トランスポーター・キャンピングカー専門店 トヨタハイエース/レジアスエース、モデリスタ、MRT 後付パーツ北海道地区対応店

NEEDSBOX WGT TOKYO AUTO SALON 2018 DEBUT!!

2017年12月16日
HIACEfun vol.40 に掲載された「200系ハイエースワゴンGL NEWコンプリート NEEDSBOX WGT」














200 HIACE WAGON GL NEEDSBOX WGT
TOKYO AUTO SALON 2018 DEBUT!!


NEEDSBOX WGT CONCEPT
WAGON(ワゴン)とTRANSPORTER(トランスポーター)を両立した新しいジャンルのトランスポーターワゴン「NEEDSBOX WGT」を提案します。
WGT専用シート(i Seat)を開発し、ワゴン(前向き10人乗り)とトランスポーター(荷室スペース・シートアレンジ)の両立を実現した、3ナンバー10人乗りハイエースコンプリートワゴン「NEEDSBOX WGT」。
「メーカー保証・ディーラー保証」に対応する為、ベース車両の「3ナンバー・10人乗り」の内容は変更せず、4列目シートは左右両サイドに簡単に跳ね上げて格納できるスペースアップ機能をそのまま残し、乗車人数や積載量(荷物の量・サイズ・形状)にフレキシブルに対応可能な「WGT専用シート+ロングスライドレール」により、通常のシートレイアウトで10人まで乗車(前向き)できるシートレイアウトをベースに、4〜8人と乗車人数の場合にも対応可能な多彩なシートアレンジで乗車スペースを確保し、トランスポーターとしての積載スペースもシートをスライドさせることにより広いスペースが確保できます。
様々な活用シーンの対応を可能にしたトランスポーターワゴン「NEEDSBOX WGT」

ADDITIONAL OPTION
新しく提案するトランスポーターワゴン「NEEDSBOX WGT」カタログ撮影モデル(標準装備装着車両)をベースに、WGTの追加オプション設定の新開発も兼ねて、NEEDSBOXから提案する魅力的な内外装のオプションを多数装備をして出展をします。

SPROUT Re:MAKE
新技術で特殊加工をした表皮をスプラウトの「裁断・縫製・張り」の技術で、シート(ベッド)表皮はカタログモデルから完全リメイクします。

※写真は「NEEDSBOX WGT」カタログ撮影モデルです。東京オートサロン2018出展車両とは異なります。



TOKYO AUTO SALON 2018 200 HIACE