トランスポーター・キャンピングカー専門店 トヨタハイエース/レジアスエース、モデリスタ、MRT 後付パーツ北海道地区対応店

東日本大震災から7年・・・

2018年3月11日
7年前の今日「2011年(平成23年)3月11日14時46分18秒」東北沖でマグニチュード9.0の巨大地震が発生し、波高10m以上、最大遡上高40.1mにも上る巨大な津波が押し寄せ、広大な範囲で被害が発生しました。

亡くなられた皆様へご冥福をお祈りするともに、被災された全ての皆様へ心よりお見舞い申し上げます。

今日、2018年3月11日で、東日本大震災の発生と、福島第一原発事故から7年を迎え、死者・行方不明者1万84341人、このうち2539人はいまだに行方不明のままです。
2018年2月13日時点で、福島第1原発事故による放射能汚染のために強制的に避難されられた方を含む避難者数は7万3349人となっています。(北海道内への避難1818人)
その内、福島県の避難指示地域のある7市町村で約6万4000人(自主避難者を含む)の方が今現在も避難しています。

そしてもうひとつ…
避難生活の疲労や環境の悪化などによって、病気にかかったり、持病が悪化して亡くなったり、自らの命を絶ってしまった人たち「災害関連死」に認定されたのは、2017年9月30日までに3647人と報告されています。
その中でも突出しているのが福島県の2202人。福島県での震災での死者・行方不明者数1810人を上回ってしまっています。早稲田大学の調査では原発事故で故郷を離れた人たちの47%が心的外傷後ストレス障害(PTSD)の可能性が有るともいわれています。


「東京電力福島第一原子力発電所」 2018年1月撮影


「福島第二原子力発電所」 2018年1月撮影


浮体式洋上風力発電設備「ふくしま浜風」 2018年1月撮影

被災地以外の地域では年に一度の今日3月11日にしかメディアで大きく取り上げられませんが、東日本大震災で起きた事故、7年が経過した今現在も継続されている問題を改めて考え直さなくてはいけません。
まだ復興へむけての道のりはこれからです。

「支援はブームじゃない」