200系ハイエースカスタム、キャンピングカーの製造・販売、福祉車両・移動販売車・特殊用途車・トランスポーター・オーダーメイドキャンパー、各種パーツ販売・取り付け etc...

持込200系ハイエースS-GLをローダウン

2017年10月27日
車両持込によるローダウンをしました。


持ち込んで頂いた車両は200系ハイエースS-GLです。



グレードによって足回りの形式が変わるクルマではないのでいつもと同じように「ローダウンブロック」「フロントバンプストップ」「リヤバンプストップ」「トーションバー調整」で今回はLEDヘッドラップ装着車だったのでレベリング補正ブラケットを追加施行でした。



純正オプションのディスチャージヘッドランプ、LEDヘッドランプを装備している車両には必需品となるレベリング補正ブラケットです。取付けしなくてもローダウンは出来ますが、ヘッドライトの光軸が下向きに調整されてしまうので運転に支障が出ないように組込みます。

ローダウン後の車検について相談を受けることがあります。法律と車検場の見解に開きがあることでもあり心配されるオーナー様も多いのかと思いますが、不安であれば構造変更してしまうことをお勧めします。○○㎜のブロックなら大丈夫ですか?と聞かれても施工後に実測しないと判断出来ず、それで大丈夫でも民間車検場の判断でダメになってしまうことも多々あるので国のお墨付きをもらうのが一番確実で間違い有りません。登録地が遠方だと持込費用が高くなりますが関東圏であれば手放すまでのブロック着脱費用と比較すればコストを抑えることが出来るので長く乗る車両であれば構造変更をお勧めします。