ジェーピーエヌ DC12V専用 自動車・船舶用炊飯器 タケルくん


DC12V専用 自動車・船舶用炊飯器 タケルくん 1.5合
¥4,743(税抜)

※送料別途
仕様
サイズ:W160×D140×H155mm
重量:592g
電源:DC12V
製品保障:1年
付属品:計量カップ/しゃもじ/電源コード/取扱説明書
※24V専用も別途設定有り


車両の場合は平坦な場所に停車し、サイドブレーキ等をかけて安全確保をお願いします。
本製品の蓋を開け、予め綺麗に洗ってあるお釜に規定量のお米(無洗米)とお水を入れて蓋を閉じます。
DC12Vのバッテリーでしたら12V専用品(JPN-JR001)を、DC24Vのバッテリーでしたら24V専用品(JPN-JR001TK)である事を確認し、付属されている電源コードをシガーライターソケットに差し込んでください。
本製品の後面にある電源ジャックに電源コードを差し込み、本体を平坦で安全な場所に設置してください。
通電すると緑のランプが点灯しますので「炊飯」ボタンを押してください。(赤ランプが点灯します)
赤ランプが点灯したら炊飯開始です。
およそ25分前後で炊きあがります。(自動で保温に切り替わります。)
炊飯時は上部の「蒸気吹き出し口」から高温の蒸気や水滴が出ますので火傷しないように充分にご注意ください。
また、お米の性質や炊飯量により炊飯時間は多少前後しますのでご了承ください。)


美味しく食べる為には炊飯が終わり、保温(緑ランプ点灯)に切りかわってから10分程度の「蒸らし」が必要です。
蒸らしまで終わりましたらシガーソケットから電源コードを抜き取ってください。
この時にも本体が高温になっていますので蒸気吹き出し口付近などに手を触れないようにご注意ください。(火傷の恐れがあります。)
蒸気吹き出し口付近に手を触れない事と蓋から水滴が垂れる事などに注意しながら開封してください。
付属の小型しゃもじでご飯を良くかき混ぜ、茶碗などによそってお召し上がりください。

基本的なお米(無洗米)とお水の計量カップ割合は1:1.1です。
※水の割合はお好みにより調整してください。(1.1〜1.3)

※通常はカップ1杯の米に対し、水は 1:1 の割合ですが、米量が多い時は水を多めに入れると美味しく炊けます。

付属計量カップのお米量 付属計量カップのお水量 炊きあがりのご飯量
すり切り1 杯(お米/約85g) 1.1杯(お水/約101cc) ごはん(小)1 杯(約168g)
1.5 杯(お米/約128g) 1.7 杯(お水/約156cc) ごはん(中)1 杯(約250g)
すり切り2 杯(お米/約170g) 2.2杯(お水/約202cc) ごはん(大)1 杯(約320g)
2.5 杯(お米/約213g) 2.8 杯(お水/約260cc) ごはん(特盛)1 杯(約418g)
すり切り3 杯(お米/約255g) 3.5 杯(お水/約322cc) ごはん(中)2 杯(約504g)

※上記には計量カップの重量(8g)は含まれておりません。上記規定量以上の炊飯は絶対にしないでください)

本製品は、「炊飯」と「保温」の機能があります。(スイッチを押すごとに切り替わります。)
特殊な構造と回路により炊飯時は5〜9Aの電流が流れてご飯を炊く事が出来ます。
しかし、保温時は2〜3Aの電流となりますので、保温は最大でも30分までにしてください。
それ以上の保温はご飯の水分を蒸発させてしまい、味を落としてしまいます。
また、保温機能は自動でOFFになりませんので必ず使用後は電源コードを抜いてください。
万が一にも保温状態で放置しない様に充分にお気をつけください。空焚きは故障の原因となります。


本製品はDC(直流)バッテリーを電源とした電気式の炊飯器です。
車両及び船舶のDCバッテリーには12Vと24Vがあります。
必ずご確認の上、お間違えの無いようご使用ください。
12V用と24V用では電圧の問題で使用方法が異なる部分があります。
本体も電源コードも形状は同じですが回路基板が違いますので双方の共用は出来ません。
また、車両のバッテリー上がりを避ける為にも炊飯、保温共にエンジン始動時、又はサブバッテリーからご使用ください。


【注意事項】
・本製品は炊飯(白米を炊く)専用の商品です。その他の目的(炊き込みご飯等)での使用は故障の原因となりますので絶対に行わないようにしてください。
・お釜の中で米を研がないでください。本製品には無洗米を使用するか、別な容器で研いだお米を使用してください。
・本製品はDC12V専用(品番/JPN-JR001)とDC24V専用(品番/JPN-JR001TK)があります。それぞれの共用はできませんので間違って使用しないようにご注意ください。
・本製品を走行中にご使用頂く事は絶対にしないでください。
・本製品を一度炊飯した後は内部回路やサーモスタッド(センサー)が冷えるまで連続使用しないでください。(電源OFF状態およそ20分で冷えます。)
・本製品を使用する際は停車(停泊)し、サイドブレーキをかけるなどの安全な状態で平坦な場所に本製品を設置してご使用ください。
・本製品を車内、船内で炊飯する際に通常の炊飯器同様にご飯を炊く香りが漂います。気になる方は換気しながら炊飯してください。
・本製品はシガーライター式の電源ですが、分配器などを介しての使用ですと電圧や電流が足りなくなり使用できない場合があります。
・電源コードを差し込んだ時点で通電します。炊飯後は速やかにコードを抜いてください。
・本製品は高温になります。火傷の恐れがありますので炊飯時など絶対に蒸気排出口付近に手を触れないで下さい。
・本製品の釜部は特殊構造上、一体式となっておりますので洗う場合は本体ごと洗う事になりますが、スイッチ部や電源コード部に水が入らない様にしてください。回路部は構造上の問題で完全な 防水には出来ません。(絶対に本体を水に浸したりしないでください。)
・釜を洗う場合は化学性洗剤を避け柔らかいスポンジで洗ってください。(傷が付きやすい材質の為)
・本製品を分解・改造しないでください。

>>車中泊 車内泊 アウトドア キャンプ 災害 便利グッズ 商品説明・取付事例はこちら