トランスポーター・キャンピングカー専門店 オグショー北海道代理店

Toyota Motor Thailand 「マジェスティ」を発表!

更新日:2019年8月31日
<2019年8月30日 追記>


トヨタ自動車のタイ現地法人であるToyota Motor Thailandが、2019年8月16日に「バンコク・インターナショナル・グランド・モーター・セール2019」にて、200系ハイエース ベンチュリーの後継モデル新型ミニバン「マジェスティ」を発表しました。
すでに台湾で発売されている「グランビア」と同じベース車両のようです。


MAJESTY(マジェスティ)を検証!

ベンチュリー(200系ハイエース時代)の後継モデルという発表でしたが、ベンチュリー時代よりグレードアップをしてアルファードのサイズを大きくした、ビックワゴンという感じです。タイではロング・ハイルーフをコミューター(14人乗り)、ショート・標準ルーフをハイエース、高級仕様のワゴンはマジェスティ、とグレードではなく違う車種として販売されています。

グレードは「Grande」「Premium」「Standard」という3種類がラインアップされています。

・Standard 1,709,000 Baht 日本円で約593万円
・Premium 1,899,000 Baht 日本円で約659万円
・Grande 2,199,000 Baht 日本円で約763万円
(2019年8月)

ボディサイズはHIACE「ショート・標準ルーフ」と同じで
全長5,265mm x 全幅1,950mm x 全高1,990mm


ボディカラーはブラックマイカとホワイトパールの2種類


ホワイトパールはオプション(15,000 Baht)


6AT


エンジンは「1GD-FTV」ディーゼルターボ


足回りは、ロング・ハイルーフをCommuter(コミューター)や、ショート・標準ルーフをHIACE(ハイエース)と違いリアもコイルスプリングになっています。


タイヤサイズは 235/60R17 と16インチから17インチにインチアップされています。


LEDヘッドランプ


LEDテールランプ


ドアミラーウインカー


オートエアコン


パワースライドドア※Grande、Premium、に標準装備

















画像には無いですがプッシュ式スタートのスマートキーが標準装備されているようです。
コミューターと比べると、リアの足回りをコイルスプリングにして乗り心地も良くして、内装、外装の装備も充実させてVIP送迎用ワゴンになっています。









カタログのページ数も多く、ワンランク上のVIPワゴンというのが伝わってくる内容です。

台湾で発売されたグランビアは左ハンドルでしたので、もしも同じようなタイプが日本で発売されるなら、タイで発売されたマジェスティが一番近い感じかもしれません。
しかし…
2WD(FR)の設定しか無いので、もしも日本で販売される際には4WDの設定がされることを願いたいです…。

<2019年8月30日 追記>

また詳しい情報が入りましたらご紹介していきます。

Toyota Motor Thailand ホームページ参照