トランスポーター・キャンピングカー専門店 オグショー北海道代理店

東京オートサロン2019出展車両 CT-9 青森県初上陸!

2019年4月27日
青森トヨペット青森南店隣(旧 T-UPスケート場前店)に新しく誕生するハイエース専門店
2019年5月4日・5日・6日に開催される「ハイエースガレージ」オープニングフェア






東京オートサロン2019 出展車両
200 HIACE NEEDSBOX CT-9 出展決定!












NEEDSBOX CT-9 EXTERIOR CONCEPT
東京オートサロン2019 200HIACE NEEDSBOX CT-9 エクステリアは、過去数年間はボディリフトを突き詰めて足回りの開発を進めて完成させてきましたが、東京オートサロン2019ではその開発技術を生かして、乗車性や改造費等も考えてボディリフトはせずに、あえてノーマル車高(フロント)でワイルド感を出した4WDを提案しました。
あらゆる路面状況の走破性能を考え、なおかつオンロードのロングドライブの運転性能も考えて開発したリフトアップシャックルと、今年発売予定の「JAOS BATTLEZダンパー VFシリーズ 200系ハイエース用」とのマッチングも考えながら完成した4WDと1BOXを融合させたハイエースです。

数年前から弊社で提案してきた、ファッション的なリフトアップではなく、オールテレーン(スノー、ダート、マット、オンロード)の走破性を両立した「NEEDSBOX All-Terrain 4×4」の足回りのコンセプトをそのままに、デザイン性、実用性、機能性、走破性、を両立させたNEEDSBOXから新しく提案する「4WD STYLE」です。
エクステリアは「JAOS × NEEDSBOX」のパーツを装備して本物の「ヨンク × ワンボックス」の商品化を進めていきます。


NEEDSBOX CT-9 INTERIOR CONCEPT
東京オートサロン2019 200HIACE NEEDSBOX CT-9 インテリアは、200系ハイエースキャンパー特装車(スーパーロングハイルーフワイドボディ)をベースに、実際に使えるキャンピングカー設備(ギャレー、コンロ、テーブル、etc)を搭載し、8ナンバー9人乗りという魅力的な内容で、尚且つカーゴスペースも充実しトランスポーターの性能を損なわず、キャンピングカーとトランスポーターを両立した車内レイアウトのコンプリートモデル「NEEDSBOX CT-9」をベースに、オプションのフルトリム、LEDスポットライト、サブバッテリーシステム、FFヒーター、等を装備し、現在開発中の 高さ調整付き OGUshow ESツインアタッチメント(プロトタイプ)を取付して、SUP、ロッドを絶妙に積載してハイルーフの空間を有効活用した提案をしました。
【快適に「座る」「寝る」「積む」そして「楽しむ」というコンセプト】がシンプルに伝わって頂けるようにマネキンを2体設置してレイアウトしています。


200 HIACE NEEDSBOX CT-9 青森県初上陸!

沢山のご来場をお待ちしています!


>>青森トヨペット ハイエースガレージ オープニングフェア 情報一覧はこちらをご覧ください