建設機械/農業機械用特殊アタッチメントの設計・開発・製作、建械/農械部品の販売・レンタル、中古販売・買い取り、整備・修理・メンテナンス

様々な「寸法」「種類」のブルドーザー用エッジの中から適合するサイズをお調べします

2019年10月29日
当社では、ブルドーザーのブレード(排土板)下側に装着されている、様々な「寸法」「種類」のエッジを取り扱っております。



ブルドーザーには、3.8tの小型機種から始まり、大型機種まで多くの機種があり、一般的な工事現場では「3.8tクラスのコマツD20」や「7tクラスのコマツD30」の機種を多く見かけます。

ブルドーザーの大きさや機種によって、エッジの構成枚数やサイズなどが異なりますが、ブルドーザー用エッジの代表的なサイズは、以下の3種類になります。

  • コマツD20用:12mm × 160mm × 1540mm 10穴
  • コマツD30用:16mm × 165mm × 2000mm 13穴
  • コマツD60用:19mm × 204mm × 1660mm 11穴

これ以外にも多くのサイズがあるため、すべてを掲載するのが難しいのですが、お使いのブルドーザーの「メーカー」「型式」をお教えいただければ、当社保有資料から絞り込んで適合するエッジをお調べすることが可能です。


このように、ブルドーザー用エッジには数多くの種類があるので『探すのが面倒』と思いがちですが、実は、ほとんどのエッジが “ボルト間隔(ピッチ)が6インチ” になっています。

*「6インチ = 152.4mm」となります。


また、ブルドーザー用エッジの取り付け用ボルトは、特殊なプロボルトを使用します。

※このブルドーザー用エッジとプロボルトは、タイヤショベル用プラウなどでも採用されており、共通の部品ともなっています。


ブルドーザー部品の中でも、ブレード(排土板)は最も消耗しやすい部品ですが、当社ではブルドーザー用エッジの販売価格をネット最安値で設定していますので、安心してお買い求めください。

特殊サイズなどでのご相談も、お気軽にご連絡ください。



建機・農機部品販売 よくある質問一覧