リーフスプリング:ハイエース200系足廻りパーツ [乗り心地改善]

MADE IN JAPAN 日本の”ものづくり”

IMG_0065 (2)
7月30日に八重洲出版から発売された「HIACEfan(ハイエースファン)Vol.36」

IMG_0069 (2)
1BOXNETWORKコンフォートリーフ 製造工程が紹介されています。

IMG_0068 (2)
1BOXNETWORKコンフォートリーフは MADE IN JAPAN
安心安全の日本メーカーで製造されています。

4型ハイエース標準ボディS-GL 4WD コンフォートリーフTYPE2

12887345_966590076764664_1977508648_o
プロアングラーであり、フィッシングギアブランド「AIMS」代表、アングラー・デザイナー、と活躍する、橋本景氏が自らプロデュースして実際に使用している、“プロ”が使う究極のアングラートランスポーター
200 HIACE AIMS OG Transporter

12899426_966590123431326_103258471_o
1BOXNETWORKコンフォートリーフTYPEⅡが装着されています。
---
TYPEⅡ
ハイエーススーパーロング、スーパーロング軽架装車、ワイドミドル架装車にお勧め。
後後軸重 900kg 前後
TYPEⅡは、ワイドボディミドルルーフやスーパーロングボディで、内装架装車輌、キャンピングカー、ビジネス用車輌など、ノーマルと比べ荷室が重い車輌に適合したリーフスプリングです。
ハイエースワゴン純正リーフとハイエースバン(貨物)純正リーフの中間に設定し、TYPEⅠから耐荷重135kgアップをして開発されています。
---

通常標準ボディS-GL4WDであれば「TYPEⅠ」がお勧めなのですが、サブバッテリーシステム、水タンク、ベッドシステム等が搭載されていて、クーラーーボックスなどの積載も多いので「TYPEⅡ」をチョイス!

20160219-5042
コンフォートリーフは急激なバネレート変化を及ぼすヘルパーリーフを無くし、なおかつ耐荷重を保ったリーフスプリングで、一枚一枚各リーフ(板バネ)の厚みや長さを変更するすることで、緩やかにバネレートが高まっていくセッティングになっています。

車輌架装の重量や積載重量を考えてベストなコンフォートリーフを選択して乗り心地を改善しましょう!

>>200系ハイエース 1BOXNETWORK コンフォートリーフ

>>究極のアングラートランスポーターAIMS OG Transporter

東京オートサロン出展ハイエース リフトアップリーフ

HIACE Suspension System Upgrades Project
Second Edition!!



・200ハイエース標準ボディS-GL4WD NEEDSBOX BRAVO! Edition
標準ボディには現在開発中のリフトアップリーフ TYPEⅠ を装着
TYPEⅠハイエース標準ボディ、ワイドミドルにお勧め。後後軸重 700kg 前後が目安。
乗り心地に優れたハイエースワゴン用のバネレートを基に、若干バネレートを高めることで、積載性能を確保しています。
標準ボディ、ワイドボディミドルルーフで、主に荷室には何も積載しない車輌、ベッドキット程度を取付けてリアの後後軸重が比較的軽い車輌に適合する、乗り心地重視のリーフスプリングです。
200ハイエース標準ボディS-GL4WD NEEDSBOX BRAVO! Editionは積載重量等を考慮して現在開発中のNEEDSBOXリフトアップリーフTYPE Ⅰをチョイス。

・200ハイエースワイドS-GL4WD NEEDSBOX Db Edition
ワイドボディには現在開発中のリフトアップリーフ TYPEⅡ を装着
ハイエーススーパーロング、スーパーロング軽架装車、ワイドミドル架装車にお勧め。後後軸重 900kg 前後が目安。
TYPEⅡは、ワイドボディミドルルーフやスーパーロングボディで、内装架装車輌、キャンピングカー、ビジネス用車輌など、ノーマルと比べ荷室が重い車輌に適合したリーフスプリングです。
ハイエースワゴン純正リーフとハイエースバン(貨物)純正リーフの中間に設定し、TYPEⅠから耐荷重135kgアップをして開発されています。
200ハイエースワイドS-GL4WD NEEDSBOX Db EditionはリフトアップリーフTYPEⅠを装着していたのですが、追加架装が有るのでTYPEⅡに変更しました。


リフトアップリーフと想像すると…
バネレートが高く硬いのでは?
というイメージが強いかと思いますが、リーフの固さ(バネレート)でリフトアップしているのではなく、リーフの設計(形状)でリフトアップしているので、乗り心地を重要視したコンフォートタイプでリフトアップを実現したリフトアップリーフです。
※リフトアップリーフ単体での販売はしていません。

<ワンポイントアドバイス>
コンフォートリーフを取付けた後に、リアスタビライザーを追加しているハイエースを見かけますが、最初からコンフォートリーフの種類(バネレート)を適切な仕様を選択して取付けすることをお勧めします。
ばね下重量が重くなると(ホイールも含め)足回りの動きが悪くなり、乗り心地大きく影響していきます。

※ハイエースのリアの足回りは、左右の車輪が車軸でつながっているリジッドアクスル(車軸懸架式)で、構造上、左右の車輪の動きが制限され、ばね下重量が大きくなり、乗り心地が悪いことから、トラック、ライトバン、オフロード型四輪駆動車(一部のFR車)、バス等以外では採用されていない。


>>東京オートサロン2016 TOKYO AUTO SALON 2016 情報一覧はこちら

200系ハイエースリフトアップリーフ TYPE-1 開発中!


HIACE Suspension System Upgrades Project
Second Edition!!

200系ハイエース標準ボディS-GL 4WD


開発中のリフトアップリーフは前後ベルリンアイ型を採用


両端をベルリンアイ型にすることによりリーフに掛かる力がリーフ全体に分散され、車両が急停止、急発進した場合などに発生する水平前後方向の力に対し強度が上がり、小振幅での動的ばね定数の上昇を抑制する効果が得られ、車両の振動乗心地向上に繋がります。

リアの足回り付近のホース等がワイドボディとは違い解決する問題多数…
間に合うのか!?w(゚o゚*)w


>>東京オートサロン2016 TOKYO AUTO SALON 2016 情報一覧はこちら

200系ハイエース リフトアップリーフ


リフトアップリーフ
ロングシャックルを使わずリーフでリフトアップすることにより安定した走行性能を実現しました。
リーフのカラーは1BOXNETWORKコンフォートリーフと同じグリーンを採用し、カラーだけではなく、バネレートも1BOXNETWORKコンフォートリーフ TYPEⅠ・TYPEⅡのバネレートデーターをもとに開発しているリフトアップリーフなのでコンフォートリーフ同等の乗り心地でリフトアップを可能になるように開発を進めています。
リフトアップ量は2インチアップになりますが、ボディサイズ・積載重量・架装重量によって異なります。


リフトアップリーフは前後ベルリンアイ型を採用


リア側


フロント側


画像左が通常の計上(アップターンドアイ)
画像右がリフトアップリーフが採用したベルリンアイ(ベルリン巻き)

両端をベルリンアイ型にすることによりリーフに掛かる力がリーフ全体に分散され、車両が急停止、急発進した場合などに発生する水平前後方向の力に対し強度が上がり、小振幅での動的ばね定数の上昇を抑制する効果が得られ、車両の振動乗心地向上に繋がります。


4WHEELS PLUS WORK & FAMILY
平日は仕事道具プラスして、休日は家族と一緒に楽しもう!
200系ハイエースワイドS-GL4WD NEEDSBOX P-type1 Premium

HIACEstyle(ハイスタ)vol.54


2015年5月31日に発売されたHIACEstyle(ハイスタ)vol.54


ワンボックスネットワークコンフォートリーフが紹介されています。


乗り心地改善とは、人それぞれの感覚が重要で、
「突き上げが気になる」「ロールが大きい」「足回りがかたい」「前後の揺れが大きい」
など人それぞれ、使用用途、積載重量によって十人十色です。
その感覚に応じて提案する足回りパーツも十人十色で大きく変わります。
ショックアブソーバー、スタビライザー、タイヤ、ホイールなど高価なパーツに変更しているのですが、改善したい内容と逆のパーツを選択して装着している例が数多く見受けられます。
「高価なパーツを装備=乗り心地改善」×
イコールにはなりませんのでご注意ください。

>>200系ハイエース 1BOXNETWORK コンフォートリーフ

純正リーフでは味わえない快適な乗り心地を実現する


HIACEfan(ハイエースファン)Vol.32
200HIACE 快適化計画
1BOXNETWORK COMFORT REEF(ワンボックスネットワーク コンフォートリーフ)
が紹介されました。


ハイエースの足回り、コンフォートリーフについて、1BOXNETWORKメンバーCRSハイエースマイスター稲川氏が解説しています!

ハイエースの乗り心地改善は、人それぞれの感覚が重要で、
「突き上げが気になる」「ロールが大きい」「足回りがかたい」「前後の揺れが大きい」
など十人十色です。
更に、ベース車両、家族構成、積載重量、内装架装重量…など色々な状況で提案するパーツは大きく変わります。
ショックアブソーバー、スタビライザー、タイヤ、ホイールなど高価なパーツに変更しているのですが、改善したい内容と逆のパーツを選択して装着している例が数多く見受けられます。
「高価なパーツを装備=乗り心地改善」×
にはなりませんのでご注意ください。


4型ハイエース純正リーフvsコンフォートリーフ バネレート比較


200系ハイエースバンの道路の段差等の嫌な突き上げの乗り心地の悪さを改善する為に開発されたワンボックスネットワークコンフォートリーフ。
ハイエースワゴン用純正リーフ、純正バンリーフ、データーを基に製作された、TYPE Ⅰ&TYPE Ⅱ に続き、「重架装車向け」のTYPE Ⅲが発売されましたので、ハイエース純正リーフとのバネレートを比較したデーターをご紹介します。


上記グラフ
・黒線 4型ハイエースS-GL純正リーフ
・橙線 4型ハイエースDX純正リーフ
・緑線 コンフォートリーフTYPEⅠ
・赤線 コンフォートリーフTYPEⅡ
・青線 コンフォートリーフTYPEⅢ
上記5種類のバネレートを計測したグラフになります。
3型ハイエース純正リーフのバネレートに比べて大幅に柔らかめにバネレート変更されたのがわかります。

>>3型ハイエースバネレート比較についてはこちらをご覧ください


バネレートグラフで注目するべきポイントが、赤囲みの急激に折れ曲がっている部分(・黒線 S-GL純正リーフ・橙線 4型ハイエースDX純正リーフ)が、ヘルパーリーフが効きはじめる部分になります。


ある一定の負荷がかかりストロークの過程に「急激にバネレートが高くなる=急激に乗り心地が悪くなる」ということになります。
コンフォートリーフは急激なバネレート変化を及ぼすヘルパーリーフを無くし、なおかつ耐荷重を保ったリーフスプリングです。


バネレートグラフに記載されたコンフォートリーフの正比例したバネレート数値は計測器で測った机上の話で、実際に車輌に取付けた場合は荷重と縮む長さは正比例では有りません。
ワンボックスネットワークでは、ハイエース純正リーフスプリング各グレードのバネレートデーターを計測し、それを基に何十種類のテストリーフを製作し、実際に車両に取付て、ボディサイズ、路面環境、積載重量等を幾度も変更し、数多くの走行テストを繰り返しセッティングを出しています。
一枚一枚各リーフ(板バネ)の厚みや長さを変更するすることで、緩やかにバネレートが高まっていくセッティングになっています。

だからといって純正リーフが一概にダメと言うわけではなく、ビジネスユーザー等の重積載状態であればヘルパーリーフが最初から効いている状態になり、急激なバネレートの変化も無く、ハイエース純正特有の「跳ね」も抑え込まれます。
しかし、パーソナールユーザーやトランスポーターとして使用する場合は軽積載状態で走行する時間が大部分を占める方が多いと思います。
バネレート数値が高いということは、リーフスプリングを縮めるのに必要な力(荷重kg)も大きくなりますが、それに比例して伸びる力も大きくなるので、突き上げの大きな原因になります。
車輌架装の重量や積載重量を考えてリーフスプリングバネレートの選択をお勧めします。

車輌架装の重量や積載重量と照らし合わせながらベストなリーフバネレートを選択出来るように3種類のバネレートを用意しています。

TYPEⅠ
ハイエース標準ボディ、ワイドミドルにお勧め。後後軸重 700kg 前後
TYPEⅠは、乗り心地に優れたハイエースワゴン用のバネレートを基に、若干バネレートを高めることで、積載性能を確保しています。
標準ボディ、ワイドボディミドルルーフで、主に荷室には何も積載しない車輌、ベッドキット程度を取付けてリアの後後軸重が比較的軽い車輌に適合する、乗り心地重視のリーフスプリングです。

TYPEⅡ
ハイエーススーパーロング、スーパーロング軽架装車、ワイドミドル架装車にお勧め。
後後軸重 900kg 前後
TYPEⅡは、ワイドボディミドルルーフやスーパーロングボディで、内装架装車輌、キャンピングカー、ビジネス用車輌など、ノーマルと比べ荷室が重い車輌に適合したリーフスプリングです。
ハイエースワゴン純正リーフとハイエースバン(貨物)純正リーフの中間に設定し、TYPEⅠから耐荷重135kgアップをして開発されています。

TYPEⅢ
ハイエーススーパーロング重架装車にお勧め。
後後軸重 1000kg 前後
TYPEⅢは、板バネを1枚増やして5枚(厳密に言うと一番下の板バネを伸ばし、強化しています)とすることで、さらに高荷重に耐える設定としました。
しかし、ただたんにバネレートを高く(硬く)した訳ではなく、5枚の板バネから構成されるリーフ各1枚それぞれの絶妙なセットアップにより、乗り心地を損なわない設計が施されています。

上記はあくまでも目安の適合ですので、車輌架装の重量や積載重量を考えてベストなコンフォートリーフを選択して乗り心地を改善しましょう。

>>200系ハイエース 1BOXNETWORK コンフォートリーフ

>>リーフスプリング(重ね板バネ)とは?

>>バネレート(スプリングレート・バネ定数)とは?

3型ハイエース純正リーフvsコンフォートリーフ バネレート比較


200系ハイエースバンの道路の段差等の嫌な突き上げの乗り心地の悪さを改善する為に開発されたワンボックスネットワークコンフォートリーフ。
ハイエースワゴン用純正リーフ、純正バンリーフ、データーを基に製作された、TYPE Ⅰ&TYPE Ⅱ に続き、「重架装車向け」のTYPE Ⅲが発売されましたので、ハイエース純正リーフとコンフォートリーフのバネレートを比較したデーターをご紹介します。


上記グラフ
・黒線 3型ハイエースS-GL純正リーフ
・紫線 3型グランドキャビン純正リーフ
・緑線 コンフォートリーフTYPEⅠ
・赤線 コンフォートリーフTYPEⅡ
・青線 コンフォートリーフTYPEⅢ
上記5種類のバネレートを計測したグラフになります。
コンフォートリーフTYPEⅠはグランドキャビン純正リーフに近づけ、TYPEⅡはS-GL純正リーフとグランドキャビン純正リーフの中間にし、TYPEⅢは高荷重に耐えるバネレートに設定しています。


バネレートグラフで注目するべきポイントが、赤囲みの急激に折れ曲がっている部分(・黒線 S-GL純正リーフ)が、ヘルパーリーフが効きはじめる部分になります。


ある一定の負荷がかかりストロークの過程に「急激にバネレートが高くなる=急激に乗り心地が悪くなる」ということになります。
コンフォートリーフは急激なバネレート変化を及ぼすヘルパーリーフを無くし、なおかつ耐荷重を保ったリーフスプリングです。


「3型ハイエース純正リーフvsコンフォートリーフ バネレートグラフ」に記載されたコンフォートリーフの正比例したバネレート数値は計測器で測った机上の話で、実際に車輌に取付けた場合は荷重と縮む長さは正比例では有りません。
ワンボックスネットワークでは、ハイエース純正リーフスプリング各グレードのバネレートデーターを計測し、それを基に何十種類のテストリーフを製作し、実際に車両に取付て、ボディサイズ、路面環境、積載重量等を幾度も変更し、数多くの走行テストを繰り返しセッティングを出しています。
一枚一枚各リーフ(板バネ)の厚みや長さを変更するすることで、緩やかにバネレートが高まっていくセッティングになっています。

だからといって純正リーフが一概にダメと言うわけではなく、ビジネスユーザー等の重積載状態であればヘルパーリーフが最初から効いている状態になり、急激なバネレートの変化も無く、ハイエース純正特有の「跳ね」も抑え込まれます。
しかし、パーソナールユーザーやトランスポーターとして使用する場合は軽積載状態で走行する時間が大部分を占める方が多いと思います。
バネレート数値が高いということは、リーフスプリングを縮めるのに必要な力(荷重kg)も大きくなりますが、それに比例して伸びる力も大きくなるので、突き上げの大きな原因になります。
車輌架装の重量や積載重量を考えてリーフスプリングバネレートの選択をお勧めします。

車輌架装の重量や積載重量と照らし合わせながらベストなリーフバネレートを選択出来るように3種類のバネレートを用意しています。

TYPEⅠ
ハイエース標準ボディ、ワイドミドルにお勧め。後後軸重 700kg 前後
TYPEⅠは、乗り心地に優れたハイエースワゴン用のバネレートを基に、若干バネレートを高めることで、積載性能を確保しています。
標準ボディ、ワイドボディミドルルーフで、主に荷室には何も積載しない車輌、ベッドキット程度を取付けてリアの後後軸重が比較的軽い車輌に適合する、乗り心地重視のリーフスプリングです。

TYPEⅡ
ハイエーススーパーロング、スーパーロング軽架装車、ワイドミドル架装車にお勧め。
後後軸重 900kg 前後
TYPEⅡは、ワイドボディミドルルーフやスーパーロングボディで、内装架装車輌、キャンピングカー、ビジネス用車輌など、ノーマルと比べ荷室が重い車輌に適合したリーフスプリングです。
ハイエースワゴン純正リーフとハイエースバン(貨物)純正リーフの中間に設定し、TYPEⅠから耐荷重135kgアップをして開発されています。

TYPEⅢ
ハイエーススーパーロング重架装車にお勧め。
後後軸重 1000kg 前後
TYPEⅢは、板バネを1枚増やして5枚(厳密に言うと一番下の板バネを伸ばし、強化しています)とすることで、さらに高荷重に耐える設定としました。
しかし、ただたんにバネレートを高く(硬く)した訳ではなく、5枚の板バネから構成されるリーフ各1枚それぞれの絶妙なセットアップにより、乗り心地を損なわない設計が施されています。

上記はあくまでも目安の適合ですので、車輌架装の重量や積載重量を考えてベストなコンフォートリーフを選択して乗り心地を改善しましょう。

>>リーフスプリング(重ね板バネ)とは?

>>バネレート(スプリングレート・バネ定数)とは?

>>200系ハイエース 1BOXNETWORK コンフォートリーフ

NEEDSBOX 4WHEELS PLUS+ NVSITEはこちら