熱反射フロントガラス/フロントガラス 200系ハイエース

断熱対策に「熱反射フロントガラス コートテクト」


4WHEELS PLUS FRISBEEDOG
ケージを車にセットしてフリスビードッグへ行こう!
4型ハイエース S-GL4WD NEEDSBOX BRAVO! Edition 改


断熱対策に「熱反射フロントガラスCOATTECT(コートテクト)」を取付しています。
熱反射フロントガラスCOATTECT(コートテクト)は、金属膜のコーティングで赤外線を反射し、赤外線透過率を大幅に軽減して、断熱性能を確保します。
同じ熱反射タイプのPET方式と比較して、歪み中ゴミが少ないガラスですので弊社ではお勧めしているフロントガラスです。
肌やインテリアの劣化を早める紫外線(UV)も99.9%カットします。
COATTECT(コートテクト)は夏場は車外の熱を反射し、冬場は車内の暖気を反射して、夏も冬も断熱効果がアップするフロントガラスです。


COATTECT(コートテクト)は、合わせガラスの内側に極薄の金属膜多層をコーティングしたガラスです。
この金属膜が赤外線を反射、中赤外線透過率を90%以上(※1 ※2)軽減し、断熱性能を確保します。
※1メーカー測定値 ※2 肌を刺激する「中赤外線域」(1,500〜2,100nm)


COATTECT(コートテクト)は、70%以上の可視光透過率をクリア


COATTECT(コートテクト)は、国内JIS規格はもちろん、最も厳しいと言われている欧州規格(Eマーク)、 米国規格(ASマーク)など、世界各国の自動車ガラス規格に合格しており、安全性には少しの不安もありません。



COATTECT(コートテクト)には、GPS,TV,ANT,ETC対応用の受信部分が作成されています。
ガラス上部中央部のセンターバイザー部は金属コーティングをカットしていますので通信を妨げる事がありません。
ダッシュボード上(メーカー純正はインダッシュ)のGPSアンテナでも受信可能です。(※1)
地デジもバイザー部分でなくても受信は可能です。(※2)
注意)金属膜がある為に、受信感度の低下は必ずあります!予め、ご了承ください。
※1 アンテナの仕様及び個体差により、100%を保証するものではありません。
※2 地デジアンテナ(フィルムアンテナ)は、出来るだけバイザー内に設置することをお奨めいたします。

熱反射フロントガラスCOATTECT(コートテクト)取付

IMG_0584 (2)
200系ハイエースS-GL標準ボディのフロントガラスを熱反射フロントガラスCOATTECT(コートテクト)に取替ました。

IMG_0577 (2)
熱反射フロントガラスCOATTECT(コートテクト)

COATTECT(コートテクト)とは?

about_img (1)
合わせガラスの内側に極薄の金属膜多層をコーティングしたガラスです。
この金属膜が赤外線を反射、中赤外線透過率を90%以上*1 *2 軽減し、断熱性能を確保します。

  • 1 メーカー測定値 *2 肌を刺激する「中赤外線域」(1,500〜2,100nm)

IMG_0572 (2)
金属膜のコーティングで赤外線を反射、赤外線透過率を大幅に軽減し、断熱性能を確保。
同じ熱反射タイプのPET方式と比較して、歪み中ゴミが少ないガラスです。
その機能は赤外線を反射するだけではありません。
肌に有害なだけでなく、インテリアの劣化を早める紫外線(UV)も99.9%カットします。
COATTECTは夏場は車外の熱を反射、冬場は車内の暖気を反射して快適な車内環境を実現します。

graph
70%以上の可視光透過率をクリア

glass_mark-1
国内JIS規格はもちろん、最も厳しいと言われている欧州規格(Eマーク)、 米国規格(ASマーク)など、世界各国の自動車ガラス規格に合格しており、安全性には少しの不安もありません。

point_image
GPS,TV,ANT,ETC対応用の受信部分を作成。
ガラス上部中央部のセンターバイザー部は金属コーティングをカットしていますので通信を妨げる事がありません。
ダッシュボード上(メーカー純正はインダッシュ)のGPSアンテナでも受信可能です。(※1)
地デジもバイザー部分でなくても受信は可能です。(※2)
注意)金属膜がある為に、受信感度の低下は必ずあります!予め、ご了承ください。
※1 アンテナの仕様及び個体差により、100%を保証するものではありません。
※2 地デジアンテナ(フィルムアンテナ)は、出来るだけバイザー内に設置することをお奨めいたします。
icon

NEEDSBOX 4WHEELS PLUS+ NVSITEはこちら