2012ラリーモンゴリア出発当日

あまりに準備が出来ていない状態での海外ラリー出場になり
心を落ち着かせる意味と最終的な忘れ物対策を日本で出来る様に
メカニックの通称 のび太君と一緒に前泊で関西国際空港に向かう事にしました。

PM3:00浜松出発の予定でしたが、僕と同じくメカニックののび太も
準備が追い付かずPM6:00浜松を出発しました。

「忘れ物無い?」「もし忘れていたら大阪で買いましょう!」
・・・・と確認作業をして出発しました。

新東名浜松SAから東名に乗ったとたん、毎日の岡崎~音羽間の渋滞にハマり
・・・・大阪に到着したのは、夜の10:00を過ぎていました。



ホテルに到着してチェックイン作業をしている時です。

「関西国際空港への無料シャトルバスの時間は何時にしますか?」
・・・・の問いに・・・・・

ラリー一式書類入れを探し・・・・・???・・・・・無い?

その時鮮明に自宅のソファーの横に置いて来てしまった事を思い出し・・・

最高最大の大事な物を忘れてしまっていました。

しかし~~~~!47歳の大人で、しかも数々のラリー経験をしている僕としては、「焦っても何も解決にならない事」をわかっているので・・・・

まずはチェックインを済ませ・・・・部屋に入り
・・・・ちょっと遅めの夕食にのび太メカニックと向かいました。

乾杯を済ませ・・・・さて対応策を考えます。

今から自分で新幹線で帰ると・・・・今夜中に戻っては来れない。
しかもまた忘れ物をしていても確認作業は出来なくなる。

ここはだれでも良いので明日一番で関西国際空港へ持って来てもらう段取りをして、明日の朝までに忘れ物が他にないか?確認作業を僕がする方法が良いと考えました。

そこで・・・娘と妻の双方にメールと電話で相談。

娘が1日用事が無い事を確認して、「お小遣い作戦」で見事OKをもらいました。

その後は、のび太メカニックと忘れ物チェックとイメージ作りの時間をお酒を入れて過ごしました。(ダメ?笑)

本当に準備不足でここまで来てしまったので、現場に行ってからの不安は相当な物がありましたが、寝つきの良い僕は、あっという間に夢の中へ・・・・・・

さすがに朝一は、早めに目が開いてそわそわ・・・・・・

携帯メールに・・・・「出発しました!」・・・とあり、ホッとしました。



予定通り無料シャトルバスで、関西国際空港に到着すると、2012ラリーモンゴリアへ
出場すると思われる荷物の方々がチラホラ・・・・・

僕は娘の到着が心配で心配でメール&電話連絡。

何とか無事に向かっている様子で待っていると・・・・・・

やってきました。長女 実紗樹(みさき)!

娘が神様に見えました!(これ!ホントの話)笑



これでやっと出発出来る~~~~!

何ともドタバタした出発から今回のラリーが想定外続きが予測されますが、
搭乗手続きも無事に通過し僕とメカニックのび太君は、飛行機に乗り込みました。