1BOXNETWORK Aピラーフロントスピーカーフルセット 200系ハイエース

img_apiller_200_01
NEW 200系ハイエース Aピラーフロントスピーカーフルセット
¥53,800(税抜)
※送料・取付工賃別途
適合:200系ハイエース(※DX標準ボディ リアクーラー非装着車には取り付けできません)

仕様:セット内容
・μDIMENSIONツーイーター付きAピラー
・μDIMENSION 6.5インチドアスピーカー+インナーバッフル
・ディフュージョン×2枚
・スピーカーケーブル<3m>
(L/R各1.5m、ギボシ端子、エレクトロタップ)
・専用インナーバッフル×2個
《バッフル固定用ボルト、ナット、スピーカー固定用専用タッピング》
・バッフル隙間用エプトシーラー<30cm>
・レアルシルト×14枚
・スピーカー端子変換カプラー×2個

Aピラーフロントスピーカーフルセットは「ツィーター+Aピラー」が一体化した製品に、音響効果をグレードアップする為のオプションパーツが多数付属。効果的にスピーカー背面の音を拡散、吸収する素材『ディフュージョン』や極めて高い振動吸収性を誇る『レアルシルト』も付属。さらにインナーバッフル、スピーカー端子変換カプラー、取付ビス、ナットも完備。ハイエースのデッドニングには欠かせないフルセットとなっています。

【1BOXNETWORK Aピラーフロントスピーカーフルセット セット内容】

img_apiller_200_02
1BOXNETWORK Aピラー
μDIMENSION ELEMENT ツイータ
200系ハイエース専用のツィーター付き、ABS樹脂Aピラー。
純正タイプのAピラー、純正の「シボ」に限りなく近付けた材質のABS樹脂を採用。
ハイエースのボディ形状や運転席、助手席のポジションから角度や取付位置を計算してツイーターの取付位置を設定。



μDIMENSION ELEMENT 2WAY6.5インチスピーカー
ブランドにとらわれずコストパフォーマンスと性能を重視して数十種類のスピーカーから選び抜かれたドアスピーカーです。
仕様 16.5cm2WAY スピーカー
ウーファーサイズ 165mm
インピーダンス 4オーム
周波数帯域 60-22kHz
音圧 90dB(1W/m)
定格入力 60W
最大入力 120W


1BOXNETWORK スピーカーバッフ
フロントスピーカーをドアトリムの外側に取付けたり、ドアポケットを潰してスピーカーを取付して音質を上げるチューニングも多いのですが、1BOXNETWORKでは足元が狭い200系ハイエースでスピーカを内側につけるとにより、運転していて足がスピーカーにぶつかってしまったり、ドアポケットの収納スペースを犠牲にする事が無いように、インナーバッフルを製作してドアトリム内にスピーカーを収める事を可能にしました。
見た目はスピーカーが変わっているのかわからないのですが、実用性を考えてインナーに収めています。


積水化学 REAL CHILD(レアルシルト)制振シート
カーオーディオの音質向上のために積水化学が開発したデッドニング用制振シートを付属しています。
14枚付属されているレアルシルトを指定のドアパネル内側に貼り付けることで、不要な振動を減衰させて、本来のスピーカーの性能を発揮させてオーディオの音質を向上させることが出来ます。
オーディオチューニングのプロが今までの経験を生かして、ハイエースのボディー剛性やスピーカー位置を考慮して、スピーカー本来の性能を引き出させる為にレアルシルトを適正な位置に的確な枚数を計算して開発されたスピーカーキットです。


積水化学 REAL CHILD DIFFUSION(レアルシルトディフュージョン)拡散シート 
レアルシルトと同じく積水化学が世界初硬質発泡体「ゼットロン」を採用して中高音域を効果的に引き出す新素材「レアルシルトディフュージョン」を2枚付属。
レアルシルトディフュージョンを指定の場所に貼り付けることにより「拡散・吸収・反射」の物理的三要素で音質の向上を図ることが出来ます。
レアルシルトとの併用で人間の耳に最も聴こえやすい1kHz〜2kHz付近の音楽を著しく向上させることを可能にしました。


取付付属パーツ
・スピーカーケーブル<3m>(L/R各1.5m、ギボシ端子、エレクトロタップ)・バッフル固定用ボルト・ナット・スピーカー固定用専用タッピング・バッフル隙間用エプトシーラー<30cm>・スピーカー端子変換カプラー×2個
上記パーツを付属することによりある程度の工具(ドライバー・ドリル・etc)でオーディオのノウハウが無くてもご自分でプロショップ並のフロントスピーカーシステムを可能にしたスピーカーフルセットです。




>>Aピラーフロントスピーカー商品説明・取付事例はこちら