関東圏/関東地方 埼玉県の自転車屋 スポーツバイク専門店/プロショップ 初心者や女性も気軽に楽しめるオリジナルイベント・ライドツアー・試乗会も開催!

西 麻衣子選手のレースレポート 木曽川トライアスロン大会

2012年8月11日
2012 木曽三川トライアスロン大会
2012日本トライアスロン連合東海ブロック選手権(日本選手権選考会)
第67回国民体育大会ぎふ清流国体 岐阜県代表選手選考大会
出場報告
西 麻依子(LFC株式会社)

開催日:2012年06月03日(日)
開催場所:岐阜県海津市 国営木曽三川公園内
距離:オリンピックディスタンス(S1.5km/B40km/R10km)
気象:くもり・気温21.6℃・水温22.5℃(ウエットスーツ着用不可)
結果:東海ブロック選手権 総合33人中10位
女子・5人中2位
2時間05分53秒
スイム0:21:21 (4位)
バイク1:07: 25 (18位)
ラン  0:37:07 (8位)

会社からたくさんの応援団が来てくれました!  

<レースレポート>
午前9時10分スタート。
スイムは長良川をU字に折り返すコースを3周回するコース。
水温が20度を越したため、ウエットスーツの着用は不可となった。

東海ブロック選手権は男女一斉スタート。
みな日本選手権を狙う選手たちと一緒のスタートはさすがにスプリント力では敵わないとわかってはいたが、積極的に上げていった。
すぐに抜け出すことはできなかったが、一直線の2位集団につけていることが分かった。200mほどいくとバラけだし、集団の先頭になり、前を追う。

1周回終える毎に一度上陸するコース設定で、コーチの「もっと上げろー。」との声で、ペースが速くないことが分かり、ペースアップ。
先頭にも追い付いたが、気持ちが落ち着いてしまい、並走して泳いでいき、そのまま4人の集団でスイムを終えた。

バイクは5kmを8周回する40kmのコース。ドラフティング許可ではあるものの、男子選手へのドラフティングは禁止。
OGKヘルメットのマグネットストラップのおかげでトランジットもスムーズにでき、2位でスタート。
単独走になることは想定し、練習をしてきたので、ペース配分などを考えるよりも、前を追う走りをしていく。

男子選手を目標とし、追っていくが、集団には敵わず、すぐに離されてしまった。

3周回目すぎから脚に乳酸がたまりだしているのがわかり、耐える走りになっていった。

後ろとの差などは気にしていなかったが、ラスト2周で大松選手が迫ってきていることが分かった。
逃げ切る!とペースを上げるが、ラスト1周で追い付かれてしまい、ドラフティングをしながら先頭交代をしていき、同時にバイクフィニッシュとなった。

ランは4周回の10km。トランジットで先行し、自分のペースをつかんでいく。
バイクと同様に逃げ切ることを考えて走り出す。
1kmほどで追い付かれてしまったが、並走していく。
しかしながら、2週目に入り、少しずつ離されてしまい一時30秒ほどまで開いてしまう。
それでも前は見えている位置であり、あきらめずに追い続けた。後半に上がってくる自分の特徴を信じ、ラスト1周は少し差も詰めることができ、20秒差の2位でのフィニッシュとなった。

<総評>
今大会では優勝を目標としてレースに臨みました。
結果としては達成できませんでしたが、レース内容としては課題のランニングで感覚よりもタイムよかったことで、まだまだ上げていける!と確信しました。

岐阜県に拠点を移し、初戦となる大会でトレーニングの成果を感じられたことが何よりの収穫でした。
応援ありがとうございました。

清流国体岐阜県代表選考会と日本選手権予選を兼ねており、今大会の結果から双方の権利を獲得いたしました
次のレースは6月10日に愛知県で行われる「ITUアジアカップ蒲郡大会」に出場いたします。連戦となりますが、しっかりと調整し、優勝してきたいと思います。
今後とも応援よろしくお願いいたします。
<東海ブロック選手権女子>
1位 大松沙央里 2:05:34
2位 西麻依子 2:0553
3位 池野千紘 2:15:59