの修理及びバランス調整を承っております。


ブラケットがついたシャフトを「カッターシャフト」と呼んでおりますが、このカッターシャフトは非常に繊細で刃の欠損やブラケットの欠損(歪みも含む)でシャフトのバランスが崩れ、回転時に異常な振動を引き起こします。


❖まず異常な振動が見られる場合には以下を確認してください。

1.部分的に刃の交換を行い、偏った配置になっていないか?

摩耗した刃と新品刃の重量差があるため偏った交換をした場合にバランスが崩れ振動を引き起こす場合があります。

2.刃を留めるブラケットの位置にズレは無いか?

除草作業中に石や切株などに当たりブラケットを飛ばしてしまい、新たにシャフトに溶接し直すケースが
あると思います。又、ブラケットの溶接面が痩せて肉盛りをするケースもあります。この場合に多少でも取り付け位置のズレや、肉盛り厚さの不均等により振動を引き起こす場合があります。

3.シャフト両端のベアリングの破損、摩耗は無いか?

ベアリングは消耗品であり、多少の振動でもそれが続くとベアリングの破損に発展します。
この場合、振動を引き起こします。又、これに伴いシャフト軸の摩耗にも繋がり事態は悪化します。

4.プーリーのベアリングの摩耗、ガタ付きは無いか?

一見、シャフトのブレによる振動と思う場合も実は、シャフトを回転させるため動力を伝えるVベルトを掛けているプーリーのガタ付きの振動がモアヘッドに伝導しているケースがあります。

5.シャフトの凹みや曲がりは無いか?
'除草作業中に石や切株などに衝突し、稀にこのようなケースがあります。


カッターシャフトは1分間で2,000回以上の高速回転をしています。多少の重量バランスの崩れや、摩耗によりブレが生じ振動を引き起こします。これを放置すると振動は次第に大きくなり、その他の部分の損傷に繋がります。大抵の場合は目視確認で何が原因かを突き止めることが可能ですので振動が起きた場合は一度確認をしてみてください。


当社は数多くの経験により、まずはお客様に一つずつ各部をご確認を頂き、早く安く済む方法をご提案致します。

全国からハンマーナイフモアのカッターシャフトの修理及びバランス調整の依頼を受けておりますのでご安心してお問合せ下さい。



整備/修理/メンテナンス よくある質問一覧