【構造装置の軽微な変更時の取扱いについて】NEEDSBOXスキッドバー


TUBE:ポリッシュ / PLATE:ブラスト


TUBE:ポリッシュ / PLATE:ブラック


TUBE:ブラック / PLATE:ブラスト


TUBE:ブラック / PLATE:ブラック



NEEDSBOXスキットバーは、当社で想定している装着状態においては「指定部品」に該当しておりますので、構造変更の必要は無く安心して車両に装着していただけます。

指定部品とは?
指定部品とは、自動車使用者の嗜好により、追加、変更等をする蓋然性が高く、安全の確保、公害の防止上支障がないものとされている自動車部品として、「自動車部品を装着した場合の構造等変更検査等における取扱いについて(依命通達)」(平成7年11月16日付け運輸省自動車交通局長通達自技第234号・自整第262号)に規定されており、この部品をボルトや接着剤などで装着する場合は、自動車検査証の記載事項の変更手続を行わなくても良いとされています。
ただし、「指定部品」であっても、これらの自動車部品を装着した自動車は、「道路運送車両の保安基準」に適合するものでなければなりません。

平成7年(1995年)11月22日に所謂規制緩和の一環として、使用過程における自動車について、軽微な変更となる自動車部品の取り付けについては、構造等変更に係わる諸手続きを簡素化されました。

■構造装置の軽微な変更時の取扱いについて
使用過程における自動車について、軽微な変更となる自動車部品の取り付けについては、構造等変更に係わる諸手続きを簡
素化し、平成7年11月22日から実施しました。この場合の軽微な変更とは、以下の2点となります




自動車部品を装着したときに寸法(長さ、幅及び高さ)及び車両重量が一定範囲内である場合。

指定する自動車部品(以下「指定部品」という。)を溶接またはリベット以外の取り付け 方法により装着した場合。

①②のどちらかに該当した場合は、諸手続きが不要となります。
上記が該当し、この場合には、諸手続きが不要となります。 なお、これらの軽微な変更となる自動車部品を装着した状態においても、道路運送車両の保安基準に適合していることが必要であり、これはユーザーの責任において管理していただくこととなります。

また、新規検査又は予備検査においては、検査時の状態で自動車の諸元を決定する従来どおりの取扱いとなります。

外装部品の装着に、上記①「一定範囲」は適用されるのか?
■上記の運輸省(当時)通達の②により、「指定部品」を装着する場合には①で規定する「寸法・重量」を超えても構造変更に係わる諸手続は不要です。

国土交通省ホームページ 自動車検査・登録ガイドより抜粋
参照URL:http://www.mlit.go.jp/jidosha/kensatoroku/kensa/kns05.htm
参考文献:道路運送車両の保安基準詳解(交文社刊) 
※一部改修・追記を加えています

※フロントスキッドバーへフォグランプを装着可能ですが、装着した場合ランプの保安基準に抵触しますので車検不可となります。ご注意下さい。
フォグランプについては道路運送車両法の強化により、平成18年以降の車両からフォグランプスイッチ等に点灯表示装置(フォグランプが点灯していることを示すランプなど)を備えなければならなくなりました。
また純正のフォグランプが設けられている車両に追加でフォグランプを装着すると、純正フォグランプと合わせて合計4ヶ装備される事になります。
道路運送車両法ではフォグランプ同時に3灯以上の点灯は不可とされており、3灯以上装着する場合はリレー等を介して同時点灯しないようにする必要があります。