アルミホイールの曲がり/割れ/削れ/欠け/傷/錆/凹みなどでお困りの方へ! アルミホイール修理・塗装のことなら私たちにお任せください! 確かな技術と安心の価格でサービスをご提供いたします。

カールソン2/6 後加工クロームメッキディスクを3Dポリッシュ/キャンディカスタム

2016年6月25日
カールソン2/6のリメイクです
パート1「リム編」のカールソン2/6 後加工クロームメッキリムをブラッシュド/キャンディカスタムに続いて、パーツ2「ディスク編」のご紹介です



ディスクのクロームもリムと同じく、直火焼きで剥がします
カールソンディスク焼き1



剥離が済み、ベース塗装が出てきました
カールソンディスクメッキ剥離後



あとはいつも通りに剥離します
カールソンディスク剥離



ディスクはバレル研磨での3Dポリッシュにします
下研磨前に彫り文字に黒を入れます
カールソンディスク文字黒



バレル粗研磨投入前の下研磨です
アクションツールを使いながらハンド研磨で、鋳造砂肌を平滑に削り落とします
80♯から徐々に番手を細かくしていき、最終的に400♯程の目になるまでひたすら研磨します。
この下研磨が仕上がりに大きく影響します。
バレルポリッシュの全工程の8割位に相当すると言っても過言ではありません。
下研磨さえしっかりしてしまえば、後はバレル研磨機にかけるだけですので、
以降は機械がやってくれます
カールソンディスク研磨



満を持してバレル粗研磨へ投入
この段階ではどうなるかまだわかりません
カールソンディスクバレル粗



次にバレル仕上げ研磨へ投入です
下研磨に手抜きが無ければ、1発でここまで光ります
カールソンディスクバレル仕上げ1
カールソンディスクバレル仕上げ2
カールソンディスクバレル仕上げ3
カールソンディスクバレル仕上げ4



トップコートはリムと同じくキャンディゴールデンウィスパーです
カールソンディスクパウダー



焼き付けてディスクの3Dポリッシュ/キャンディパウダーで完成です
カールソンディスクパウダー後



次はパート3「完成編(カールソン2/6 後がけクロームメッキからカスタムリメイク完成!)」です