ウインドフィルム・カーフィルム

熱反射フロントガラスCOATTECT(コートテクト)取付

IMG_0584 (2)
200系ハイエースS-GL標準ボディのフロントガラスを熱反射フロントガラスCOATTECT(コートテクト)に取替ました。

IMG_0577 (2)
熱反射フロントガラスCOATTECT(コートテクト)

COATTECT(コートテクト)とは?

about_img (1)
合わせガラスの内側に極薄の金属膜多層をコーティングしたガラスです。
この金属膜が赤外線を反射、中赤外線透過率を90%以上*1 *2 軽減し、断熱性能を確保します。

  • 1 メーカー測定値 *2 肌を刺激する「中赤外線域」(1,500〜2,100nm)

IMG_0572 (2)
金属膜のコーティングで赤外線を反射、赤外線透過率を大幅に軽減し、断熱性能を確保。
同じ熱反射タイプのPET方式と比較して、歪み中ゴミが少ないガラスです。
その機能は赤外線を反射するだけではありません。
肌に有害なだけでなく、インテリアの劣化を早める紫外線(UV)も99.9%カットします。
COATTECTは夏場は車外の熱を反射、冬場は車内の暖気を反射して快適な車内環境を実現します。

graph
70%以上の可視光透過率をクリア

glass_mark-1
国内JIS規格はもちろん、最も厳しいと言われている欧州規格(Eマーク)、 米国規格(ASマーク)など、世界各国の自動車ガラス規格に合格しており、安全性には少しの不安もありません。

point_image
GPS,TV,ANT,ETC対応用の受信部分を作成。
ガラス上部中央部のセンターバイザー部は金属コーティングをカットしていますので通信を妨げる事がありません。
ダッシュボード上(メーカー純正はインダッシュ)のGPSアンテナでも受信可能です。(※1)
地デジもバイザー部分でなくても受信は可能です。(※2)
注意)金属膜がある為に、受信感度の低下は必ずあります!予め、ご了承ください。
※1 アンテナの仕様及び個体差により、100%を保証するものではありません。
※2 地デジアンテナ(フィルムアンテナ)は、出来るだけバイザー内に設置することをお奨めいたします。
icon

200系ハイエース 「断熱スモーク」施工

「東京オートサロン2017」出展車両200系ハイエース標準ボディS-GL 4WD カーフィルム施工

IMG_0410 (2)
使用した遮熱プライバシーフィルムは、赤外線に対して吸湿性の高い金属酸化物ITO(酸化インジウムスズ)からなるセラミックを使用し、遮熱性能を高めています。 透明性も高く、長時間にわたって効果が持続します。
「断熱スモーク」とも呼ばれ、ITO系の赤外線吸収式IR層により高い断熱効果とプライバシー性を両立しています。

IMG_0417 (2)
今回使用した遮熱プライバシーフィルム性能※可視光線透過率は5種類の中から選ぶことが可能です。
可視光線透過率 20%
紫外線カット率 99%
赤外線カット率 92%

参考に…3mmの通常のガラス
可視光線透過率 91%
紫外線カット率 35%
赤外線カット率 13%


>> 「東京オートサロン2017」 の情報一覧はこちら

運転席・助手席 ドアガラス 透明遮熱フィルム施工

「東京オートサロン2017」出展車両200系ハイエース標準ボディS-GL 4WD カーフィルム施工

IMG_0405 (2)
運転席・助手席のドアガラスに透明遮熱フィルムを施工
使用した透明遮熱フィルムにはITO(酸化インジウムスズ)からなるセラミックを使用し、可視光線透過率が高く、前席ウィンドウへの施工が可能なフィルムです。
※車種によっては使用できない場合が有ります。
遮熱フィルムを施工することにより、ガラスの透明感や採光性を保ちつつ、目に見えない赤外線域を中心に日射を大幅に吸収、反射させることで、優れた遮熱性能を発揮し、車内の冷房効果を高めます。

IMG_0406 (2)
透明遮熱フィルム
可視光線透過率 89%
紫外線カット率 99%
赤外線カット率 90%
※可視光線透過率70%以上で運転席・助手席の窓に使用可能

参考に…3mmの通常のガラス
可視光線透過率 91%
紫外線カット率 35%
赤外線カット率 13%


>> 「東京オートサロン2017」 の情報一覧はこちら

200系ハイエース ウインドフィルムコーティング


新車200系ハイエース標準ボディS-GL4WDにウインドフィルムコーティングを施工しました。
ウインドフィルムはプライバシー保護だけでなく、断熱性能を高め車内の空調効率の向上や
UVカットなど、快適な車内環境の実現に大きく寄与します。


日本のカーフィルム市場でもクォリティの高さと共に信頼度が高い「WINCOS」カーフィルム
を採用しています。
顔料原着の特色として耐光性に優れ、10年近くも退色しない事と、赤外線カット能力に優れ
ている事が上げられます。
これは顔料と染料の違いによるもので、さらにハードコート層に無機質のIR剤を付加するこ
とにより、赤外線カット能力は他の着色系フィルムを圧倒するものとなっています。


WINCOSカーフィルム光学的性能


このグラフは、WINCOS HCN-70が紫外線を99%以上カット、熱として感じる近赤外線
を90%以上カットしながら、可視光線はほとんどカットせず、高い視認性を保っている
ことを示しています。


このグラフは、「皮膚の温度とブラックパネルの温度が、時間経過に伴い、どのように
上昇するのか」ということを表しています。
従来品もガラス単体と比べて多少の効果がある程度ですが、WINCOS の場合は
温度上昇を大幅に抑えており、効果は歴然です。


WINCOS(ウインコス)は、LINTEC(リンテック)社が世界の市場で培ったノウハウと
先端技術を駆使して完成させた、カーフィルム・ブランドです。
現在、一部のLEXUSやYANASEなどでも高級フィルムとして販売されはじめており、
ユーザーから注目を集めています。
WINCOS が注目される理由は、装着車に自然な高級感を与えつつ驚異の断熱性能
を発揮する、パフォーマンスの高さにあります。

200系ハイエース 断熱フィルム施工

スノーボード&仕事 200系ハイエースロングワイドS-GL4WD


高機能断熱カーフィルムを施工。
UVカットはもちろん、赤外線をカット。
通常のカーフィルムとは違います。

断面図

分光透過率グラフ

赤外線に対して、吸収性の高い金属酸化物ITO(酸化インジウムスズ)からなるセラミックを使用し、断熱機能を高めています。

NEEDSBOX 4WHEELS PLUS+ NVSITEはこちら