障害者日本縦断駅伝 完結編 日本縦断本編スタートセレモニー

「障害者日本縦断駅伝」プロローグラン 仙台~八戸を走り終えて
WHO承認「運動器の10年」障害者日本縦断駅伝 日本縦断本編スタートセレモニー。


団長でもある、冒険家 風間深志氏の挨拶。




東日本大震災で被災した障害のある仲間たちにもタスキリレーに加わっていただき、日本国内において「運動器の10年推進活動」(WHO承認)を広くアピールし、「運動器の大切さ」を強く訴え、そして日本中の障害者が、日本中の皆さんに「がんばろう日本、僕らはひとつ」のエールを送り全国各地を駆け抜け、障害者を元気に、さらに日本を元気にするプロジェクトです。


田中哲也氏の挨拶。






サポートカー


サポートカー風間深志氏へOGUshowがサポートしているハイエースです。


合言葉「がんばろう日本、僕らはひとつ」


障害者(手・足・脊髄などの運動器の障害)が、自転車・車イスで東日本大震災の被災地となった仙台から八戸を巡って、北は北海道から南は沖縄まで「がんばろう日本、僕らはひとつ」のエールを送りながら3,000kmを走りタスキをつなぎます。






く( ̄△ ̄)ノガンバロォォォ!!

詳しくは 運動器の10年キャンペーン「障害者日本縦断駅伝」完結編 をご覧下さい


NEEDSBOXサポートアスリート:田中哲也(スキー・自転車)

NEEDSBOXサポートアスリート:田中哲也(スキー・自転車)関連記事はこちら