建設機械/農業機械用特殊アタッチメントの設計・開発・製作、建械/農械部品の販売・レンタル、中古販売・買い取り、整備・修理・メンテナンス

草刈りハンマーナイフモア カッターシャフト部振動(ブレ)対策

2016年8月24日
草刈りハンマーナイフモア カッターシャフト振動(ブレ)対策

今回は草刈りハンマーナイフモアのメンテナンスについてご紹介いたします。

20160802-0370

お客様からのご相談の中でも多いのはシャフトの振動(ブレ)についてです。

「最近振動が大きくなってきた」
「使用中にぶつけてしまい、それから振動が起きはじめた」
「ちゃんと修理をしたのに振動が止まらない」
などなど

わたしたちもモアの中古販売や使用を通じ、いろいろな修理やトラブルを経験してきました。振動もその内のひとつです。

まずはカッターシャフトの主な呼称です。

img004

刃は機種により取付枚数は様々ですが、きちんと計算された上でシャフト本体にブラケットが溶接され刃をボルトナットで固定するという仕組みです。

今回は振動の原因を絞る方法をご紹介します。

【原因1】モア刃
点検時にモア刃の欠けや極端な損耗を見つけて交換した。それ以降振動が起きるようになった

新品刃と損耗刃が極端に偏って取付けられたりすると左右のバランスが崩れ振動が起きることがあります。

対処方法:刃の全数交換


【原因2】ブラケット
使用中激しくぶつかってしまい、ブラケットが取れてしまった。慌てて溶着をしてみたが振動が止まらない

前述の通りブラケット位置は計算された上で位置を決められています。たかが1個と思うかもしれませんが振動原因の多くはこのブラケットの再溶着不具合によるものです。

対処方法:ブラケットを新品の物と取り換える。取付位置は元々着いていた位置に近ければ近いほど、溶着時の肉盛り量も他のブラケットに近ければ近いほど振動は少なくなります。稀にブラケットが無いので似たような端材で作る方もいらっしゃいましたが、できれば重さも同一となる部品(1個から購入できます)を用意した方がいいと思います。


★★テスト★★
刃をすべて外しシャフトを回転させてみましょう。

刃を外し振動が起きない場合は上記のいずれか(両方)が振動の原因です。すべてのブラケット位置がおかしくないか、刃の損耗具合をチェックし交換する事で振動は収まります。

まずはこちらをお試しください。

もし、振動が止まない場合の対処方は別記事でご紹介いたします。



当社では…

ハンマーナイフモア用替刃 ZHM1510、ZHM1520、HMC1560、HM1560Kなど他機種対応
IMG_0454
替刃 ¥230円/枚(税別)
ボルトナットセット ¥130円/セット(税別)
ブラケット ¥2,000円/個(税別)

で販売しております。