アルミホイールの曲がり/割れ/削れ/欠け/傷/錆/凹みなどでお困りの方へ! アルミホイール修理・塗装のことなら私たちにお任せください! 確かな技術と安心の価格でサービスをご提供いたします。

Z33純正ホイール 傷修理 ハイパーシルバー塗装

2015年6月5日
Z33純正ホイールです

入庫時の画像取り忘れましたが、この1枚だけありました・・・
RIMG5222




画像ではわかりませんが、表面のスリ傷です
カラーはハイパーシルバーですが、修理箇所が極部分的でしたら
ハイパーシルバーでも部分塗装が可能です。
今回は傷は軽いですが、広範囲ですので、丸塗りになります。
丸塗りですので、折角ですのでパウダーコートにて対応することにします。


塗装は完全に剥離し、素地のハンド研磨からバレル粗研磨で下地を整えます
z剥離




本来はパウダーコートでベースのグレーを塗装し、
その上にウレタンでのハイパーシルバー塗装になりますが、
最近はハイパーシルバーも全てパウダーコートで対応可能です。
パウダーコートハイパーシルバー塗装
zパウダー




一旦焼き付けます
このままでは対候性が弱いのでクリアーをリコートします
見た目もハイパーシルバーよりも高輝度が高過ぎますが
クリアーをリコートすることで調度良い高輝度になります
zパウダー後




パウダーコートクリアーのリコート
zクリアー




再度焼き付けて完成です
z後


z後斜め


z後裏


z後アップ


z後アップ2


z後アップ3



今まではハイパーシルバーだけはどうしてもウレタン塗装で対応するしかありませんでしたが、
このようにハイパーシルバーもパウダーコートで対応可能になりました。
色味も元々と比べても違和感はそれほど無いかと思います。

これで今までのハイパー塗装の懸念材料は全て払拭されます。

①密着性
何と言ってもハイパーシルバーの問題点は密着性にありました。
高圧洗車機は避けた方がよい、軽い飛び石でも剥がれ易い、などとにかく密着性には難有でした。
パウダーコートフィニッシュにより解消されます。解消と言うかパウダーコート以上の密着性に
優れた塗装はありません。

②側面・裏面の塗装
今までのウレタン塗装でのハイパーシルバーは、ベースにグレーを塗装し、
ベースのグレーを透かせながら銀幕を乗せる、という方法のため、基本的には
表面のみで、側面と裏面はベースのグレー肌のままでしたが、パウダーコートの
場合は丸塗りになりますので、側面、裏面も表面同様になります。

パウダーコートでのハイパーシルバーは、暗めと明るめの2タイプあります。
今回のカラーが明るめで、暗めはこちらです
暗めの画像の色合いちょっとおかしいですね…、すみません。
単純に今回の明るめよりもほんの少しだけ暗い(黒味)です。