リアヒーターコントローラー/リアヒーター移設・取付 200系ハイエース

FFヒーター タイマー/コントローラー ベバコン-3 200系ハイエース

東京オートサロン2015出展車両 ハイエースワイドS-GLNEEDSBOX P-type1 Premium


ベバストFFヒーターATEvo2000標準装備の調整ダイヤル式を変更してオプションのオン/オフタイマー付FFヒーターコントローラー「ベバコン3」を装備しています。

FFヒーター用 コントローラー ベバコン-3 とは?
ベバストFFヒーター標準装備の調整ダイヤルは細やかな温度調節ができず、タイマー機能は別売りのコンビネーションタイマーにしか付いていません。タイマーは開始時間の設定しか行えないため、オフタイマー機能を持つコントローラーが待ち望まれていました。そのような要望に応えるために誕生したのが「FFヒーター・タイマーコントローラー ベバコン3」です。


「ベバコン3」は就寝時等にベッドから調整しやすいようにリア左側に装備しています。


ベバコン-3の特徴


【デジタル表示で細やかな温度設定が可能】
「UP」「DOWN」のボタンで1℃単位の温度設定が行えます。デジタル表示でお好みの温度が設定しやすくなっています。


【就寝時に便利なタイマー機能】
開始時間と停止時間を10分単位で設定出来るタイマー機能が付いています。タイマー設定中は時計マーク横のランプが赤く点灯します。デジタル部分の表示は「設定した時間後の動作」となっています。


スキー場などで帰りの時間前にタイマーをセットしておくと車内が暖まった状態で着替え等も可能で、凍った窓も融けていて帰りの準備もスムーズです。
冬などは毎朝決まった時間にタイマーをセットしておけば、毎朝エンジンスターター等でアイドリングをして車内を暖めなくても、自動的に車内はポカポカです。

>>Webastoエアヒーター用コントローラー WEBCON-3 Evo


4型ハイエースワイドS-GLNEEDSBOX P-type1 Premium CONCEPT SURF & SNOW情報一覧 はこちら

ハイエースオートエアコン用 オートリアヒーター 自動温度調整

東京オートサロン2015出展車両 ハイエースワイドS-GLNEEDSBOX P-type1 Premium


TRAVOIS リアヒーターコントローラー 200系ハイエース オートエアコン用

ハイエースに乗っている方ならピンとくるかと思いますが・・・
運転席からリアヒーターの調整が出来ない!?
そのような問題を解決してくれるパーツ「TRAVOIS リアヒーターコントローラー」
車内(リア)の温度を自動に感知をしてリアヒーター風量を自動調整をして車内の温度調整の自動化を可能にするTRAVOISリヤヒーターコントローラーを取付しました。

リアヒータのオート化!!

純正リアヒーターはマニュアル調整の風量3段階調整式ですがリアヒーターコントローラーは無段階で風量を変化させ快適な車内の温度を保つことが出来ます。
水温が上がるまでは自動でリアヒーターをOFFにして、水温が上がるのを検知して自動でリアヒーターをONにする寒冷地の方には非常に便利なリアヒーターコントローラーです。
※制御はリヤヒーターのみです。


※付属のコントロールカバーはシルバーですがブラックにペイントしています。

コントローラー本体と水温センサー、温度センサーはリヤヒーター本体に取付が基本となりますので、ヒーターカバーが外れないような架装(フロアー加工を含む)がされている車両はリアヒーター付近の架装しているパーツを全て外さなくてはいけなくなってしまいますので、架装前の取付をお勧めします。

>>TRAVOIS リアヒーターコントローラー 200系ハイエース オートエアコン用

【関連記事】


リアヒーターコントローラー


USBスイッチホールカバー


NEEDSBOX Ver 電装パネルセット


4型ハイエースワイドS-GLNEEDSBOX P-type1 Premium CONCEPT SURF & SNOW情報一覧 はこちら

オート温度調整TRAVOISリヤヒーターコントローラー


リアヒーターをオプション設定をしていない車両に取付したDENSO・WH20-R温水ヒーター


リアヒータースイッチは専用のヒータースイッチ(HI・LO2段階調整)ではなく、無段回にオートで温度調整をしてくれるTRAVOISリヤヒーターコントローラーを取付しました。
このスイッチを取付けることにより寒い季節も快適です。


<TRAVOISリアヒーターコントローラー動作説明>
1.エンジンを始動
2.リヤの空調スイッチをONにします
3.リヤヒーターコントローラーをご希望の温度にセットします
4.水温計が上がり冷却水が循環し始めます
※水温が上昇しないと動きません
5.リヤヒーターが動き始めリニアに強くなっていきます
6.ご希望の温度が近くなるとリヤヒーターの風量が少しずつ弱くなります
7.ご希望の温度になるとリヤヒーターの風量が弱い状態を維持します
8.ご希望の温度から車内の温度が下がると風量を強くして車内の温度を上げます

最終的には7と8の繰り返しで車内の温度を一定に保つように作動し、その全てを自動で制御します。
※風量も純正のように3段階ではなく「無段階」でリニアに調整。

200系ハイエース リアヒーター取付


リアヒーターをオプション設定をしていない車両にリアヒーターを取付しました。
FFヒーターを取付けるという方法も有りますが、コストパフォーマンスを考えてラジエーター温水(クーラント)を利用したヒーターを採用しました。


水平置・たて置・よこ置が可能でコンパクトに収まるヒーターで、ヒーターコアはインサートバンド付の耐圧構造、ブラケットは一体型の耐振構造、さらに安全性を考慮してヒーターコアやモータをケース内に収納されています。
2,340W(2,000kcal/h)と優れた暖房効果とデフロスタ効果を発揮するコンパクトなヒーターです。

【関連記事】


オート温度調整TRAVOISリヤヒーターコントローラー

200系ハイエース リアヒーターコントローラー


TRAVOISリヤヒーターコントローラー

<TRAVOISリアヒーターコントローラー動作説明>
1.エンジンを始動
2.リヤの空調スイッチをONにします
3.リヤヒーターコントローラーをご希望の温度にセットします
4.水温計が上がり冷却水が循環し始めます
※水温が上昇しないと動きません
5.リヤヒーターが動き始めリニアに強くなっていきます
6.ご希望の温度が近くなるとリヤヒーターの風量が少しずつ弱くなります
7.ご希望の温度になるとリヤヒーターの風量が弱い状態を維持します
8.ご希望の温度から車内の温度が下がると風量を強くして車内の温度を上げます

最終的には7と8の繰り返しで車内の温度を一定に保つように作動し、その全てを自動で制御します。
※風量も純正のように3段階ではなく「無段階」でリニアに調整。


後部座席からも調整しやすいようにコンソールボックスに取付しました。
リアヒーターの温度調整がオートになるので後部の温度管理がしやすくなります。
リアヒーターコントローラーの取付は純正リアヒーターを脱着しなくてはいけませんので内装製作前の施工をお勧めします。

'4WHEEL PLUS FISHING'
Fishing Gear(釣り道具)を車にプラスしてフィールドへ行こう!
200系ハイエースキャンパー特装車4WD NEEDSBOX CP-9

200系ハイエース リアヒーターコントローラー


4WHEELS PLUS FRISBEEDOG
ケージを車にセットしてフリスビードッグへ行こう!
新車200系ハイエースキャンパー特装車4WD NEEDSBOX HR-8

TRAVOISリヤヒーターコントローラー
後部座席からも調整しやすいようにコンソールボックスに取付しました。
リアヒーターの温度調整がオートになるので後部の温度管理がしやすくなります。
フリスビードッグの遠征時はリアにケージを固定して移動するのでカーゴスペースの温度管理が重要です。
リアヒーターコントローラーの取付は純正リアヒーターを脱着しなくてはいけませんので内装製作前の施工をお勧めします。


TRAVOISリヤヒーターコントローラー

<TRAVOISリアヒーターコントローラー動作説明>
1.エンジンを始動
2.リヤの空調スイッチをONにします
3.リヤヒーターコントローラーをご希望の温度にセットします
4.水温計が上がり冷却水が循環し始めます
※水温が上昇しないと動きません
5.リヤヒーターが動き始めリニアに強くなっていきます
6.ご希望の温度が近くなるとリヤヒーターの風量が少しずつ弱くなります
7.ご希望の温度になるとリヤヒーターの風量が弱い状態を維持します
8.ご希望の温度から車内の温度が下がると風量を強くして車内の温度を上げます

最終的には7と8の繰り返しで車内の温度を一定に保つように作動し、その全てを自動で制御します。
※風量も純正のように3段階ではなく「無段階」でリニアに調整。

200系ハイエースキャンパー特装車 リアヒーター移設

200系ハイエースガレージソリューションベッドシステムオーダー製作


純正オプションのリアヒーターは赤枠の部分に取付けてあるのですがサイドパネルをフルに活用するために純正リアヒーターを移設しました。


セカンドシートFASPの下に純正リアヒーターを移設。




シート下前後にヒーター吹き出し口を取付してあるので車内全体に温かい風を送風することが出来ます。


リアヒーターを移設する事により長さ1800mmのガレージソリューションベッドシステムが実現しました。

200系ハイエース専用リアヒーターコントローラー取付

200系ハイエースワイドS-GL4WDトラヴォイリヤヒーターコントローラー取付完了しました!


マイナー前モデルは違和感無く取付ける事が可能です。
当社でも初めて取付けましたがリアシートに人が座る場合が多いユーザー様にはオススメのコントローラーです。
フロントは自分で調整できますが、リアヒーターが無段回(純正は3段階)でオートに動いてくれるのは寒冷地には最適のアイティム!
取付は純正サイドトリム、インパネを脱着しなくてはいけないので色々なアフターパーツが取付けてある車輌は大変ですがお気軽にご相談下さい。

TRAVOISリアヒーターコントローラーとは簡単ですが以下のうように作動します。

1.エンジンを始動
2.リヤの空調スイッチをONにします
3.リヤヒーターコントローラーをご希望の温度にセットします
4.水温計が上がり冷却水が循環し始めます
※水温が上昇しないと動きません
5.リヤヒーターが動き始めリニアに強くなっていきます
6.ご希望の温度が近くなるとリヤヒーターの風量が少しずつ弱くなります
7.ご希望の温度になるとリヤヒーターの風量が弱い状態を維持します
8.ご希望の温度から車内の温度が下がると風量を強くして車内の温度を上げます

最終的には7と8の繰り返しで車内の温度を一定に保つように作動し、その全てを自動で制御します。
※風量も純正のように3段階ではなく「無段階」でリニアに調整。

今回リアヒーターコントローラーを取付させて頂いた200系ハイエースワイドS-GL4WDは
床貼り加工、スピーカー取付、リアウインドパネル、HID・・・を取付させて頂いています。

200系ハイエース トラヴォイ リヤヒーターコントローラー


200系ハイエースワイドS-GL4WDがTRAVOISリヤヒーターコントローラー取付で入庫しました。


新車時から当社にて
床貼り加工、スピーカー取付、リアウインドパネル、HID・・・を取付させて頂いているハイエースです。


TRAVOISリヤヒーターコントローラー

TRAVOISリアヒーターコントローラーとは簡単ですが以下のうように作動します。

1.エンジンを始動
2.リヤの空調スイッチをONにします
3.リヤヒーターコントローラーをご希望の温度にセットします
4.水温計が上がり冷却水が循環し始めます
※水温が上昇しないと動きません
5.リヤヒーターが動き始めリニアに強くなっていきます
6.ご希望の温度が近くなるとリヤヒーターの風量が少しずつ弱くなります
7.ご希望の温度になるとリヤヒーターの風量が弱い状態を維持します
8.ご希望の温度から車内の温度が下がると風量を強くして車内の温度を上げます

最終的には7と8の繰り返しで車内の温度を一定に保つように作動し、その全てを自動で制御します。
※風量も純正のように3段階ではなく「無段階」でリニアに調整。

フロントは自分で調整できますが、リアヒーターがオートに動いてくれるのは寒冷地には最適のアイティムです。


リアヒーター本体に配線を回すので、リアウインドパネル、ABS樹脂床貼り加工ABS樹脂モール、純正リアサイドトリム、インパネ周り・・・等を全て外して作業しますのでお預かり頂いての作業です。

200系ハイエースに後付リアヒーター取付

メーカーオプションのリアヒーターが付いていなかった
200系ハイエースSロングHRDXに後付けでリアヒーターを取り付けしました。


スッキリとセカンドシート下に収めます。


ヒーターの吹き出し口にボックスを作って


シート下の前後に吹き出し口を取り付けしました。
この位置だと純正のヒーターより快適です♪
このヒーターはクーラーントを利用して暖めるヒーターですのでFFヒーターを必要じゃない場合はコストもお得でトラブルも少ないです。
中古車で購入してリアヒーターが付いていない車に後付OKです!
お気軽にご相談下さい。

NEEDSBOX 4WHEELS PLUS+ NVSITEはこちら