関東圏/関東地方 埼玉県の自転車屋 スポーツバイク専門店/プロショップ 初心者や女性も気軽に楽しめるオリジナルイベント・ライドツアー・試乗会も開催!

もう保冷ボトルの時代は終わりです。これからは「超」保冷ボトルの時代です。THERMOS(サーモス)真空断熱ストローボトル

2017年7月16日
毎日暑いですねーー、もう口癖のようになってきました。
 そんな中でも自転車を楽しんでいる方もたくさんいらっしゃいます。

ライド中冷たいドリンクを常に飲めるようになれば、快適になると思いませんか?
そんな商品がとうとう出ました。
DSC_0013 - コピー

一番使われていると思われるC社やP社の保冷ボトル
私も使っていました、朝、目いっぱい氷を入れてスタートしても、もつのはせいぜい2時間。それ以降はだんだんなまぬるい水に…

 そして先日、お店のライド、ゴールの秋ヶ瀬公園に戻ってきた時。

なまぬるいボトルの水を飲む気にならない私の横で、真空2重構造のステンレス保冷ボトルで美味しそうに水を飲むNさん。
 その時私は決めました、このボトルを使おうと!!!!
DSC_1001
そのボトルとは
1978年、世界で初めて真空ステンレス魔法瓶を開発し、世界トップシェアを持つ
ジャパンブランド「THERMOS」(サーモス)が今年が発売した
自転車専用設計の真空断熱ストローボトルです。
 使ってみて、凄いの一言ですこの保冷ボトル。

私この場で断言しましょう!!!!
この猛暑、通常の保冷ボトルの時代は終わりです、このサーモス自転車専用真2重構造ステンレスボトルを使うべきです!!!断言します!!!


常に冷たいドリンクが飲めるありがたさ。
あと気のせいかもしれませんが、プラスティック臭くないので、水が美味しいです。
 この猛暑の中走るわけです、せめて水だけは常に冷たいものを飲める、それだけでも
快適なライドになるはずです。
 ワンプッシュのストロータイプですが慣れれば何てことありませんよ。
DSC_1002

さて
どのくらいの性能なのか、実際土曜日に開催しております
「ビギナーライド」で実験してみました。
朝、お店集合。
自宅で多めに氷を入れて、そこに水を入れてきました。


スタート前お店8時06分こんな感じです。
DSC_0014DSCN1177※内容量は600ml
氷を入れると実内容量は減ります
    
第二集合場所秋ヶ瀬公園、この日は何故か?いつもよりたくさん集まって頂きました。
ここから4〜5名に分かれてグループで走ります。
DSC_0018
まず
ホンダエアポート近くの憩いの場?高橋商店でいったん休憩です。
暑くて水を飲みきってしまいました。
9時49分まだまだ氷は残っております。
DSCN1178
    ↓
そしてまた走ります。
DSC_0021
今日のお題目は、川島町B級グルメ「すったてうどん」を食べに行こう。
DSCN1179
でも私が食べたのは鬼おろしうどんと野菜の天ぷらです。
DSC_0025
 すったてうどんが興味ある方は食べに行ってください…

 そして帰路
アイスが食べたいとのことで、またまた帰りに高橋商店に。
私は、今なかなかコンビニで売っていない赤城しぐれをいただきます。
DSC_0026
 ついでに記念撮影も。
DSCN1180
もう空が夏の空です。これでこの日がどれだけ暑かったか想像してください。
DSC_0029
DSC_0030
 さて帰路、秋ヶ瀬公園に向けて走ります。
    ↓
秋ヶ瀬公園到着。
水は飲みきってしまいました。

 13時01分さて中身を見てみましょう、氷は小さくなっていますが、まだまだ残っております。
DSCN1182
 すでに、出発から約5時間経過、その暑さでも氷が残るこの凄さ。
ご理解いただけましたでしょうか?

 生ぬるい水で我慢してませんか?通常の保冷ボトルで我慢してませんか?

このサーモス自転車専用真空2重構造ステレンスボトルを使うことで全てが解決します。
 もう保冷ボトルの時代は終わりです!「超」保冷ボトルの時代です!

北浦和店専用ラックで見本も含めて展示中です!!!
 快適なライドで夏の乗り切りましょう!!!