200系ハイエース リアゲートアップダンパー

ノーマルのリアゲートより約17cmアップ リアゲートアップダンパー


COMPASS HOUSE NEEDSBOX HR-9 HIACE
ノーマルのリアゲートより約17cmアップしています。


ウインターシーズンはあまり効果を発揮できませんが、自転車を積載する時には大活躍!


200系ハイエース用 ゲートアップダンパー:マイルド タイプ
ノーマルダンパーより少し強く設定してあります。気温24度程度で、ノーマルゲートよりプラス1kgの重さが目安です。
気温が低い地域では、こちらがお勧めです。


>>COMPASS HOUSE NEEDSBOX HR-9 HIACEスペックはこちらをご覧ください

200系ハイエース リアゲートアップダンパー

2011東京オートサロンデモカー 200系ハイエースNEEDSBOX Type-X パーツインプレッション
でご紹介しました
200系ハイエースリアゲートアップダンパー


リアゲートを開けて並んでいる200系ハイエーススーパーロングハイルーフ。
手前がリアゲートアップダンパー装着車両で奥2台が未装着車両です。
リアゲートが大きく開くので荷物の積載時にも便利で開放感も違います。


リアゲートアップダンパー
■ナロー/標準ルーフ 約14cmアップ
■ワイド/ミドルルーフ 約30cmアップ
■ワイド/ハイルーフ 約17cmアップ
※上記寸法 気温、重さは、参考値です。アップ寸法は、お車により前後します。ご了承願います。
※ゲート上部にリヤスポイラーを装着している車両はゲートが高く上がりますので、スポイラーがボディに緩衝する場合があります。
※当商品は、ノーマルダンパーと同じ構造のガス式ダンパーです。ガス式ダンパーの構造上気温により強さが変化します。ご了承願います。
200系・ハイエース/レジアスエース専用
★ゲートが高く上がっても閉めやすいようにエクステンションバンド付です

リアゲートアップダンパーの硬さは3種類
■ゲートアップダンパー:スタンダード ソフト タイプ
ノーマルダンパーと同等~。少し弱めに設定してあります。
開け閉めが楽に出来ますが、寒冷地等では、充分に上がらない場合があります。
エクステンションバンド付。
・ナローボディ 標準ルーフ
 ¥32,550(税込)
・ ワイドボディ ミドルルーフ
 ¥34,650(税込)
・ワイドボディ ハイルーフ(スーパーロング)
¥39,900(税込)

■ゲートアップダンパー:マイルド タイプ
ノーマルダンパーより少し強く設定してあります。
気温24度程度で、ノーマルゲートよりプラス1kgの重さが目安です。
気温が低い地域では、こちらがお勧めです。
エクステンションバンド付。
・ナローボディ 標準ルーフ
 ¥34,650(税込)
・ワイドボディ ミドルルーフ
 ¥39,900(税込)
・ワイドボディ ハイルーフ(スーパーロング)
 ¥42,000(税込)

■ゲートアップダンパー:スーパーハード タイプ
リヤゲートが、オーディオや、キャンピングカー等で重く改造した車用です。
気温24度程度で、ノーマルゲートよりプラス5kgの重さが目安のハードユーザー向けです。
エクステンションバンド付。
※ノーマルゲートのままでは、危険なので装着しないで下さい。(数量限定品)
・ナローボディ 標準ルーフ
 ¥37,800(税込)
・ワイドボディ ミドルルーフ
 ¥42,000(税込)
・ワイドボディ ハイルーフ(スーパーロング)
 ¥43,050(税込)

※上記送料取付費別途

通常であれば「ゲートアップダンパー:マイルド タイプ 」がお勧めです。

200系ハイエース リアゲートアップダンパー

2011東京オートサロンデモカー 200系ハイエースNEEDSBOX Type-X パーツインプレッション


東京オートサロン終了後の記念撮影!
を見せたいわけではなく・・・
この画像を見て200系ハイエースミドルルーフを乗っている方は違和感を感じると思います。
写真左のスプラウト上林社長の身長は約180cm・・・


上記写真を見てわかるとおりリアゲートがノーマルより上がっています。
色々なイベントで展示する際に背が大きい方は頭がぶつかって危険なのと内装が見やすいようにリアゲートを上げています。


ゲートアップダンパー装着車と未装着車を並べてみると一目瞭然!
ワイドミドルルーフでリアゲートが約30cm上がるのでリアゲートを閉める際は少し大変ですが、荷物の積み降ろしやバイクなどの積載時は非常に便利です。


リアゲートアップダンパー
■ナロー/標準ルーフ 約14cmアップ
■ワイド/ミドルルーフ 約30cmアップ
■ワイド/ハイルーフ 約17cmアップ
※上記寸法 気温、重さは、参考値です。アップ寸法は、お車により前後します。ご了承願います。
※ゲート上部にリヤスポイラーを装着している車両はゲートが高く上がりますので、スポイラーがボディに緩衝する場合があります。
※当商品は、ノーマルダンパーと同じ構造のガス式ダンパーです。ガス式ダンパーの構造上気温により強さが変化します。ご了承願います。
200系・ハイエース/レジアスエース専用
★ゲートが高く上がっても閉めやすいようにエクステンションバンド付です


リアゲートアップダンパーの硬さは3種類
■ゲートアップダンパー:スタンダード ソフト タイプ
ノーマルダンパーと同等~。少し弱めに設定してあります。
開け閉めが楽に出来ますが、寒冷地等では、充分に上がらない場合があります。
エクステンションバンド付。
・ナローボディ 標準ルーフ
 ¥32,550(税込)
・ ワイドボディ ミドルルーフ
 ¥34,650(税込)
・ワイドボディ ハイルーフ(スーパーロング)
¥39,900(税込)

■ゲートアップダンパー:マイルド タイプ
ノーマルダンパーより少し強く設定してあります。
気温24度程度で、ノーマルゲートよりプラス1kgの重さが目安です。
気温が低い地域では、こちらがお勧めです。
エクステンションバンド付。
・ナローボディ 標準ルーフ
 ¥34,650(税込)
・ワイドボディ ミドルルーフ
 ¥39,900(税込)
・ワイドボディ ハイルーフ(スーパーロング)
 ¥42,000(税込)

■ゲートアップダンパー:スーパーハード タイプ
リヤゲートが、オーディオや、キャンピングカー等で重く改造した車用です。
気温24度程度で、ノーマルゲートよりプラス5kgの重さが目安のハードユーザー向けです。
エクステンションバンド付。
※ノーマルゲートのままでは、危険なので装着しないで下さい。(数量限定品)
・ナローボディ 標準ルーフ
 ¥37,800(税込)
・ワイドボディ ミドルルーフ
 ¥42,000(税込)
・ワイドボディ ハイルーフ(スーパーロング)
 ¥43,050(税込)

※上記送料取付費別途

通常であれば「ゲートアップダンパー:マイルド タイプ 」がお勧めです。



製作の様子 ≫ 搬入の様子 ≫ 会場の様子
東京オートサロン終了後
関東地方巡業 ≫ 中部地方巡業 ≫ 東北地方巡業 ≫ 北海道巡業
出展デモカー 『 NEEDSBOX Type-X 』 の “パーツインプレッション!”

200系ハイエース リアゲートダンパーの違い


手前から
200系ハイエースグランドキャビン
200系ハイエースキャンパー特装車


リアゲートの上がり方が違います。
グランドキャビンに乗っていられる方でリアゲートの開き方にご不満の方はリアゲートダンパーを取り替えるとリアゲートの開く角度が変わります。

NEEDSBOX 4WHEELS PLUS+ NVSITEはこちら