関東圏/関東地方 埼玉県の自転車屋 スポーツバイク専門店/プロショップ 初心者や女性も気軽に楽しめるオリジナルイベント・ライドツアー・試乗会も開催!

アンカーチームキャプテン 井上和郎のフランス便り。2015シーズン VOL5 Tour de Guadeloupe(フランス、UCI2.2)

2015年8月16日
井上和郎
大会名:Tour de Guadeloupe(フランス、UCI2.2)

開催日:2015年7月31日(金)-8月9日(日)

開催地:フランス海外県・グアドループ島

アンカーメンバー:井上和郎、ダミアン・モニエ、トマ・ルバ、内間康平、
寺崎武郎、椿大志

出場チーム:海外招待8チーム、グアドループ島内16チーム
出走:24チーム、139人

中間スプリントポイント 1位:5点・3秒、2位:3点・2秒、3位:1点・1秒

ゴール 1位:25点・10秒、2位:20点・6秒、3位:16点・4秒、4位:14点・・・
15位:1点

ゴール(ハーフステージ) 1位:10点・6秒、2位:9点・4秒、3位:8点・2秒・・・
10位:1点

山岳ポイント 1 級 1位:10点、2位:8点、3位:6点、4位:4点・・・6位:1点
2 級 1位:6点、2位:4点、3位:2点、4位:1点
3 級 1位:4点、2位:2点、3位:1点

UCIヨーロッパツアーのステージレース。
ヨーロッパツアーに属しているが、場所はカリブ海のど真ん中。

湿度、気温共に高く、スコールのような通り雨も頻発する島。

平坦もあるが、ほとんどが勾配の厳しいアップダウンを繰り返すコース設定が多い。
第2と第8ステージは、それぞれa、bの2ステージあり、
いずれもaが100km程度のマスドロードレース、bが個人タイムトライアルとなっていて、
大会10日間で全12ステージと、結構厳しい日程となっているのも特徴的である。
各ステージ間でのホテル移動がなく、全日程同じホテルに宿泊出来るが、
その分、各ステージのスタート、ゴールとホテル間のバス移動があり、
スケジュール的には毎日余裕がなく、マッサージを受ける時間がなかったり、

レーサージャージなどの洗濯は、各自が手洗いしたりと、
日々の回復力も成績に影響するレース。

チームでは、ダミアンとトマ、どちらかの総合優勝と、
全員の区間優勝を目指しスタートした。

7月31日(金)プロローグ(チームタイムトライアル)Point-a-Pitre 16:00〜
天候:晴れ、気温26〜28℃
距離:5.5km
結果
1 BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM 6分54秒 47.8km/h
2 SELECTION CLUB DE MARTINIQUE +15秒
3 A.S. BAIE-MAHAULTIENNE +18秒

自転車レースにおけるプロローグは顔見せの要素が強く、
特に、この大会のプロローグは総合成績には全く反映されない正に顔見せレース。
ただ、上位に入ることで表彰を受けられたり、
各賞ジャージが上位チームに配分されたりする。

チームで唯一タイムトライアル専用バイクを持ち込んだダミアンが、
コースの約半分を引いて高速を維持し、

トップタイムでゴール。
チームトップでゴールした椿がリーダージャージを、
井上がチーム総合リーダージャージを獲得した。

8月1日(土)第1ステージ Point-a-Pitre→Sainte-Anne 10:00〜
天候:晴れ、気温27〜34℃
距離:157.6km
スプリントポイント:22.6、45.6、113.2km、山岳ポイント:15.3km=3級、78km=3級

結果
1 Pierre BONNET - TEAM PRO IMMO NICOLAS ROUX 3時間40分14秒 42.9km/h
2 Ludovic TURPIN - VELO CLUB DE GRAND CASE +0秒
3 トマ・ルバ - BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM +0秒
16 内間康平 - BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM +4秒
18 井上和郎 - BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM +4秒
19 ダミアン・モニエ - BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM +4秒
51 椿大志 - BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM +10分10秒
91 寺崎武郎 - BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM +11分4秒

参加選手のレベル差が激しいため、アジアツアーと同じく、
初日から大きなタイム差が付く集団形成がされる可能性がある。

さらに、50km過ぎから海風をまともに受けるコース設定で、
ここで大きく集団が分断することは明白だった。

チームとしては、この横風を利用して集団を分断し、
ダミアンとトマを含めつつチームメイトを先頭に多く残し総合を有利に進めることが
作戦として確認された。

スタートからのアタック合戦は、横風が始まるまで続いたが、
風にさらされると有力チームがこぞって集団の先頭に集まる。

アンカーも全員で前に上がり、60km地点で一気に加速。

あっという間に30人ほどに集団を絞り込んだ。
ここに、井上、ダミアン、トマ、内間の4人を残しそのままゴールを目指す。

残り7km地点で、が抜けだし、これにトマが反応、
約10秒差を保ちゴールに飛び込み3位でゴール。

井上、ダミアン、内間は秒遅れの追走集団でゴール。

総合を狙ううえで、ダミアン、トマを筆頭に、
有効なアドバンテージを手に入れたステージとなった。

個人的には、力が入りづらく、ただひたすら食らいついたステージとなった。

8月2日(日) 第2ステージa Sainte-Anne→Gourbeyre 9:00〜
天候:晴れ、気温27〜34℃
距離:100km
スプリントポイント:21.1、59km、山岳ポイント:88km=2級、100km=2級

結果
1 Hernan Dario PARRA SUAREZ - VELO CLUB DE GRAND CASE 2時間25分37秒
41.2km/h
2 Ludovic TURPIN - VELO CLUB DE GRAND CASE +0秒
3 Diego MILAN - INTEJA MMR DCT +0秒
5 トマ・ルバ - BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM +0秒
9 ダミアン・モニエ - BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM +23秒
11 内間康平 - BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM +37秒
12 椿大志 - BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM +47秒
31 井上和郎 - BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM +3分13秒
70 寺崎武郎 - BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM +6分28秒

今大会最初の2ステージある日。
午後の個人タイムトライアルが重要なのは言うまでもないが、
午前中も終盤に山岳が連続するうえに、ゴールが数kmの山頂にあり、
総合を狙ううえで重要なステージ。

頻繁なアタック合戦の末に、井上、寺崎を10名ほどの逃げが決まる。

終盤の厳しいアップダウン区間で、内間、椿も複数人で先頭に合流し、
残り30kmで内間が先頭集団からアタック、2名で抜け出す。

メイン集団もペースアップして人数を減らしながら最後の登りにさしかかる。

残り2kmで先行していた内間を、10名ほどになったメイン集団が捕らえ、
ここにダミアンとトマが残る。

そのままゴール勝負にもつれ込み、
トマがステージ5位に入った。

井上は、終盤に、先頭集団からメイン集団に戻ってしまうという判断ミスに加え、
登りでの切れ味がなく、結局、3分以上も遅れてしまった。

8月2日(日) 第2ステージb(個人タイムトライアル) Gourbeyre→Gourbeyre 15:00〜
天候:晴れ時々雨、気温22〜28℃
距離:9.5km
山岳ポイント:9.5km=1級

結果
1 Boris CARENE - A.S. BAIE-MAHAULTIENNE 19分54秒44 28.5km/h
2 Ludovic TURPIN - VELO CLUB DE GRAND CASE +8秒34
3 トマ・ルバ - BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM +25秒13
4 ダミアン・モニエ - BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM +29秒31
17 椿大志 - BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM +2分31秒63
25 井上和郎 - BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM +3分3秒84
41 内間康平 - BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM +3分44秒11
44 寺崎武郎 - BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM +3分51秒71

スタートして3kmはアップダウン、その後6kmで480mを駆け上がる、
登りの個人タイムトライアル。

総合成績に大きく影響することと、
チーム総合成績のために全力で挑んだ。

トマ、ダミアンがそれぞれ3、4位に入り、総合成績でも3、4位につけた。
個人的には、全力で挑んだものの、
仕上がりに乏しい調子のため、タイムが伸び悩んだ。


8月3日(月) 第3ステージ Gourbeyre→Anse-Bertrand 10:00〜
天候:晴れ、気温24〜35℃
距離:154km
スプリントポイント:26.3、42.8、76.4km、山岳ポイント:5km=3級
結果
1 Mickaël LAURENT - SELECTION CLUB DE MARTINIQUE 3時間35分17秒 42.9km/h
2 Jordan NACTO - VELO CLUB SAINTANNAIS +0秒
3 Diego MILAN - INTEJA MMR DCT +0秒
13 ダミアン・モニエ - BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM +0秒
23 椿大志 - BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM +0秒
36 トマ・ルバ - BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM +2分20秒
42 内間康平 - BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM +2分20秒
46 寺崎武郎 - BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM +2分20秒
98 井上和郎 - BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM +19分46秒

この日は、最初に登るものの、後はほぼ平坦なコース。
しかし、後半は吹きさらしのコース。

昨日に総合成績でタイム差が付いたこともあり、
序盤の逃げが最後まで行く可能性もあり、それに乗れるように走った。

激しいアタック合戦の末に、椿を含む10数名が先行する。

そのまま、中盤を過ぎて、激しい横風区間を経て、
ダミアン、寺崎を含む追走集団が形成された。

先頭集団にいた椿をダミアンの追走まで呼び戻し、そのまま先頭集団を追う。
最終的に、ダミアン、椿を含む先頭集団は、
トマ、内間の残ったメイン集団に対して2分20秒を稼ぎ逃げ切り、
ダミアンがリーダージャージに袖を通した。

個人的には、序盤の逃げに乗れず、
その後の横風でも遅れてしまい、全くいいところのないステージとなった。

8月4日(火) 第4ステージ Anse-Bertrand→Vieux-Habitants 10:00〜
天候:晴れ、気温27〜34℃
距離:142.6km
スプリントポイント:18.5、50、83.3km
山岳ポイント:57.5km=3級、103.2km=1級、111.4km=1級、128km=2級
結果
1 Boris CARENE - A.S. BAIE-MAHAULTIENNE 3時間30分46秒 40.5km/h
2 Diego MILAN - INTEJA MMR DCT +2分33秒
3 Cédric EUSTACHE - SELECTION CLUB DE MARTINIQUE +2分33秒
7 ダミアン・モニエ - BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM +2分39秒
12 トマ・ルバ - BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM +7分18秒
27 椿大志 - BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM +10分53秒
43 内間康平 - BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM +12分23秒
51 寺崎武郎 - BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM +17分29秒
61 井上和郎 - BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM +17分35秒

序盤は平坦基調だが、残り50kmは高低差200m未満ながら、
勾配が非常に厳しいアップダウンを繰り返す今大会1、2を争う厳しいステージ。

チームとしては、ダミアンのリーダージャージを守るべく、
残り50kmまでしっかり集団をコントロールすることと、
その後の力勝負でダミアン、トマがしっかり走ることが確認された。

中盤までに繰り返されたしつこいアタック合戦の末、数名が先行する展開。

チームは、井上、内間、寺崎、椿の4名でしっかり集団をコントロール。
残り50kmを過ぎての1級山岳に向けて、 Boris CARENE擁する

A.S. BAIE-MAHAULTIENNEが一気に加速すると集団は崩壊。

前日の晩からお腹を壊したダミアンは苦しみながらも、
トマのアシストを受けて何とか7位でゴール。

圧倒的な力を見せつけて独走勝利したBoris CARENEがレースリーダーとなった。

個人的には、相変わらず出力が高い領域に対応出来ず、
集団をコントロールした後は大きく遅れてゴールした。

8月5日(水) 第5ステージ Vieux-Habitants→Goyave 10:00〜
天候:晴れ、気温27〜35℃
距離:148.7km
スプリントポイント:11.1、57、95.3km
山岳ポイント:13.2km=3級、28.8km=1級、76.1km=3級、114.5km=3級

結果
1 Kévin FRANCILLETTE - V.O.2.C 3時間57分6秒 37.6km/h
2 LA ROCHELLE Stéphane - V.C.T.R./E.D.S. +0秒
3 Boris CARENE - A.S. BAIE-MAHAULTIENNE +0秒
6 内間康平 - BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM +0秒
10 寺崎武郎 - BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM +0秒
13 ダミアン・モニエ - BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM +0秒
15 トマ・ルバ - BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM +0秒
36 井上和郎 - BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM +44秒
41 椿大志 - BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM +7分17秒

スタートしてすぐに厳しいアップダウンを経ながら、
28.8kmの1級山岳へ一気に7km登り、そして一気に下る。

その後は、3級山岳を含む大きな周回を2周してゴールに向かう。

序盤の山岳は厳しいものの、総合成績が動く厳しさではないため、
日本人選手にとっては逃げてステージ優勝のチャンスがある。

スタートしてすぐに内間が複数人と逃げ始め、40秒程度のタイム差を稼ぐ。

1級山岳を越えていったん捕まるものの、更にアタックし3名で抜け出す。

しかし、状況的に厳しいと判断した監督の指示で内間はメイン集団に戻る。
それと入れ違いに10名に先行され、ここにアンカーは入れない。

人数を減らしたメイン集団をアンカーがコントロールし、
内間、寺崎のゴール勝負に持ち込んだが、連携がとれずに上位に入れなかった。

個人的には、1級山岳こそいったん遅れたが、
終盤の3級山岳では何とか生き残り、最後に仕事をしてゴール出来た。

わずかだが、調子の上がりを感じられたステージとなった。

8月6日(木) 第6ステージ Goyave→Pointe-Noire 10:00〜
天候:晴れ、気温29〜35℃
距離:146km
スプリントポイント:9.1、55.7、72.3km
山岳ポイント:86.5km=2級、88.7km=2級、133.4km=2級
結果
1 トマ・ルバ - BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM 3時間34分4秒 40.9km/h
2 Juan Engelberth MURILLO ORTIZ - GWADA BIKERS 118 +8秒
3 Antonio PEDRERO - INTEJA MMR DCT +8秒
8 ダミアン・モニエ - BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM +19秒
20 内間康平 - BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM +4分37秒
29 椿大志 - BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM +9分7秒
89 井上和郎 - BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM +27分45秒
DNF 寺崎武郎 - BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM

スタートして80km地点までは緩いアップダウンのみだが、
残り65kmはカテゴリー2級を3つ含む激しいアップダウンコース。

各自のステージ優勝を目標にスタートした。
30km地点で、寺崎、椿を含む10数名が先行して、

そのまま終盤のアップダウン区間へ進む。

逃げ集団からは椿が3名で先行するが、
その後ろの集団で寺崎が落車しそのまま救急搬送されてリタイア。
骨折などの大事には至らなかった。

激しくスピードアップするメイン集団が人数を減らしながら椿の集団を捕らえ、
そこからトマが3名でアタックを開始。

ゴール前の登りで他2名を振り切って、独走でゴールし、
チームに今大会2勝目をもたらした。

個人的には脚に力がなく、残り65kmでメイン集団から脱落。
27分以上も遅れてゴールした。

8月7日(金) 第7ステージ Pointe-Noire→Moule 10:00〜
天候:晴れ時々雨、気温20〜34℃
距離:151km
スプリントポイント:30.8、59.2、82km、山岳ポイント:12.2km=1級、53.6km=3級

結果
1 Diego MILAN - INTEJA MMR DCT 3時間50分37秒 39.2km/h
2 Stéphane LA ROCHELLE - V.C.T.R./E.D.S. +0秒
3 内間康平 - BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM +0秒
39 トマ・ルバ - BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM +24秒
44 椿大志 - BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM +24秒
45 井上和郎 - BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM +24秒
DNF ダミアン・モニエ - BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM

スタートして5kmで第5ステージに登った1級山岳を越え、
その後、平坦とアップダウンを繰り返すステージ。

この日も総合成績が動きそうにないので、各自のステージ優勝を目標とした。
最初の登りですぐに内間が飛び出し、3名で逃げる。

1級山岳を超えて、平坦区間で井上、椿が15名で内間に合流するが、
これはメイン集団に吸収される。

その後のアップダウン区間で再度、内間が逃げに乗り、
最終的に3名でゴールを目指す。

メイン集団も横風やアップダウン区間で50名に人数を減らしながら内間に迫る。

内間を含む3名が、残り1.5kmでメイン集団に捕まる直前、
道幅の狭い区間で激しい位置取りがあった結果、
集団の先頭3名を残し約45名が絡む大落車が発生。

これにより、6名でゴール勝負となり、
この日全ての逃げに乗る動きで脚を使ったにもかかわらず、
内間が3位に入る走りを見せた。

大落車の影響で、井上以外が落車してしまい、
ダミアンが鎖骨骨折でそのままリタイア、
トマが全身打撲、椿がお尻を強打と、
非常に大きな痛手を負ったステージとなった。

8月8日(土) 第8ステージa Moule→Abymes 9:00〜
天候:晴れ、気温27〜34℃
距離:97.1km
スプリントポイント:6、47.5km、山岳ポイント:59km=3級、83.3km=3級
結果
1 Sylvain GEORGES - TEAM PRO IMMO NICOLAS ROUX 2時間11分57秒 44.1km/h
2 Hervé ARCADE - SELECTION CLUB DE MARTINIQUE +22秒
3 Jordan NACTO - VELO CLUB SAINTANNAIS +25秒
35 井上和郎 - BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM +25秒
37 内間康平 - BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM +25秒
45 椿大志 - BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM +25秒
DNS トマ・ルバ - BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM

前日の落車の影響で、総合3位にいたダミアンがリタイア、
総合7位にいたトマがこの日の出走を断念し、
アンカーは残り3名となった。

しかし、各ステージ、各チーム上位3名のタイムを加算していって争う、
チーム総合成績に関しては、2位に対して12分22秒を保持していて、
残った3名の第1目標は、このチーム総合1位を最後まで守ることとなった。

もちろん、ステージ優勝もチャンスを見つけて狙った。

レースの距離自体は短いが、高低差100mに満たないもののアップダウンが頻発し、
かなり厳しいレースになることが予想された。

序盤から激しいアタック合戦となり、10名ほどが先行するが、
特に終盤に連続するアップダウンに備え、逃げには乗らなかった。
メイン集団は徐々にスピードアップしていき、人数を減らし、
最後のアップダウンを終えて数名に先行されている状態。
残り1kmで内間がメイン集団からアタックするが失敗。

そのカウンターで井上もしかけるが、これも失敗。

そのまま2名に逃げ切られるも、アンカー3名ともメイン集団でゴールした。

チーム総合成績を視野に入れたため、序盤は消極的になってしまったが、
最後に仕掛けを打てたのは良かった。
個人的にも、残りステージが少ないながらも脚が回ってきた印象だ。

8月8日(土) 第8ステージb(個人タイムトライアル) Abymes→Abymes 15:00〜
天候:晴れ、気温27〜29℃
距離:20km

結果
1 Boris CARENE - A.S. BAIE-MAHAULTIENNE 26分15秒98 48.3km/h
2 José Isidro CHACON DIAZ - GWADA BIKERS 118 +12秒84
3 Adam Josef PIERZGA - A.S. BAIE-MAHAULTIENNE +24秒83
34 内間康平 - BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM +3分45秒53
43 椿大志 - BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM +4分6秒87
47 井上和郎 - BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM +4分22秒61

前半10kmはほぼアップダウン、後半10kmはほぼ平坦と、
出力が大きいことと空力対策が重要なステージ。

しかし、チームは諸事情によりタイムトライアル専用バイクを持ち込まず、
ノーマルバイクで挑まざるを得なかった。

唯一、内間のみが空力に優れたホイールを使用することが出来たが、
それでも厳しいことには変わりない。

チームの目標は、チーム総合成績を守ることだが、
午前中を終えて2位につけているINTEJA MMR DCTには12分58秒のリード。

このステージで守るためには、INTEJA MMR DCTのステージ上位3名に対して、
アンカーの3名がそれぞれ4分は遅れられる計算。

それでも十分とは言えず、各選手全力で挑んだ。
ステージ成績で下位に沈み、かなりタイムを失ったが、
このステージで好走し、
チーム総合2位に浮上してきたSELECTION CLUB DE MARTINIQUEに対して、
何とか6分59秒差を確保して最終日に挑むこととなった。

8月9日(日) 第9ステージ Abymes→Basse-terre 13:00〜
天候:晴れ、気温27〜34℃
距離:123km
スプリントポイント:39.6、62.4、73.1km、山岳ポイント:97.7km=2級

結果
1 Antonio PEDRERO - INTEJA MMR DCT 2時間51分9秒 40.6km/h
2 Diego MILAN - INTEJA MMR DCT +0秒
3 Cédric EUSTACHE - SELECTION CLUB DE MARTINIQUE +0秒
9 椿大志 - BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM +22秒
17 内間康平 - BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM +1分2秒
18 井上和郎 - BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM +1分2秒
この日の目標は、チーム総合1位の死守。

最終表彰台になんとしても登りたい。
チーム総合2位のSELECTION CLUB DE MARTINIQUEに対しては、
6分59秒のタイム差。

各選手均等に割ると2分20秒弱、
決して油断出来ないが、最後の坂でも勝負に持ち込めれば、
チーム総合の保持だけでなく、ステージ優勝の可能性もある。

前半は多少のアップダウンがあるものの平坦基調で、
残り25kmから厳しいアップダウン区間に突入する。

昨日の午前は、慎重になりすぎたので、
逃げに乗ることも考えてスタートした。

アタック合戦で、逃げに乗ろうとがんばったが、
内間が乗った逃げが決まったことで集団は沈静化、後半勝負に切り替えた。
メイン集団も最後のアップダウンに入ると一気に加速して、
逃げていた選手を次々に吸収していく。

内間も吸収されてしまうが、最後の登りを前に、
アンカーは3名とも20名ほどのメイン集団に生き残り、
井上、椿がそれぞれステージ優勝に挑んだ。

椿は、残り500mで仕掛けたが、カウンターで行かれステージ9位。
内間、井上も約1分遅れでゴールし、
何とか、チーム総合1位を獲得した。

個人総合時間
1 Boris CARENE - A.S. BAIE-MAHAULTIENNE 30時間25分52秒 40.8km/h
2 Diego MILAN - INTEJA MMR DCT +3分39秒
3 Antonio PEDRERO - INTEJA MMR DCT +4分15秒
13 内間康平 - BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM +25分48秒
20 椿大志 - BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM +42分49秒
30 井上和郎 - BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM +1時間15分8秒
完走70名

個人総合ポイント賞
1 Diego MILAN - INTEJA MMR DCT 125点
2 Boris CARENE - A.S. BAIE-MAHAULTIENNE 94点
3 Antonio PEDRERO - INTEJA MMR DCT 73点
12 内間康平 - BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM 26点
28 椿大志 - BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM 7点

個人総合山岳賞
1 Alexis DULIN - TEAM PRO IMMO NICOLAS ROUX 45点
2 Boris CARENE - A.S. BAIE-MAHAULTIENNE 32点
3 内間康平 - BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM 25点
18 井上和郎 - BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM 2点
19 椿大志 - BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM 2点

中間ポイント賞
1 Jordan NACTO - VELO CLUB SAINTANNAIS 36点
2 Adrien ALIDOR - U.S.R. VELO 26点
3 内間康平 - BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM 15点
16 井上和郎 - BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM 3点

複合賞
1 Boris CARENE - A.S. BAIE-MAHAULTIENNE 5点
2 Diego MILAN - INTEJA MMR DCT 8点
3 Cédric EUSTACHE - SELECTION CLUB DE MARTINIQUE 16点
9 内間康平 - BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM 28点
16 椿大志 - BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM 67点

団体総合時間賞
1 BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM 91時間57分5 秒
2 SELECTION CLUB DE MARTINIQUE +7分6秒
3 INTEJA MMR DCT +9分10秒

ダミアン、トマでの総合優勝、
各選手の区間優勝を目指した今大会。
目標に対しては、トマのステージ優勝のみと、
非常に厳しい結果となってしまった。

各選手の落車による怪我の影響によるところは大きい。
その中でも、連日逃げに乗り、
果敢にステージ優勝を目指した内間の走りは素晴らしかった。

対して、
私自身は、調子を上げていかなければいけないレースで低迷し、
最後の2日間のみ脚が回るという情けないレースをしてしまった。

前回のレースから間隔があいてしまったこともあるが、
それでも思っていた走りにはほど遠かった。

これから気を引き締めて、シーズン終盤戦に挑まなければいけない。
プロローグのチームタイムトライアルでの勝利は非常に嬉しかったし、
トマの区間優勝と個人タイムトライアル3位、
ダミアン・モニエのリーダージャージ1日、
内間康平のステージ3位により、
UCI18点を獲得したのも収穫であった。


プロローグのチームタイムトライアルで優勝し、表彰台に登りました。


チームみんなで稼いできたタイム差を、残った3名で守り切り、
チーム総合1位を最終的に獲得しました。


機材
フレーム:ANCHOR RIS9 460 RACING RED(GA)
コンポ:SHIMANO DURA-ACE 9000 および 9070(Di2)
クランク:53×39T 170mm
ハンドル、ステム:PRO STEALTH EVO ブラック コンパクト(120mm、420mm c-c)
バーテープ:KABUTO BT-1
ホイール:SHIMANO DURA-ACE WH-9000-C24・C35・C50-TU(11-25T)
ペダル:SHIMANO DURA-ACE PD-9000
ボトルケージ:KABUTO PC-3(ホワイト)
メーター:GARMIN Edge 510J
シューズ:SHIMANO SH-R321(38)
レーシングウエア: WAVE ONE(レジェフィットプロ半袖ジャージ、
レジェフィットプロサイクルパンツ、レーシングソックス)
ヘルメット:カブト ゼナード(チーム別注カラー)
サングラス:OAKLEY RADARLOCK(レンズ Positive Red Iridium)
補給食:SAVAS、VAAM
ボディサポート:SEV ルーパー type 3G、ルーパーブレスレット2、アンダーインソール、
フラットパネル
アフターレース用コンプレッション:2XU コンプレッション・レッグスリーブ、
コンプレッション・パフォーマンスランソックス