2010 全日本モトクロス選手権第6戦 北海道大会 (わっさむサーキット)

勝利の女神誕生! 全日本モトクロス選手権藤沢大会 IA1決勝ヒート

2010全日本モトクロス選手権シリーズ第7戦藤沢大会

■IA1ヒート1

1 1 成田 亮 YZ450F YSP Racing Team with N.R.T.
2 4 熱田 孝高 RMZ450WS Team SUZUKI
3 6 田中 教世 KX450SR グリーンクラブTEAM TAKASE
4 2 増田 一将 CRF DREAM Honda RT Masuda

5 331 新井 宏彰 KX450F-SR K.R.T.
6 44 小島 庸平 RMZ450WS Team SUZUKI
7 13 釘村 太一 YZ450F MPDY
8 5 北居 良樹 CRF SEKI Racing MotoRoman& KBF-RS
9 318 沼田 誠司 KX450F グリーンクラブ JUDGE MENT
10 16 増田 篤 RM-Z Team SSC
11 8 溝口 哲也 450SX-4 orange clubうず潮レーシング福山
12 20 芹沢 翔悟 CRF T.E.SPORT
13 14 芹沢 直樹 CRF Team CarLife
14 18 片平 竜英 YZF モトハウスレースチームwith elf
15 17 中村 泰介 YZ450F
16 89 熱田 高輝 CRF デップMRTレーシングチーム
17 28 林 友太 YZ450F レーシングチーム鷹
18 27 池田 孝宏 250SX orange clubうず潮レーシング福山
19 39 平田 優 CRF Dream Honda RT Hirata
20 35 馬渕 崇之 CRF 浜松MRC&Stab Blue
7 福留 善秀 CRF Dream Honda RT Fukudome
10 小川 裕紀 KX450F KONG STYLE 大腿骨骨折にてリタイヤ
15 高濱 龍一郎 CRF450 HRF TEAM HAMMERホンダ学園
9 辻 健二郎 CRF ホンダドリームRT 高浜
※青字はニューハレサポートライダー


■IA1ヒート2

1 4 熱田 孝高 RMZ450WS Team SUZUKI
2 44 小島 庸平 RMZ450WS Team SUZUKI

3 331 新井 宏彰 KX450F-SR K.R.T.
4 2 増田 一将 CRF DREAM Honda RT Masuda
5 6 田中 教世 KX450SR グリーンクラブTEAM TAKASE

6 1 成田 亮 YZ450F YSP Racing Team with N.R.T.
7 16 増田 篤 RM-Z Team SSC
8 8 溝口 哲也 450SX-4 orange clubうず潮レーシング福山
9 318 沼田 誠司 KX450F グリーンクラブ JUDGE MENT
10 5 北居 良樹 CRF SEKI Racing MotoRoman& KBF-RS
11 14 芹沢 直樹 CRF Team CarLife
12 18 片平 竜英 YZF モトハウスレースチームwith elf
13 7 福留 善秀 CRF Dream Honda RT Fukudome
14 13 釘村 太一 YZ450F MPDY
15 20 芹沢 翔悟 CRF T.E.SPORT
16 17 中村 泰介 YZ450F
17 28 林 友太 YZ450F レーシングチーム鷹
18 35 馬渕 崇之 CRF 浜松MRC&Stab Blue
19 27 池田 孝宏 250SX orange clubうず潮レーシング福山
89 熱田 高輝 CRF デップMRTレーシングチーム
15 高濱 龍一郎 CRF450 HRF TEAM HAMMERホンダ学園
39 平田 優 CRF Dream Honda RT Hirata
※青字はニューハレサポートライダー

スズキファクトリーサポートで会場に行っていた小栗伸幸氏の誕生日にTeam SUZUKIワンツーフィニッシュは素晴らしい誕生日プレゼントです!
ニューハレサポートライダーも好成績で嬉しいレース結果でした。
全日本選手権モトクロス第7戦東北大会IA1クラスのハイライト映像を上記ゼッケンを覚えて見てください。
面白いです!

2010/7/18 mfj全日本モトクロス選手権第7戦東北大会 IA1ハイライト映像

YouTube - MFJ MOTOCROSS 2010 Round 7 / IA1 highlights
パラソルガールデビューの小栗伸幸氏愛娘の実紗樹ちゃんもバッチリ写っています♪
勝利の女神誕生です!
小栗伸幸氏にとって素晴らしい誕生日プレゼントでしたね♪

TEAM SUZUKI 熱田孝高(あつた よしたか)選手プロフィール

TEAM SUZUKI 小島庸平(こじまようへい)選手プロフィール

DREAM Honda RT Masuda 増田一将(ますだかずまさ)選手プロフィール

2010全日本モトクロス選手権第6戦北海道ラウンドinわっさむサーキット無事に終了しました!

2010全日本モトクロス選手権第6戦北海道ラウンドinわっさむサーキット
「小栗&山田の珍道中二人旅」


TEAM SUZUKIブースの撤収作業もスムーズに終わり・・・


TEAM SUZUKIスタッフの方にもNEEDSBOXデモカーを見て頂きました♪


事故等も無く2010全日本モトクロス選手権第6戦北海道ラウンドinわっさむサーキット全日程が無事に終了しました。
旧TEAMSUZUKIトラックの現所有者TEAM XPCさんと合同終礼をして解散です。
TEAMSUZUKIスタッフの皆様、選手の皆様、MFJ関係者の皆様、2日間お疲れ様でした。

MFJの発表では全日本モトクロス選手権シリーズ第6戦北海道大会は、8700人の来場者数!
詳しくは 2010年 全日本モトクロス選手権シリーズ第6戦北海道大会レースレポートをご覧ください

Twitter級にバイクの海外ラリーで世界を感じるTeam OGUshow小栗伸幸のバイクサイト!!
で超リアルタイムで更新されていますのでこれからの二人旅をご覧下さい♪

TEAM SUZUKI 小島庸平(こじまようへい)選手

2010全日本モトクロス選手権第6戦北海道ラウンドinわっさむサーキット
「小栗&山田の珍道中二人旅」












TEAMSUZUKI小島庸平選手はIA1決勝ヒート2では2週目まで2番手につけていたのですが痛恨のミスで北海道大会は残念な結果に終わってしまいました。
しかし。IA1決勝ヒート1では途中9番手から5位まで猛攻のペースアップで順位を上げたので今後の活躍に期待です!


2日間有難う御座いました。
今現在の2010年ポイントランキング6位なので後半戦の追い上げを楽しみにしています!

■小島庸平選手プロフィール

ニックネーム / コジヘイ
1985 年5 月17 日生まれ
三重県鈴鹿市出身
血液型A 型
所属チーム / Team SUZUKI
趣味 / カラオケ
好きなコース / 名阪スポーツランド、藤沢スポーツランド
車 / ハイエース
好きな芸能人 / 北川景子、片瀬那奈、木下優樹菜、伊東美咲
1991 年(6 歳) 父と兄の影響でモトクロスを始める

Result
2001 年(16 歳) 国内A 級チャンピオン
2002 年(17 歳) 国際B 級125cc クラスチャンピオン
2003 年(18 歳) 国際A 級昇格 2004 年(19 歳)IA2 クラスランキング15 位
2005 年(20 歳)IA2 クラスランキング3 位
2006 年(21 歳)IA2 クラスチャンピオン(5 勝)
2007 年(22 歳)IA1 クラスランキング3 位(1 勝)
2008 年(23 歳)IA1 クラスランキング2 位(1 勝)


小島庸平オフィシャルサイト

Twitter級にバイクの海外ラリーで世界を感じるTeam OGUshow小栗伸幸のバイクサイト!!
で超リアルタイムで更新されていますのでこれからの二人旅をご覧下さい♪

DREAM Honda RT Masuda 増田一将(ますだかずまさ)選手

2010全日本モトクロス選手権第6戦北海道ラウンドinわっさむサーキット
「小栗&山田の珍道中二人旅」
















DREAM Honda RT Masuda 増田一将選手はIA1決勝ヒート1を3位、IA1決勝ヒート2も3位と安定した走りを見せてくれました。
IA1決勝ヒート2ではTEAMSUZUKI熱田選手との壮絶な2位争いを繰り広げました。

増田一将選手の安定した走りには秘密が・・・

増田一将選手はニューハレサポートライダー!


脹脛






ニューハレVテープを使って筋肉や関節をスムースに動かすためのサポートしています。


北海道で夏場のトレーニングをしているとの事ですので会えるのを楽しみにしています。
北海道大会は表彰台おめでとうございました!

■増田一将プロフィール
名前:増田一将(ますだかずまさ)
生年月日:1980年2月22日
国籍:日本(東京都出身)
身長:169cm
体重:66kg
血液型:A型
趣味:音楽鑑賞
'98年に125ccクラスでチャンピオンを獲得。
翌'99年から250ccクラスにステップアップ。
'03年はランキング2位、'04年はランキング7位と好成績を残した。
'05年よりHondaに移籍、7勝を挙げランキング3位を獲得。
'06年は開幕前にケガを負うなど苦難のシーズンとなったが、3勝を挙げランキング4位を獲得した。
'07年は第4戦、第5戦でパーフェクトウイン、さらに第6戦でも1勝を挙げ、ランキング4位を獲得した。
'08年は3位、'09年は2位と安定した順位を獲得している。
2010年は悲願の最高峰クラスのタイトル獲得だ。

主な戦績
1997 デビュー戦
1998 全日本選手権 125cc チャンピオン
1999 全日本選手権 250cc 27位
2000 全日本選手権 250cc 12位
2001 全日本選手権 250cc 11位
2002 全日本選手権 250cc 5位
2003 全日本選手権 250cc 2位
2004 全日本選手権 250cc 7位
2005 全日本選手権 IA1 3位
2006 全日本選手権 IA1 4位
2007 全日本選手権 IA1 4位
2008 全日本選手権 IA1 3位
2009 全日本選手権 IA1 2位


増田一将公式サイト


Twitter級にバイクの海外ラリーで世界を感じるTeam OGUshow小栗伸幸のバイクサイト!!
で超リアルタイムで更新されていますのでこれからの二人旅をご覧下さい♪

TEAM SUZUKI 熱田孝高(あつた よしたか)選手

2010全日本モトクロス選手権第6戦北海道ラウンドinわっさむサーキット
「小栗&山田の珍道中二人旅」










TEAM SUZUKI熱田孝高選手はIA1決勝ヒート1では残念な結果でしたが、IA1決勝ヒート2では増田一将選手と壮絶な2位争いをして、観客も興奮する走りを見せてくれました。


TEAMSUZUKI吉村太一さん、福留善秀選手と雑談するTEAM SUZUKI熱田孝高選手


周りをいつも笑わせてくれる熱田孝高選手です♪
2日間有難う御座いました。
2010年全日本モトクロス選手権IA1チャンピオンを目指してこれからも頑張って下さい。

■熱田孝高選手プロフィール


名     前    熱田孝高(あつた よしたか)
年     齢    30歳
生 年 月 日    昭和52年10月14日
身     長    177cm
体     重    77kg
出     身    宮城県仙台市
血  液  型    0型
視     力    右2.0 左2.0(オーバーホール済)
   足       28.0cm
肩  書  き    '07全日本モトクロス選手会会長
資     格    柔道1級、英検3級、大型自動2輪免許、普通自動車免許
趣     味    ガレージ&庭&家いじり、サイクリング、映画鑑賞
特     技    バリスタ、グレープフルーツの皮むき
ス ポ ー ツ     横乗り系、操作系、球技以外
所有 バイク     RM-Z450
ペ  ッ   ト     海水魚

■よっしーに9の質問

Q 「初めてバイクに乗ったのは?」
A 「25年前に乗ったQR50。ということはMX暦25年!!」

Q 「好きなコース、嫌いなコースは?」
A 「好きなコースは藤沢。嫌いなコースはオフヴィレかな」

Q 「どんな食べ物が好き? 好き嫌いはある?」
A 「好きなのは餃子、ピザ、ハンバーグ、揚げ物系にグレープフルーツ! あとはパスタかな。苦手なのはホヤにセロリ、それとキュウリ……」

Q 「お酒は飲めるの?」
A 「日本酒は苦手です。牛乳とカプチーノがあれば幸せ」

Q 「海外でのレース生活が長かったけど、好きな国は?」
A 「好きな国ならイタリアと島だけどハワイ、あともちろん日本。イギリスでは労働許可証を家に忘れて入国拒否されたことがあるよ。逆にベルギーではパスポートのスタンプが多かったせいで初めは不審に思われたんだけど、レースしに来たと言ったらあっさりOK。エバーツ知ってるか? と聞かれ一緒にレースするよ、って答えたら興奮して頑張れって。結局5分近く立ち話した。モトクロスに理解のある国はいいよね」

Q 「海外でレースしていて不安だったことはない?」
A 「やっぱ怪我すると大変。アメリカ、ベルギー、オランダでは救急車で運ばれて入院したこともあるよ。アイルランドでは、レース前日の土曜の夜に激しい腹痛に襲われて夜の7時に病院に行った。でも結局待たされまくって診察が終わったのは朝の4時……それから帰ってレースだからね。もちろん結果も散々だったよ」

Q 「海外でレース活動したいライダーへの助言はある?」
A 「絶対に保険には入っておくこと。数百万円の医療費を請求されたこともあるけど、保険に入ってたからなんとかなった。あとは犯罪。スペインGPに行く途中、フランスのパーキングで寝ていて、朝起きたらキャンパーの外に荷物が散乱していたことがあった。あとは寝ている間に催涙ガスを投げ込まれて、現金とラップトップPCその他もろもろ盗まれたことも。ベルギーでは車にバイクを積みっぱなしにしていたら、翌朝バイクがなくなってたこともあった。フランスではデナシオンのレースが終わってキャンパーに戻ると、ウォーミングアップ用の自転車がなくなってたな……」

Q 「最近何か驚いたことは?」
A 「年末ジャンボ宝くじで、3億円の当選番号から十の位だけが違う券を持ってたこと!」

Q 「最近気が付いたことは?」
A 「自分は変わった名前だと思っていたんだけど、兄貴(高輝)と弟(統治)の方が変わってることに気が付いた……」

戦績
1993年 - 全日本モトクロス選手権国際B級デビュー
1994年 - 全日本モトクロス選手権国際A級125ランキング13位
1997年 - MFJスーパークロス選手権250チャンピオン
1998年 - 全日本モトクロス選手権国際A級250ランキング5位
AMAモトクロス250ランキング32位
モトクロス・デ・ナシオン出場(オープン・16/DNF)
1999年 - 全日本モトクロス選手権国際A級250ランキング2位
モトクロス・デ・ナシオン10位(250・12/18)
2000年 - 全日本モトクロス選手権国際A級250ランキング2位
モトクロス・デ・ナシオン6位(250・7/12)
2001年 - 全日本モトクロス選手権国際A級250チャンピオン(チームHRC)
2002年 - モトクロス世界選手権250ランキング23位(CAS・ホンダ)
2003年 - モトクロス世界選手権MXGPランキング10位(CAS・ホンダ)
モトクロス・オブ・ネイションズ6位
2004年 - モトクロス世界選手権MX1ランキング10位(CAS・ホンダ)
モトクロスイギリス選手権MXオープンランキング4位
モトクロス・オブ・ネイションズ17位(オープン・10/37)
2005年 - モトクロス世界選手権MX1ランキング14位(モトビジョン・スズキ)
モトクロス・オブ・ネイションズ12位(オープン・9/34)
2006年 - 全日本モトクロス選手権IA1 チャンピオン(チームHRC)
モトクロス・オブ・ネイションズ12位(オープン・30/12)
2007年 - 全日本モトクロス選手権IA1ランキング2位(チームHRC)
2008年 - 全日本モトクロス選手権IA1ランキング9位(チームHRC)
2009年 - 全日本モトクロス選手権IA1ランキング4位


※モトクロス・オブ・ネイションズ(モトクロス・デ・ナシオン)は日本代表チーム順位。カッコ内は出場クラスとヒート順位。


熱田孝高公式サイト

Twitter級にバイクの海外ラリーで世界を感じるTeam OGUshow小栗伸幸のバイクサイト!!
で超リアルタイムで更新されていますのでこれからの二人旅をご覧下さい♪

わっさむサーキット IA1決勝ヒート

2010全日本モトクロス選手権第6戦北海道ラウンドinわっさむサーキット
「小栗&山田の珍道中二人旅」

わっさむサーキット IA1決勝ヒートスタート

































わっさむサーキット IA1決勝ヒート1
1 1 成田  亮 YZ450F YSP Racing Team with N.R.T.
2 6 田中 教世 KX450F-SR グリーンクラブ TEAM TAKASE
3 2 増田 一将 CRF450R DREAM Honda RT Masuda
4 331 新井 宏彰 KX450F-SR K.R.T.
5 44 小島 庸平 RM-Z450WS Team SUZUKI
6 7 福留 善秀 CRF450 Dream Honda RT Fukudome
7 9 辻 健二郎 CRF450R ホンダドリームRT 高浜
8 20 芹沢 翔悟 CRF450R T.E.SPORT
9 10 小川 裕紀 KX450F KONG STYLE
10 5 北居 良樹 CRF450R SEKI Racing MotoRoman & KBF-RS
11 8 溝口 哲也 450SF-X Orange Club うず潮レーシング福山
12 318 沼田 誠司 KX450F グリーンクラブ JUDGE MENT
13 15 髙濱龍一郎 CRF450R HRF TEAM HAMMER ホンダ学園
14 4 熱田 孝高 RM-Z450WS Team SUZUKI
15 18 片平 竜英 YZ450F モトハウスレースチーム with elf
16 17 中村 泰介 YZ450F
17 28 林  友太 YZ450F レーシングチーム鷹
18 14 芹沢 直樹 CRF450R Team CRF & CarLife
19 39 平田  優 CRF450R Dream Honda RT Hirata
27 池田 孝宏 450SF-X Orange cludうず潮レーシング福山
※赤字はニューハレサポートライダー

ヒート1レースレポート
(#1)成田亮のホールショットで始まったヒート1、すぐに(#7)福留善秀がトップに立ち、レースを引っ張る。
4周目、逃げようとする(#7)福留を後方にいた(#1)成田がパスしトップに立つ。
一方、3番手を走っていた(#4)熱田孝高だが、転倒を犯しポジションを落としてしまう。変わりに上がってきたのが、(#2)増田一将と、(#6)田中教世だ。
増田と、田中のバトルは2番手を走る福留をも抜き去り、激しいデットヒートを繰り返す。
激しいバトルは、結局、田中が競り勝ち、優勝は逃げ切った成田が飾り2番手には田中、3番手には増田が入った。


わっさむサーキットIA1決勝ヒート2
1 6 田中 教世 KX450F-SR グリーンクラブ TEAM TAKASE
2 4 熱田 孝高 RM-Z450WS Team SUZUKI
3 2 増田 一将 CRF450R DREAM Honda RT Masuda
4 1 成田  亮 YZ450F YSP Racing Team with N.R.T.
5 331 新井 宏彰 KX450F-SR K.R.T.
6 39 平田  優 CRF450R Dream Honda RT Hirata
7 7 福留 善秀 CRF450 Dream Honda RT Fukudome
8 5 北居 良樹 CRF450R SEKI Racing MotoRoman & KBF-RS
9 9 辻 健二郎 CRF450R ホンダドリームRT 高浜
10 15 髙濱龍一郎 CRF450R HRF TEAM HAMMER ホンダ学園
11 10 小川 裕紀 KX450F KONG STYLE
12 8 溝口 哲也 450SF-X Orange Club うず潮レーシング福山
13 44 小島 庸平 RM-Z450WS Team SUZUKI
14 14 芹沢 直樹 CRF450R Team CRF & CarLife
15 18 片平 竜英 YZ450F モトハウスレースチーム with elf
16 17 中村 泰介 YZ450F
17 318 沼田 誠司 KX450F グリーンクラブ JUDGE MENT
18 28 林  友太 YZ450F レーシングチーム鷹
19 27 池田 孝宏 450SF-X Orange cludうず潮レーシング福山
失格 20 芹沢 翔悟 CRF450R T.E.SPORT
※赤字はニューハレサポートライダー

ヒート2レースレポート
(#6)田中教世、(#44)小島庸平、(#1)成田亮らの好スタートでレースが始まる。
2周目、2番手を走っていた小島だが、ミスを犯しポジションを落としてしまう。
トップの(#6)田中教世は、逃げ切る体制を築きにかかるが、その後方から成田が激しい追い上げを見せる。
しかし田中のペースは衰えず、疲れてきた成田は、3番手を走る、(#2)増田一将と、(#4)熱田孝高に抜かれてしまう。
激しいデットヒートを繰り返す増田と熱田だが、レース後半、熱田が、増田をパスし、2番手に上がる。
結局この順位でレースが終了し、田中が第4戦に続き優勝を飾った。
2番手には、熱田、3番手には増田が入った。

財団法人日本モーターサイクルスポーツ協会(MFJ)HP参照

Twitter級にバイクの海外ラリーで世界を感じるTeam OGUshow小栗伸幸のバイクサイト!!
で超リアルタイムで更新されていますのでこれからの二人旅をご覧下さい♪

わっさむサーキット IA2決勝ヒート

2010全日本モトクロス選手権第6戦北海道ラウンドinわっさむサーキット
「小栗&山田の珍道中二人旅」

わっさむサーキット IA2決勝ヒートスタート





































わっさむサーキット IA2決勝ヒート1
1 935 小島太久摩 YZ250F TEAM KOH-Z
2 1 勝谷 武史 KX250F-SR K.R.T.
3 41 深谷 広一 CRF250R HRF SEKI Racing MotoRoman&KBF-RS
4 42 井上 眞一 KX250F K.R.T.
5 48 伊藤 正憲 YZ250F クラブヤマハYSP浜北大橋
6 57 岡野  聖 RM-Z250 Team SRM with マウンテンライダース
7 59 富田 俊樹 CRF250R T.E.SPORT
8 49 三原 拓也 KX250F グリーンクラブパーク神戸RT
9 43 島崎 大祐 RM-Z250 Team SSC
10 555 加藤 吏一 KX250F グリーンクラブ TEAM TAKASE
11 54 黒澤 良太 CRF250R T.E.SPORT
12 166 星野 優位 CRF250R HRF SEKI Racing MotoRoman&KBF-RS
13 444 星野  裕 KX250F グリーンクラブ TEAM TAKASE
14 71 外間 大地 KX250F seezoo-elf
15 615 須田  純 KX250F ジャッジメント
16 73 小関 元貴 YZ250F YSP浜北大橋
17 67 原田  翼 YZ250F TEAM エム FACTORY
18 06 藤木 智範 KX250F グリーンクラブパーク神戸RT
19 69 今野 陽平 YZ250F Y'S Racing
20 31 佐々木雅規 RM-Z250 エナジーX
21 05 近藤 祐介 CRF250R T.E.SPORT
22 04 上田 康平 RM-Z250 SRF Teamブルーイーグルス
23 52 吉田  勝 KX250F ジュニアライダース
24 65 斉藤  嵩 RM-Z250 SRFオートスポーツ清水
25 03 佐藤  亮 YZ250F Club YAMAHA N.R.T. HITMAN
26 77 押川 雅政 RM-Z250 Team SSC
27 411 中村 友則 KX250F グリーンクラブジュニアライダース
63 冨田 健二 CRF250R TEAM ナカキ ホンダ
56 中島 敬則 YZ250F クラブヤマハレーシングチーム鷹
23 桒垣 竜斗 250SX-F Orange cludうず潮レーシング福山

ヒート1レースレポート
(#42)井上眞一と、(#935)小島太久摩が好スタートを決めレースが始まる。
4周目、トップを走る井上を、小島がパスしトップに躍り出る。
2番手に落ちた井上は、(#41)深谷広一にも抜かれ、3番手までポジションを落とす。
トップに立った小島は、4番手を走る(#1)勝谷武史が迫ってくるのを知り、ペースを上げていく。
一方勝谷は、前を走る井上と、深谷を抜くのにてこずり、小島との差がなかなか縮まらない。レース後半、2番手までポジションを上げた勝谷は小島に迫っていく。
小島も勝谷から逃げようと必死な走りを見せる。
結局、勝谷の追い上げもあと一歩及ばず、小島が自力で優勝を飾った。
2番手には勝谷が入り、3番手には深谷が入った。

わっさむサーキット IA2決勝ヒート2
1 935 小島太久摩 YZ250F TEAM KOH-Z
2 43 島崎 大祐 RM-Z250 Team SSC
3 41 深谷 広一 CRF250R HRF SEKI Racing MotoRoman&KBF-RS
4 1 勝谷 武史 KX250F-SR K.R.T.
5 411 中村 友則 KX250F グリーンクラブジュニアライダース
6 42 井上 眞一 KX250F K.R.T.
7 54 黒澤 良太 CRF250R T.E.SPORT
8 49 三原 拓也 KX250F グリーンクラブパーク神戸RT
9 555 加藤 吏一 KX250F グリーンクラブ TEAM TAKASE
10 57 岡野  聖 RM-Z250 Team SRM with マウンテンライダース
11 615 須田  純 KX250F ジャッジメント
12 48 伊藤 正憲 YZ250F クラブヤマハYSP浜北大橋
13 166 星野 優位 CRF250R HRF SEKI Racing MotoRoman&KBF-RS
14 03 佐藤  亮 YZ250F Club YAMAHA N.R.T. HITMAN
15 56 中島 敬則 YZ250F クラブヤマハレーシングチーム鷹
16 69 今野 陽平 YZ250F Y'S Racing
17 04 上田 康平 RM-Z250 SRF Teamブルーイーグルス
18 59 富田 俊樹 CRF250R T.E.SPORT
19 52 吉田  勝 KX250F ジュニアライダース
20 67 原田  翼 YZ250F TEAM エム FACTORY
21 77 押川 雅政 RM-Z250 Team SSC
22 71 外間 大地 KX250F seezoo-elf
23 65 斉藤  嵩 RM-Z250 SRFオートスポーツ清水
24 06 藤木 智範 KX250F グリーンクラブパーク神戸RT
25 63 冨田 健二 CRF250R TEAM ナカキ ホンダ
26 05 近藤 祐介 CRF250R T.E.SPORT
27 31 佐々木雅規 RM-Z250 エナジーX
28 73 小関 元貴 YZ250F YSP浜北大橋
29 23 桒垣 竜斗 250SX-F Orange cludうず潮レーシング福山
444 星野  裕 KX250F グリーンクラブ TEAM TAKASE

ヒート2レースレポート
ヒート1同様(#935)小島太久摩がホールショットを決めレースがスタート。
2番手には(#54)黒澤良太がつけ、(#42)井上眞一、(#43)島崎大輔、(#41)深谷広一と続く。
チャンピオンの勝谷は、スタートでミスを犯し、大きく出遅れてしまう。
トップを走る小島は、快調にペースを上げ後続の引き離しにかかっていく。
レース中盤、3番手を走っていた島崎が、黒澤をパスし2番手に上がる。
中盤まで2番手を走っていた黒澤だが終盤、深谷、勝谷、(#411)中村友則にも抜かれポジションを落としていく。
後方から追い上げてきた勝谷が、4番手までポジションを上げ、3番手には、深谷、2番手に島崎の順でレースが終了。
優勝は小島が決める形となった。

財団法人日本モーターサイクルスポーツ協会(MFJ)HP参照

Twitter級にバイクの海外ラリーで世界を感じるTeam OGUshow小栗伸幸のバイクサイト!!
で超リアルタイムで更新されていますのでこれからの二人旅をご覧下さい♪

NEEDSBOXデモカーinスズキファクトリーパドック

2010全日本モトクロス選手権第6戦北海道ラウンドinわっさむサーキット
「小栗&山田の珍道中二人旅」



2010年7月4日AM7:00


2日目はIA1(旧国際A級250cc)のレースが有りTEAMSUZUKIから熱田孝高選手、小島庸平選手が出場するのでパドックからは緊張感が伝わってきます。










初日と同じくスズキファクトリーブースにNEEDSBOXデモカーを隣接しています。










NEEDSBOXニューハレ無料テーピングブース






A級ライダーはもちろん北海道地元ライダーの方にも体験して頂きました。


「ニューハレ・テープ」

Twitter級にバイクの海外ラリーで世界を感じるTeam OGUshow小栗伸幸のバイクサイト!!
で超リアルタイムで更新されていますのでこれからの二人旅をご覧下さい♪

2010全日本モトクロス選手権第6戦北海道ラウンドinわっさむサーキット初日

2010全日本モトクロス選手権第6戦北海道ラウンドinわっさむサーキット
「小栗&山田の珍道中二人旅」










初日は全日本モトクロス選手権、IA2予選、IB2予選、LMX予選、etc・・・
全道モトクロス選手権NA2決勝、NB2決勝、etc・・・
が行われていていましたがIA1のTEAM SUZUKIの選手は出場は有りませんでした。

全日本モトクロスのクラス分けを簡単にご紹介します。

IA1(旧国際A級250cc)
2ストローク175cc〜250cc及び4ストローク290cc〜450ccのレース専用マシンで競う。
30分+1周を2ヒート(レース)の決勝レースが行われる。
全日本モトクロス選手権最高峰カテゴリー。

IA2(旧国際A級125cc)
2ストローク100cc〜125cc及び4ストローク175cc〜250ccのレース専用マシンで競う。

IB(国際B級)
2ストローク100cc〜125cc及び4ストローク175cc〜250ccのIB2(旧称125cc)クラスと、オープンクラスがある。
各クラス20分+1周各1ヒート。
ダブルエントリーが認められる。

LMX(レディース)
2ストローク50cc超85cc以下。
15分+1周1ヒート。



レースを少し観戦してブースに戻っていたら・・・


いきなりのスコール!?


北海道では珍しいくらいの大粒の雨でした。


雨にはサイドオーニングが大活躍です。
ここまで大粒の雨が長時間降るとオーニングに雨が溜まってオーニングが潰れてしまうので左右のオーニングの高さを変えてオーニングに水が溜まらないように工夫します。
オーニングの先端部分を下げるのはもちろんですが、左右の高さも大幅に変えたほうが水の流れが出来てオーニングが潰れる事を防ぎます。




大雨でコースもウエットになり大波乱のモトクロス選手権初日でした。
2010年全道モトクロス選手権第4戦リザルトNB.NA
2010年全道モトクロス選手権第4戦リザルト50,65,85


レース終了後に全日本モトクロス選手会がスズキファクトリーブースにて行われました。
今後のモトクロス業界について色々と熱い討論がされていました。
今後の全日本モトクロスに注目です!

Twitter級にバイクの海外ラリーで世界を感じるTeam OGUshow小栗伸幸のバイクサイト!!
で超リアルタイムで更新されていますのでこれからの二人旅をご覧下さい♪

車中泊inわっさむサーキット

2010全日本モトクロス選手権第6戦北海道ラウンドinわっさむサーキット
「小栗&山田の珍道中二人旅」


初日レース終了後・・・


わっさむサーキットから車で約30分程の場所にある
剣淵温泉「レークサイド桜岡」へ




レークサイド桜岡周辺には
・桜岡パークゴルフ場
・絵本の里家族旅行村オートキャンプ場
・多目的運動広場
・桜岡湖
etc・・・
と色々な施設が集まった複合施設になっています。
詳しくはレークサイド桜岡HPをご覧ください。

温泉に入って施設内のレストランで夜ご飯を食べてコンビニで夜のつまみ&ビールを買ってわっさむサーキットへ!

夜はスズキファクトリーブース横で車中泊しながら大雨が降ったときにサイドオーニングやテントが潰れないように定期的にチェックします。

ここで問題発生!!
<!-- at_extended -->
すでにスズキファクトリートラックは鍵を閉めてしまっていたので照明が無い・・・


( ̄  ̄;) うーん



o(・_・= ・_・)oきょろきょろ




マウンテンバイクに付けていたINFINI AMUSEホワイトLEDをテントのフレームに取付しました!




Bianchiの新型LEDライトも取付しました。

自転車用LEDはハンドル等に簡単に取付出来るようになっているのでテントのフレームにも簡単に取付け出来ました♪


写真では暗い感じがしますが実際は十分な明るさで楽しい時間を過ごせました!


夜も遅くなったのでNEEDSBOXデモカーにて就寝です・・・


ワールドカップサッカー
アルゼンチンVSドイツ
を観戦していたら・・・


小栗伸幸氏
即!熟睡・・・

明日の朝も起きる時間が早いので太陽の光で起きれるように遮光パット、プライバシークッションを付けずに就寝です・・・


少し飲み過ぎで目覚めは良くなかったですが・・・(笑)
NEEDSBOXベッドシステムで爽快な朝を迎えれました♪

Twitter級にバイクの海外ラリーで世界を感じるTeam OGUshow小栗伸幸のバイクサイト!!
で超リアルタイムで更新されていますのでこれからの二人旅をご覧下さい♪

NEEDSBOX 4WHEELS PLUS+ NVSITEはこちら