建設機械/農業機械用特殊アタッチメントの設計・開発・製作、建械/農械部品の販売・レンタル、中古販売・買い取り、整備・修理・メンテナンス

ランナーの聖地 別府大分毎日マラソン2019 初参戦!2時間50分切の挑戦!

2019年1月28日
ランナーの聖地 別府大分毎日マラソンに参戦


2019別府大分毎日マラソン〜サブエガ 2:50'00"切りの挑戦


今週の日曜日はいよいよ別府大分毎日マラソン。

3年前に初めてフルマラソンの大会走り、今回で12戦目となる大会。
最初で最後と決めて出場したマラソンは4:03'00"とサブフォーギリギリまで行き、もう一度で最後と臨んだ第2戦。ろくに練習もせずに4:50'32"と沈み悔し涙を飲んだ。それから今まで昨年夏の北海道マラソンを除いて全ての大会で自己ベスト記録更新をしてきた。気が付くと夢のサブエガ(2時間50分切り)まであと一歩のところまで来ている。


昨年の秋まではこの大会に出ようとは夢にも思っていなかった。
11月のつくばマラソンでのサブエガ(2時間50分切り)を目指し努力をしてきたが、まさかの持ち時間の申告ミスでEブロックスタートとなりこの大会での目標クリアは厳しいと悟り、急遽エントリーしたのがこの大会。
第38回つくばマラソン Eブロックからの自己ベスト更新

11月28日につくばマラソンを終え(自己ベスト更新 2:51'49'")すぐに12月16日の房総半島横断トレイル(距離 66.70km、累積標高 D+2,760m)の練習に勤しみ、7:37'07" 総合22位の結果を出し、直ぐにまたフルマラソンの練習に勤しむ。連戦を続けていると難しいのが脚の疲労で質の高い練習が万度に出来ないのと、やはりモチベーションの維持が難しい。大会当日に合わせ気持ちを持って行き完全燃焼した分、また次の大会に照準を合わせ気持ちを高ぶらせるのにも時間がかかる。
しかも今回は初めての冬場の大会だ。

12月は初心に返り走り込みに重点を置き470㎞走り、1月から徐々にスピード練習を取り入れた。とは言っても外は雪道のため正月明けに6万円で購入した室内ルームランナー(トレミ)。実際に走るのとはやはり勝手が全然違うが、無いよりは全然ましといった感じ。
1月は今日現在で400km走ってきた。


週末は札幌の体育館つどーむまで出向き1周400mをぐるぐると周るペース走(21km、30㎞、30km、16km、12㎞)を行うこと5回。やれるだけのことはやってきた。


スタートラインの整列は2時間30分未満のランナーがカテゴリー1。2時間55分未満がカテゴリー2。3時間未満のランナーがカテゴリー3。3時間30分未満のランナーがカテゴリー4となる。個別の申請タイム順にゼッケンナンバーが割り振られており、その順番に整列し一斉スタートとなる。
自分はカテゴリー3からのスタートとなる。ゼッケンナンバーは1667。


スタートは2月3日(日) 12:00。
最後まで自分を信じ今あるすべての力を出し切り2時間50分切りを果たしたい。

  • テレビ放送 11:50〜14:24分
  • ラジオ放送 11:50〜14:59分