無事にラリーモンゴリア2012より帰国しています。

ずいぶんとご無沙汰をしてしまっているブログです。

本当に申し訳なく思っています。

2012ラリーモンゴリアへ行って来ました。

結果は・・・・・・・

2輪総合6位 クラス3位と言う個人成績の他に・・・・・

何と・・・・チーム優勝のおまけつきで締めくくる事が出来ました。

今回は、準備段階から「もう無理かもしれない」・・・と何度も思いましたが、
諦めず出場して本当に良かった!

成績もさる事ながら、大変貴重な経験をさせて頂きました。
これについては、レースを振り返る内容の時に書かせて頂くとして
今回はお礼までとさせて頂きます。



チーム優勝を果たした素晴らしきメンバーです。

それぞれブログにて報告していますので、紹介します。

向かって左側が、BAJA1000でパートナーとして出場予定なのに
怪我をして僕をアイアンマンにしてくれた・・・・・・

ガンスミスバトン大塚選手

向かって右側は、モタード時代のライバルである佐野新世選手

この2人の選手と組んだおかげでとっても刺激のある楽しいラリーになりました。



毎日チーム員が揃う事に喜びを感じる事も出来ました。



サリーちゃんのパパ状態なのに帰って来て笑いが絶えませんでした。笑




雷雨の中カッパも着ないで走って来て到着するも着替えのバッグが無くて
シーツを巻きつけて食事もしました。
これには、ラリー参加の日本人モンゴル人全員が笑いのウズにハマりました。

今はちょっと人気者状態なのでまた徐々に思い出しながらラリーを振り返って行きますので、気長に待って下さい。

みなさん応援ありがとうございました。

あっ!そうそう。
このバナーのおかげでパワー貰ってました。
スタッフ一同に感謝感謝です。




もちろん家族の応援もブログを見てくれていた皆さんもFacebookの友達にも勇気を頂きました。

本当にありがとうございました。

元世界チャンピオンのエリック・ゲボスさん

昨日は元世界チャンピオンのエリックゲボスさんと楽しいひと時を過ごさせて頂きました。

1980年代5回の世界チャンピオン!
しかも3クラス制覇の偉業を達成した選手です。





生きてて良かった~~~!

エリック・ゲボスさんの偉業はここから!

2012 ラリーモンゴリアに出場します。

ラリーモンゴリア2012へ出場します。



準備はすでに進んでいて先日バイクと荷物が旅立って行きました。

最近はFacebookばかりにUPしちゃっていますので、

ブログを楽しみにされている方には申し訳なく思っています。

そこで見れるのかな?小栗のFacebookはこちら!



主催者のビデオにも登場しています。2分34秒からです。

主催はSSERという日本の団体です。

是非見て下さい。

ロン・キンダーとの再会

1980年代
モトクロスに熱中していました。

そんな記憶の中にロン・キンダーと言うアメリカ人ライダーがいました。


彼は中部の春日井を中心に全日本を戦うプロライダーでしたが、
愛知弁を使い陽気な楽しいライダーで、僕のような駆け出しのライダーにも気さくに接してくれていました。

僕が国際A級になった時と時を同じくしてハワイへ帰国。

そのまま連絡が取れなくなってしまいました。

時は流れて・・・・・・・・・

このブログに書き込みが!

「今ロンが日本に来ています。」・・・と

早速連絡を取らせてもらいました。

彼も僕の事を憶えていて、昨夜ついに再開する事が出来たんです。

お互い10代だった昔を思い出し、当時の話をしました。

自分でも忘れてしまっている事を話しているうちに思いだし笑っちゃいます。

ネットを通じて連絡が取れて25年程の時を経て再会出来るチャンスに恵まれて幸せな時間を過ごす事が出来ました。

この時間を作らせてもらうのに家族、会社のスタッフの協力があった事は言うまでもありません。感謝感謝です。

お互いに顔が老けちょっとワイドになったけど、元気に頑張っている事が確認出来て最高な時間でした。

今度は当時のライダーをもっと集めて盛大に盛り上がる夢を語り合って別れました。

またいつの日か!再会しましょうね!ロン。

小栗家 次女 聖菜(せな)小学校卒業~~~!

3月16日 小栗家次女の聖菜(せな)の卒業式に参加して来ました。

あっと言う間の小学校でした。(父親談)笑

仕事にレースに一生懸命だった間に大きくなったと改めて思いました。

ランドセルが歩いている様にしか見えなかった入学式を思い出します。



人数が少ない小学校ならではですが、卒業証書を手にした後
一人一人が自己宣言を大きな声で発表します。



かなり感動的でした。

一人では何も出来ないと思っていた子が・・・・



後輩たちとの最後の言葉の掛け合いもとっても大きな声でまたも感動~~。




記念撮影は忘れません。

「大きな夢を持って未来を歩いて行ってね!」

これからも見守って行きます。