富士登山

富士登山 総合報告!「なめちゃいかんよ!富士登山」

富士登山から1日経過した所ですが、記憶が残っている間に報告です。

突然決めた富士登山でしたが、
出発当日リュック&ステッキ&シューズカバー&リュックカバー&酸素ボンベ&登山用ズボンを購入!

この中で、使用しなかったのがリュックカバーだけでした。(天気が味方してくれたからです。)

つまり準備はしっかりしないとだめよ!・・・・・と言う事!(疲れが倍違うでしょう!)

僕にとっては小学校6年生以来の2度目の富士登山です。(寒かった記憶しかありませんが・・・)


登山前日PM10:00に浜松市北区滝沢町自宅を出発!
東名高速富士インターを降りて富士宮ルートの5合目駐車場へ向かいます。

コンビニで、朝ごはん&カロリーメイト&グミ&おにぎり2つ&ゆで卵を買いました。

休憩はその時のみで、富士山スカイラインを通過!鹿3頭を目撃しながら駐車場へ!

すでに登山口の駐車場は満車状態で、一つ下の駐車場で宿泊!この時日付が変わってAM1:30!

寝る前に1本ビールを飲んで就寝!(AM5:00起床予定!)

富士インターを降りた時30℃オーバーだった気温も20℃を切っていますので、寝るには最高です。

AM4:45に目覚ましが鳴り起床です。

野菜ジュースを飲みながら、ニューハレを体に貼り付けました。

インナースーツを着込み、厚手のロング靴下(バイク用)を履き外に出ます。

帽子は、ラリー用に購入したもの!タオルも必需品!シューズもハイカット以上の物を・・・あとサングラス!

リュックの中は、カッパ!塩の飴!スポーツ飲料2リットル(キャメルバッグ)!ガム!トイレットペーパー3回分!
ゴミ袋!手袋!リュックカバー!懐中電灯!酸素ボンベ1本!デジカメ!アイフォン!ステッキ2本!
寒くなった時用トレーナー!サバイバルシート!を入れました。


これだけの準備で最低限と思ってくれて良いと思います。

これから富士登山をしようと考えている人は、本当に準備をしっかりして下さいね。

さあ出発です。2400mから3776mを目指しますから、標高差1376mです。

最短ルートです。歩く距離は片道5kmの予定!(出発時間AM6:00)・・・・・・・・・・・・・・・・↓↓↓↓↓↓↓↓



最初は緩やかな広い坂道を登ります。最初だけ・・・・・・・笑


6合目には、あっという間に到着します。「なんか楽勝?」って感じが、
後に来るほど後悔につながりますので、最初をゆっくり行く事が大事ですね。

すでに雲は下です。(駐車場でもすでに雲の上!)

6合目を過ぎると登山っぽくなってきます。


歩幅を小さく同じテンポで、小さくゆっくり上っていきます。(後半のために・・・)

「もうだめ~~~限界~~~!」・・・・と叫びながら・・・・・・・笑

新七合目を過ぎて次は・・・・・・・・元祖七合目!(なんだ~~八合目じゃないのかよ!)・・・と進みます。

結構きつくて写真が少ない!笑



登りの半分と思っていた八合目が見えました。


最後の登りはこんな感じのところ!

よじ登るイメージです。笑

一緒に登った佐々木は余裕!


おじさんは・・・・・・限界です。(ウソ!)・・・でも、Tシャツの中に入れていたタオルはビショビショです。


各休憩所では、10分程度ずつ休憩&栄養補給をしていました。(これが後半影響しますよ)
水分&塩分などを摂取しましょう!

八合目を過ぎると万年雪が見られます。気温も一桁台か!?と思える気温なのに汗!笑


その後は・・・・・きつい中・・・・・・・淡々と・・・・・・ゆっくり・・・・・・ゆっくり・・・・マイペースで登ります。

山小屋へのブルドーザー用ルートも見えます。


言葉も少なくなり・・・・・・ひたすら淡々と・・・・・・・・小幅で・・・・・・・・ゆっくり進みます。

ここで報告!

すれ違う人ほとんどが、「おはようございます!」「こんにちは!」と声を掛けてくれます。

こちらも必ず挨拶です。(これが凄い励みになります。)

出来るだけ大きな声であいさつしましょう!

また「もう限界です!」「頂上は素敵ですか?」なんて声を掛けると必ず
「もうちょっとだから頑張って!」「頂上は素敵ですよ!」なんて返事ももらえます。

疲れたら声を掛けてみると良いかも知れません!笑

九合目に到着したら・・・・・・偶然にも、山小屋の引越しに遭遇!


このブルドーザーにすべての荷物とごみと人を積んで帰られるそうです。

なるほど~~~!こうやって来て帰るのか!・・・・・・・ラッキーでした。

その後も急斜面を登っていきます。


永遠に続くのではないか?・・・・と思えますが、考えずゆっくり進み続けます。

そして・・・・・・・・・・・・・・・


ついに・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


えっ!9合5勺?


まだかよ~~~~~~~~~!

まだ山頂じゃないって知ってたけど・・・・・・・・・・・・・・・最後のがんばりですね。

山頂を見上げて・・・・・・・・・・・・考えるのやめて・・・・・・・・・・・・・・・ゆっくりゆっくり出発です。


淡々と行くしかありません・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


やっと・・・・・・・・・・やっと・・・・・・・・・・・・・・



ついに・・・・・・・・・・・・




最後の元気で走っちゃいました。(20歩だけ・・・・笑)


最初のゴール!(えっ?最初?)


そこから、見えるすぐの山頂の山小屋まで最後の登山!

・・・・・で、やっと・・・・・・やっと・・・・・・・登頂!


・・・・・・・・でも、最高標高地点まではあと300m!

・・・・て、まだじゃ~~~~ん!

それでも、一応登頂って事で元気な振り!AM10:00です。



本当はクタクタ!帽子の汗の後を見て下さい。笑

さっきまで晴れていたのに雲が・・・・・・・・・

ここで、おにぎり2つとゆで卵のお昼ご飯です。(酸素ボンベも吸いましたが、あまり効果を感じません。)

お昼をゆっくり食べながら、妻に電話しました。

ソフトバンク携帯は、富士宮ルートなら各山小屋はぎりぎり通話可能圏内でした。

そして最後の馬の背という急斜面を登って最高標高地点へ!

疲れきった僕の顔!笑


撮影中に教えてもらった、山の最高地点にステッキを置いて・・・・(この先は崖)


ついに登山達成です。AM11:00(出発から5時間です。)

これでも結構早い方らしい!(平均5時間30分)

撮影ポイントは、人だかりです。




その後・・・・・せっかく来たのだから・・・・富士山の山頂部分を一周するお鉢巡り(おはちめぐり)も決行!

約3kmのハイキングです。






指先が元観測所であり、最高標高地点です。





一周をゆっくり散歩感覚でまわり、富士山を満喫!(決して楽では無いですよ!)笑


AM12:00頃、そろそろ帰ろう!・・・・となったとき、
同じ道じゃ面白くないから遠回りしても良いから別ルートを行こうと僕から発言!

御殿場ルートからプリンスロードで、行きの六合目山小屋に出るルートを選択!


実は来た道で帰ると元々ひざが悪いので根をあげてしまうと思い、出来るだけ緩やかな下りを選択したんです。

下り始めて振り返った写真!


これがたぶん大正解!違う景色もありますが、砂の下りがひざに優しい!(きつい事は言うまでもありません)




雲が数秒で発生し目の前が真っ白になる事数回!



良い景色も楽しめますが、膝が痛くてそれ所ではありません。

出来るだけ膝に負担がかからないようにステッキも活用!砂の多いやわらかいところを選んで進みます。

ここでも、自分のペースを守りゆっくり進むことをお勧めします。

宝永火口(ほうえいかざん)を周り行きよりも2km程距離は伸びますが、すばらしい景色の中を進みます。

下りだけど、宝永火口ルートは登りもあります。



このルートを通ると山小屋が少なく夜などは、危険かも?と思えます。

・・・・・が、僕の体調とせっかくだから・・・・・と言うことで選んだルートですが、最終的にはお勧めルートです。


そして・・・・・・・・・・


淡々と・・・・・・・・・・・・・・・・・ゆっくりと・・・・・・・・・進み・・・・・・・・・・・・・・・・・


ついに・・・・・・・・・・・・・・

六合目山小屋で元のルートに合流し・・・・・・・・・・・・・・・


自分のペースでゆっくりと・・・・・・・・・下り・・・・・・・・・・・・・・・・・・



ついに・・・・・・・・・・・・ついに・・・・・・・・・・・・・・

帰ってきました。PM4:00!!



なめちゃいかんよ!富士登山!!・・・・・・・・・が、終了です。



これから富士登山を目指す方へ!

必ず経験者のアドバイスを聞いてください。出来れば経験者と登って下さい。


今回急な誘いでちょっと恨んでいます(笑)が、佐々木君にお礼を言いたいです。

ありがとう!ささやん!おかげで登頂出来ました。

荷物からコンビにでの買出しに的確なアドバイスを頂きました。

あれが無かったら、登頂も出来たか?不安です。


このブログが少しでもこれからの富士登山を目指す方の参考になれたら最高です。


最後に登頂記念で2人で撮った写真を載せます。

次は、家族全員で登ります。(しかし1年以上後です。それくらいきつかった!)



でも・・・・・・でも、一生に一回は登頂をして欲しいと思える経験でした。

ありがとう!富士山!!

追記の総評:

体力にはそこそこ自信もある僕ですが、登山の怖いのはたぶん突然限界がやって来る事です。
それは、体力かも知れないし!体の故障かも知れない!
低酸素かも知れないし!気力かも知れない!

僕の場合は、高山病にもなっていないし、筋力もまだまだ十分でしたが、
膝の痛みはどうしようもありませんでした。
ニューハレやインナースーツなど体の助けになるものを身に付け、
節目の山小屋では栄養を補給していたおかげで、時間内に帰って来れました。
しかし右膝を守るために左足に負担がかかっていました。

みなさん!せっかくの富士登山を楽しいものにするために
絶対に経験者のアドバイスの元しっかりした準備をして下さいね。

お鉢巡りは、超お勧めです。(帰りの砂走りもお勧めですよ!)

これが出来るか?は、準備にかかっていると思って下さい。

トレイルランニングで走りきって登山&下山する方がいるのも事実です。

軽装で、登山される方もいらっしゃいます。

しかし殆どの方はしっかりとした準備をされています。決して気軽な山ではありません。
(何といっても日本一の山ですから・・・・)

皆様にとって、少しでもアドバイスになる事を祈って・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

富士登山報告!!6

無事にPM4:00頃下山しました。
浜松へ帰ります。

富士登山報告!!5

下山は、ルートを変えています。
下りは、膝に厳しいですね!笑

富士登山報告!!4

登頂成功しました。

富士登山報告!!3

九合五勺に辿り着きました。
さあ!今からが正念場です。

富士登山報告!!2

八合目まで来ました。
富士登山はかなりキツイ!笑

富士登山報告!!1

只今新七合目を過ぎて、元祖七合目に到着しました。
標高3010mです。

Ultra-Trail du Mont-Blanc®に刺激を受けて急遽富士登山決定!

8月31日(火)急ですが、富士登山を決行します。

突然の誘いから始まりました。

「31日富士登山を一緒に行きませんか?」・・・・・・・と

誘い主は・・・・・・・・オグショー営業佐々木君!!

彼は、アウトドア大好き人間で、すでに富士山も何度か登頂しています。

何故?また?・・・・・・・・「たまたま8月最終日が、定休日だったんです!」・・・それだけ?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・


突然で・・・・・・不安7割・・・・楽しみ2割・・・期待1割・・・・・・・でも、これも縁かな!・・と

・・・・・・・という訳で、富士登山決定!!

ネット検索して、あっぱれ!富士登山を参考に準備をする事にしました。

ベテラン佐々木は準備万端ですが、僕は・・・・・・・モノマネ!泣

なめちゃいけない富士登山に突然行くことになりましたが、楽しんできます。

出来るだけライブ報告出来たらと思っています。

お楽しみに!!