関東圏/関東地方 埼玉県の自転車屋 スポーツバイク専門店/プロショップ 初心者や女性も気軽に楽しめるオリジナルイベント・ライドツアー・試乗会も開催!

その② 必見スズパワーセンチェリーライド(SCR)160キロコースコース案内 名栗湖から

2017年5月2日
続きです。
 ここからが160キロコースのメインですね。
160キロコースの皆様に注意事項を予めお伝えします^^

***注意事項です*****

●林道のため道がかなり荒れております、チューブは2本持つようにおねがいたします。
●タイヤはなるべく減ってないのをご利用くださいませ(お買い上げは当店にて)
●名栗湖でサポートカーを用意しておりますが、かなり電波が入りづらいところが多いので気をつけてください。
●下りは一部未舗装部分あり見通しが悪いです、十分注意して下るようおねがいたします。
●カーボンクリンチャー等の熱による破損等は一切保障しませんので、自己責任にておねがいたします。 





名栗湖を後にし、ちょっと戻ります。先ほどわたってきた橋を、今度は左折。

ここからは、道なりで山伏峠。橋の手前を右折する72km地点から
本格的に上り開始。峠まで標高差約300m。



76.5km地点で山伏峠到着。標高600mちょっとです。



ちょっと下って、



あと1kmの上りで正丸峠!



やっと到着!折り返しの正丸峠は約80km地点。標高は650mちょっと。



売店・食堂があって食事もできます。この日はしまってましたが5日は開いているでしょう。

ここから折り返しになるのですが、正丸峠周辺は非常に路面状況が悪いので細心の注意を!

小沢峠から下界におりてきて川沿いをゆっくりとすすんで92km地点のここ。



名栗駐在所をすぎてからのT字路を左に入ります。
かなりわかりにくいので「酒」の看板を目印に曲がってください。

じつはここからの上り、10%をこえる坂が、長々と続く最大の難所。



上りきっても尾根道でアップダウンが続くので、正丸で体力を消耗した人は
エスケープしてまっすぐ行きましょう。道がわからなくなったら一度、名栗湖に
戻ってスタッフにききましょう。



下り終わって98km地点。小川にぶつかるT字路を右へ。
竹寺という木の看板があります。
 
ここまでは、いままでのコースと同じなので問題なくいける方もおおいでしょう。
さあここから新コースとなります。
 よーく見てくださいね。

DSCN0996

小川にぶつからT字路を右に曲がり、やく500m下ります。

DSCN1031 (1280x960)
   ↑
曲がる手前にトイレがあります。

DSCN0997 (1280x960) (1280x960)
    ↑
500m下った一つ目の左に行くがある分岐、「止まれ」の標識があります。
ここを左折します。

DSCN0998 (1280x960)
    ↑
左折すると、橋を渡ります。

DSCN0999 (1280x960)
    ↑
約1キロ程度進むと、子権現左折の看板見えたら直進です。
左手に神社が見えます。
 ここから、がんばりどころです。

DSCN1003 (960x1280) (960x1280)
     ↑
ちなみに森君ここの登りで足をついてしましました。

登りきったら、きつい下り待ち受けています。

DSC_0291
     ↑
下りはコンクリートの舗装でかなり道が荒れています。

DSCN1037 (1280x960)
     ↑
コンクリートの舗装が終った分岐を左に曲がります。
 この辺りは携帯の電波が届きませんのでご注意ください!!!!
※一回目の試走でここの分岐でミスコースしてしまいました。

DSCN1038 (1280x960)
     ↑
この看板があるほうに曲がります。

DSCN1039
    ↑
ここからは、アップダウンを繰り返す、林道ですが一部道が悪い
ところがあります。
飛ばし過ぎないように気をつけてください。
 ここも携帯の電波が届きづらいです。
※ここでスタッフがパンクしました。

DSCN1046 (1280x960)
     ↑
林道の途中、間違えやすい場所がここです。

DSCN1043
     ↑
ごみ捨て禁止の看板が目印です。 
そこを右折方面にいきます。

DSCN1048
    ↑
下りきると、右手小学校がみえる分岐あたります。
そこを直進です。

DSCN1049
    ↑
ここまでくると、西武秩父鉄道、東吾野駅が見えると思います。
ここを左折です。

DSCN1051 (1280x960)
    ↑
材木場を進みます。

DSC_0086
    ↑
ここが最後の登りです。

DSC_0087
    ↑
最後の登り東峠、ここから下りですよ。

DSCN1052
    ↑
下りきると、T字路にあたります、ここを左折です。
ここからが、130キロコースと合流となります。

DSCN1054

ここからは130キロコース案内ブログ
「小瀬戸」の交差点からご覧くださいませ。

130キロ&160キロのコースはこちらです。

160キロコース

130キロコース