下回り 防錆 塩カル 対策 200系ハイエース

ハイエースタイヤハウス加工 下回り防錆加工クリアーアクリル樹脂塗装


200系ハイエース標準ボディS-GL4WD NEEDSBOX BRAVO! Edition
HIACE Suspension System Upgrades Project
Second Edition!!



今までに装着したことが無いホイールのサイズとオフセットでしたが、タイヤハウス、バンパー加工も無事に終了。
タイヤハウスの加工を終えてタイヤハウスを黒に塗装します。


乾燥中…

タイヤハウスの塗装が乾燥後に塩カル対策下回り防錆加工クリアーアクリル樹脂塗装を施工します。


>>東京オートサロン2016 TOKYO AUTO SALON 2016 情報一覧はこちら

新車マークX 下回り防錆加工クリアーアクリル樹脂塗装


当社でご購入して頂いた、新車マークX PREMIUMが入庫しました。


塩カル対策下回り防錆加工
クリアーアクリル樹脂塗装
新車なのでクリアー塗装しています。
今年も問題の大量の融雪材(塩化カルシウム)が散布されます。
高速道路や峠を走った後は下回り洗車をしましょう!


塩化カルシウムとは?
塩化カルシウムは海水など自然環境の中に広く存在する毒性の少ない物質として知られている。しかし、家庭用の吸湿剤を使えばタンクの中に高濃度の塩化カルシウム水溶液がたまるようになっているし、前述の融雪剤として断続的に塩化カルシウムを使うことによる害について知っておく必要がある。

吸湿剤のタンクにたまった液が皮革製品に接した場合、表面が侵される。吸湿剤は皮革製品を含む衣類を収納している場所に設置するのが常なので、吸湿剤を交換するとか、衣類の出し入れの際にタンクを倒さないように配慮する必要がある。同時に、子供が誤飲することのないように設置場所を工夫したり、事前に注意しておくことも大切である。

融雪剤として撒布された塩化カルシウムは周辺の植生にとって有害である。都市内の道路のように周辺に植生のない場所なら問題ないが、山間部などでは必然的に塩化カルシウムの撒布が多頻度で行われるため、土壌における塩化物イオンの量が過剰となり植生が衰退傾向を見せることもある。 塩化物イオンは、鉄筋コンクリートに対しても悪影響がある。これらの弊害については塩害の記事を参照されたい。

また、道路の融雪・凍結防止目的で撒布された塩化カルシウムは水溶液となり、その上を車両が通行する際にしぶきとなり、自動車の車体や車輪に付着して、早期腐食や早期劣化の原因となる。塩化カルシウムが撒布された(とおぼしき)道路を通行した場合は、速やかに洗車することが望ましい。頻繁に通行する場合は、あらかじめマリン用品として出回っている塩害防止スプレーを噴霧しておくなどの予防策が有効である。さらに、素手で塩化カルシウムを撒くのは皮膚炎の原因となりうる。特に雪などで皮膚がぬれている場合は注意したい。水分を遮断できる手袋を着けて撒くのが最適である。

下回り防錆加工クリアーアクリル樹脂塗装




下回り防錆加工クリアーアクリル樹脂塗装をする前に・・・
タイヤハウス、下回りを洗浄した後に綺麗にふき取ってから塗装します。



融雪材 塩化カルシウム(エンカル)とは?

塩化カルシウムは海水など自然環境の中に広く存在する毒性の少ない物質として知られている。しかし、家庭用の吸湿剤を使えばタンクの中に高濃度の塩化カルシウム水溶液がたまるようになっているし、前述の融雪剤として断続的に塩化カルシウムを使うことによる害について知っておく必要がある。

吸湿剤のタンクにたまった液が皮革製品に接した場合、表面が侵される。吸湿剤は皮革製品を含む衣類を収納している場所に設置するのが常なので、吸湿剤を交換するとか、衣類の出し入れの際にタンクを倒さないように配慮する必要がある。同時に、子供が誤飲することのないように設置場所を工夫したり、事前に注意しておくことも大切である。

融雪剤として撒布された塩化カルシウムは周辺の植生にとって有害である。都市内の道路のように周辺に植生のない場所なら問題ないが、山間部などでは必然的に塩化カルシウムの撒布が多頻度で行われるため、土壌における塩化物イオンの量が過剰となり植生が衰退傾向を見せることもある。 塩化物イオンは、鉄筋コンクリートに対しても悪影響がある。これらの弊害については塩害の記事を参照されたい。

また、道路の融雪・凍結防止目的で撒布された塩化カルシウムは水溶液となり、その上を車両が通行する際にしぶきとなり、自動車の車体や車輪に付着して、早期腐食や早期劣化の原因となる。塩化カルシウムが撒布された(とおぼしき)道路を通行した場合は、速やかに洗車することが望ましい。頻繁に通行する場合は、あらかじめマリン用品として出回っている塩害防止スプレーを噴霧しておくなどの予防策が有効である。さらに、素手で塩化カルシウムを撒くのは皮膚炎の原因となりうる。特に雪などで皮膚がぬれている場合は注意したい。水分を遮断できる手袋を着けて撒くのが最適である。

ドイツ製コンサベーションワックス アンダーコーティング

200系ハイエースワイドS-GL4WD NEEDSBOX Type-X Collaboration with PeakPerformance
パーツインプレッション


当社でも初施工で実験的に200系ハイエースワイドS-GL4WD NEEDSBOX Type-Xには下回り専用のドイツ製コンサベーションワックスを吹きつけています。
【NEEDSBOX Type-Xアンダーコーティング施工の様子】




東京オートサロン会場搬入前の洗車時にも「コーティング何を使っているんですか?凄い撥水ですね」
とスタンドの方からも高評価を頂き期待は膨らみます・・・
【東京オートサロン搬入前の洗車の様子】

実際に体験したのは宮城県仙台市から青森県青森市へ北上中の
2012東京オートサロン出展車輌 200系ハイエースワイドS-GL4WD NEEDSBOX Type-X
移動日がニュースでも記録的な大雪で青森県で数百台が立ち往生と話題になっていた前日の2月1日・・・


宮城県仙台市から岩手県安比高原までの道のりは、高速道路→一般道→高速道路→一般道と通行止めになるくらいの大雪の道路を約10時間程走っていたのでいつものクセでタイヤハウスの雪を落とそうと思ったら・・・


タイヤハウスには雪が付着していませんでした。
気温がさほど低くなかったので凍りつく前に綺麗に落ちたのだと思います。
今回初施工の「ドイツ製コンサベーションワックス」の性能を体感できました。


青森市へ到着した翌日の朝にタイヤハウスを見てみると、下回りが永遠にこするくらいの雪道を走行してきたので、さすがに雪が付着して固まりになっていました。


しかし・・・軽く触ると雪の固まりが綺麗に取れました。

東北地方は北海道と比べて気温が高いのでタイヤハウスや下回りに付着する度合いが違うと思いますので引き続き「ドイツ製コンサベーションワックス」テストを続けていきます。


≫ 2012東京オートサロン <TOKYO AUTO SALON 2012 with NAPAC> 情報一覧はこちら

ドイツ製コンサベーションワックス アンダーコーティング

2012東京オートサロン出展車輌 200系ハイエースワイドS-GL4WD NEEDSBOX Type-X


岩手県「安比高原スキー場」入り口のコンビニで休憩中にスキー場関係者の方やスキーヤーの方にお声をかけられてトランスポーターについて色々なお話をさせて頂きました。
その時に気が付いたのですが・・・
宮城県仙台市から岩手県安比高原までの道のりは、高速道路→一般道→高速道路→一般道と通行止めになるくらいの大雪の道路を走っていたのでいつものクセでタイヤハウスの雪を落とそうと思ったら・・・


タイヤハウスには雪が付着していませんでした。
気温がさほど低くなかったので凍りつく前に綺麗に落ちたのだと思います。
今回初施工の「ドイツ製コンサベーションワックス」の性能を体感できました。


青森市へ到着した翌日の朝にタイヤハウスを見てみると、下回りが永遠にこするくらいの雪道を走行してきたのでさすがに雪が付着して固まりになっていました。


しかし・・・軽く触ると雪の固まりが綺麗に取れました。

引き続き「ドイツ製コンサベーションワックス」インプレを続けていきます。

NEEDSBOX Type-Xアンダーコーティング施工について詳しくはこちら


≫ 2012東京オートサロン <TOKYO AUTO SALON 2012 with NAPAC> 情報一覧はこちら

下回り防錆加工クリアーアクリル樹脂塗装




新車200系ハイエース標準ボディS-GL4WD
塩カル対策下回り防錆加工
クリアーアクリル樹脂塗装
フロアーも全てクリアー塗装しています。


ブラック塗装も有りますが新車時1回目はクリアー塗装を施工しています。


新車ワゴンR塩カル対策下回り防錆アクリル樹脂クリアー塗装


当社でご購入頂いた新車ワゴンRが入庫しました。


塩カル対策下回り防錆加工
クリアーアクリル樹脂塗装
新車なのでクリアー塗装しています。
今年も問題の大量の融雪材(塩化カルシウム)が散布されます。
高速道路や峠を走った後は下回り洗車をしましょう!


塩化カルシウムとは?
塩化カルシウムは海水など自然環境の中に広く存在する毒性の少ない物質として知られている。しかし、家庭用の吸湿剤を使えばタンクの中に高濃度の塩化カルシウム水溶液がたまるようになっているし、前述の融雪剤として断続的に塩化カルシウムを使うことによる害について知っておく必要がある。

吸湿剤のタンクにたまった液が皮革製品に接した場合、表面が侵される。吸湿剤は皮革製品を含む衣類を収納している場所に設置するのが常なので、吸湿剤を交換するとか、衣類の出し入れの際にタンクを倒さないように配慮する必要がある。同時に、子供が誤飲することのないように設置場所を工夫したり、事前に注意しておくことも大切である。

融雪剤として撒布された塩化カルシウムは周辺の植生にとって有害である。都市内の道路のように周辺に植生のない場所なら問題ないが、山間部などでは必然的に塩化カルシウムの撒布が多頻度で行われるため、土壌における塩化物イオンの量が過剰となり植生が衰退傾向を見せることもある。 塩化物イオンは、鉄筋コンクリートに対しても悪影響がある。これらの弊害については塩害の記事を参照されたい。

また、道路の融雪・凍結防止目的で撒布された塩化カルシウムは水溶液となり、その上を車両が通行する際にしぶきとなり、自動車の車体や車輪に付着して、早期腐食や早期劣化の原因となる。塩化カルシウムが撒布された(とおぼしき)道路を通行した場合は、速やかに洗車することが望ましい。頻繁に通行する場合は、あらかじめマリン用品として出回っている塩害防止スプレーを噴霧しておくなどの予防策が有効である。さらに、素手で塩化カルシウムを撒くのは皮膚炎の原因となりうる。特に雪などで皮膚がぬれている場合は注意したい。水分を遮断できる手袋を着けて撒くのが最適である。

新車アルト下廻りりクリアーアクリル樹脂塗装

当社でご購入頂いた新車アルトが本日入庫しました。


納期が非常にかかってしまい大変ご迷惑をお掛けしているので急いで納車準備を進めていきます。


新車アルトのクリアーアクリル樹脂塗装の施工準備中・・・

メーカー問わず新車・中古車の販売もしていますのでお気軽にご相談下さい。

新車RAV4下廻りりクリアーアクリル樹脂塗装

当社でご購入頂いた新車RAV4がメーカーから入庫しました。


新車RAV4のクリアーアクリル樹脂塗装の施工準備中・・・
メーカー問わず新車・中古車の販売もしていますのでお気軽にご相談下さい。

新車ヴィッツ下周りクリアーアクリル樹脂塗装




新車ヴィッツのクリアーアクリル樹脂塗装をしました。
メーカー問わず新車・中古車の販売もしていますのでお気軽にご相談下さい。

NEEDSBOX 4WHEELS PLUS+ NVSITEはこちら