「ケージをクルマにセットしてドックスポーツを楽しもう」撮影会

カスタマイズした自分仕様の1台で愛犬と競技に参戦

八重洲出版から発売された「日産NV350キャラバンfan vol.6」
ENJOY NV350 CARVAN LIFE 特集ページ に


「ケージをクルマにセットしてドックスポーツを楽しもう」撮影会
で取材協力をして頂いた、NV350キャラバンプレミアムGX NEEDSBOX NV-type1 改 が紹介されました。








4WHEELS PLUS FRISBEEDOG
ケージをクルマにセットしてフリスビードッグへ行こう!
NV350キャラバンプレミアムGX 4WD NV-type1 改

撮影協力ありがとうございました!

200系ハイエース標準ボディ リフトアップ!

「ケージをクルマにセットしてドックスポーツを楽しもう」撮影会 


4WHEELS PLUS FRISBEEDOG
ケージを車にセットしてフリスビードッグへ行こう!
4型ハイエース S-GL4WD NEEDSBOX BRAVO! Edition 改


1BOXNETWORKリフトアップリーフ × FOX RACING SHOX 2.0 Performance
実際にこの車両で、1BOXNETWORKリフトアップリーフの走行テストやセッティングを繰り返して、ハイエース標準ボディリフトアップのNEEDSBOX FOX RACING SHOX 2.0 Performanceのベストなセッティングを完成させることができました。
「リフトアップ」のイメージでは、足回りが固い、乗り心地が悪い、とイメージされがちですが、ノーマルのハイエースよりソフトな乗り心地で、舗装道路・雪道・ダート・砂・土など色々な道路状況に対応したリフトアップになっています。
街中での使用用途も考え、ハイエース標準ボディのリフトアップは2.1mの立体駐車場に入れる寸法で設計されています。
フロント3インチボディリフト+1インチローダウン、リア2インチアップコンフォートリーフ、を装備したNEEDSBOXリフトアップシステム。ファッション性のリフトアップじゃなく、実際に走れる実用性のあるリフトアップをご希望の方はご相談ください。

ガレージソリューションリアウインドパネル

「ケージをクルマにセットしてドックスポーツを楽しもう」撮影会 


4WHEELS PLUS FRISBEEDOG
ケージを車にセットしてフリスビードッグへ行こう!
4型ハイエース S-GL4WD NEEDSBOX BRAVO! Edition 改




ガレージソリューションリアウインパネルを利用し、ガレージソリューションのバスケットやフックを使って、アウトドアギアを綺麗に収納しています。
季節に応じて変わるアウトドアギア(積載する荷物)に応じてバスケットやフックを変更することにより簡単にレイアウト変更が出来るスグレモノのシステムです。

大きな荷物を積んで、家族と愛犬3頭が、車内でいっしょに快適車中泊

2017年12月7日 発売された HIACEfun vol.40


「2018 LEADING EDGE ハイエースの最新トレンドを追え!」特集ページに


DOG VER. ペットといっしょに出かける旅をする LOVE DOG 「愛犬」
大きな荷物を積んで、家族と愛犬3頭が、車内でいっしょに快適車中泊
弊社でリノーベーションをした、200系ハイエースワゴンGL が紹介されました。


4WHEELS PLUS DISCDOG
ケージをクルマにセットしてディスクドックへ行こう!
200系ハイエースワゴンGL NEEDSBOXリノベーション
お客様が乗っていたハイエースワゴンGLを、北海道内・全国各地で開催されるディスクドックの大会に遠征する為に、リノベーションしたトランスポータです。
家族構成、就寝方法、ケージの数・大きさ、積載する荷物…などから考えられた内装レイアウトに仕上がっています。


「ケージをクルマにセットしてドックスポーツを楽しもう」撮影会

撮影協力ありがとうございました!

フリスビードッグ・ディスクドックにオススメのリアテーブル

「ケージをクルマにセットしてドックスポーツを楽しもう」撮影会 


4WHEELS PLUS FRISBEEDOG
ケージを車にセットしてフリスビードッグへ行こう!
4型ハイエース S-GL4WD NEEDSBOX BRAVO! Edition 改


NEEDSBOXリアテーブルKIT(通称名:キットテーブル)はもちろん取付済み!
サポートアスリート:青柳洋平(フリスビードッグ・ディスクドッグ)さまのご要望から、
開発して製品化されたテーブルです。


餌や水を載せたり、扇風機を置いたり、ゲージに入るときの踏み台にと、ワンタッチで展開&収納&脱着が可能なNEEDSBOXリアテーブルKITです。

愛犬との絆をより一層深める、車中泊仕様 NEEDSBOX P-type1改

2017年12月7日 発売された HIACEfun vol.40


「2018 LEADING EDGE ハイエースの最新トレンドを追え!」特集ページに


DOG VER. ペットといっしょに出かける旅をする LOVE DOG 「愛犬」
愛犬との絆をより一層深める、車中泊仕様 200系ハイエースワイドS-GL NEEDSBOX P-type1改 が紹介されました。

4WHEELS PLUS DOGSPORTS
ケージをクルマにセットしてドックスポーツを楽しもう!
200系ハイエースワイドS-GL NEEDSBOX P-type1 改
お客様と打ち合わせを繰り返して作り出された、フリスビードックとアジリティとドッグスポーツを楽しみながら、愛犬と一緒に旅をして楽しめるフルオーダーのレイアウトに仕上がっています。
家族構成、頭数、遠征日数、等など家族によって違いますが、お客様と色々と打ち合わせをしながらオーダー製作をしていく過程で、色々なノウハウを蓄積していくことができて、今後の車両製作やお客様への提案に繋がっていっています。


「ケージをクルマにセットしてドックスポーツを楽しもう」撮影会

撮影協力ありがとうございました!

FRISBEEDOG NV350CARAVAN Transporter

「ケージをクルマにセットしてドックスポーツを楽しもう」撮影会 




4WHEELS PLUS FRISBEEDOG
ケージをクルマにセットしてフリスビードッグへ行こう!
NV350キャラバンプレミアムGX 4WD NV-type1 改




NV350キャラバン フリスビードックトランスポーターも取材・撮影しました!
詳しい車両明細は「NV SITE」をご覧ください。
NV350キャラバンプレミアムGX 4WD NV-type1 改

Frisbee Thrower : Ruuto Aoyanagi

「ケージをクルマにセットしてドックスポーツを楽しもう」撮影会 






4WHEELS PLUS FRISBEEDOG
ケージを車にセットしてフリスビードッグへ行こう!
200系ハイエース S-GL4WD NEEDSBOX BRAVO! Edition 改
NEEDSBOXサポートアスリート:青柳洋平(フリスビードッグ・ディスクドッグ)Jr.!!




























将来有望です!!


Handler:ShigeoSugimoto

「ケージをクルマにセットしてドックスポーツを楽しもう」撮影会 


4WHEELS PLUS DOGSPORTS
ケージをクルマにセットしてドックスポーツを楽しもう!
200系ハイエースワイドS-GLNEEDSBOX P-type1改

取材・撮影に協力して頂いたオーナー様は、JFAフリスビードッグ日本一決定戦 JAPANFINALの大会で
「JFA JAPANFINAL2015 レディースチャンピオンシップ 優勝」
「JFA JAPANFINAL2015 シニアドック チャンピオン決定戦 優勝」
ご夫婦でダブル優勝という快挙達成!
その他にも数多くの好成績を収めています。
>>詳しい活躍記事はリンク先ページ下の「関連記事」をご覧ください

ここ最近では、フリスビードックも楽しみながら、アジリティの大会に出場しています。
「ケージをクルマにセットしてドックスポーツを楽しもう」撮影会では実際にアジリティの練習を見せて頂きました。



















Handler:Shigeo Sugimoto

アジリティ-とは…
犬と人間が調和をとりながら、コース上に置かれたハードル、トンネル、シーソーなどの障害を定められた時間内に、着実に次々にクリアしていく競技で、いわば犬の障害物競争です。
1978年にイギリスのクラフトショーでデモンストレーション公開されたのが最初といわれていますが、現在ではヨーロッパを中心に世界各地で競技会が盛んに行われるようになってきています。

競技会では、犬の体高、コースの長さ、スピード、障害の数などより、部門別に行われます。 まず、犬の体高35cm未満がスモール(S)、35cm以上43cm未満がミディアム(M)、43cm以上がラージ(L)3クラスに分かれます。これにより、たとえばハードルの高さは、スモールが25〜35cm、ミディアムが35〜45cm、ラージが55〜65cmの範囲で設定されます。

また、コースにより、アジリティー1度・2度・3度とタッチ障害やテーブルを含まないジャンピング1度・2度・3度に分かれます。

コースの長さは、100m〜200mで12個以上20個以下の障害をクリアしなければならず、そのうちアジリティー1度は最大3つのタッチ障害を使用し、2度・3度は、最大4つのタッチ障害を使用したコースとなります。なお、コースの長さ、難易度及び旋回スピードの違いでアジリティー1度・2度・3度のコースが設定されます。

アジリティーは競技タイムもさることながら、障害を定められた順番に着実にクリアしていくことが、最も重要になります。 ハードルのバーを落としたり、障害の前でためらったりすると、その都度5点の減点となります。また障害の順番を間違えたり、とばしてしまったりすると、失格になります。

障害にもいろいろな種類がありますが、板壁(A型フレーム)、シーソー、歩道橋といった障害は、犬が必ず接触しなければならない部分があります。赤い色で塗られている部分です。ここにタッチしないで通過してしまうと、やはり5点の減点となります。

タイムの方は、競技タイムは通常電子タイマーにより1/100秒まで計測されます。また、あらかじめ標準タイムとリミットタイムが設定されており、競技タイムが標準タイムを1秒超過するごとに1点の減点となり、リミットタイムをオーバーすると失格となります。 最終的には、障害の減点(サーキットの減点)とタイムの減点が合計され、減点の少ないものが、上位になります。 スピードと確実性が求められているわけです。

一般社団法人 ジャパンケネルクラブ 参照


断熱対策に「熱反射フロントガラス コートテクト」


4WHEELS PLUS FRISBEEDOG
ケージを車にセットしてフリスビードッグへ行こう!
4型ハイエース S-GL4WD NEEDSBOX BRAVO! Edition 改


断熱対策に「熱反射フロントガラスCOATTECT(コートテクト)」を取付しています。
熱反射フロントガラスCOATTECT(コートテクト)は、金属膜のコーティングで赤外線を反射し、赤外線透過率を大幅に軽減して、断熱性能を確保します。
同じ熱反射タイプのPET方式と比較して、歪み中ゴミが少ないガラスですので弊社ではお勧めしているフロントガラスです。
肌やインテリアの劣化を早める紫外線(UV)も99.9%カットします。
COATTECT(コートテクト)は夏場は車外の熱を反射し、冬場は車内の暖気を反射して、夏も冬も断熱効果がアップするフロントガラスです。


COATTECT(コートテクト)は、合わせガラスの内側に極薄の金属膜多層をコーティングしたガラスです。
この金属膜が赤外線を反射、中赤外線透過率を90%以上(※1 ※2)軽減し、断熱性能を確保します。
※1メーカー測定値 ※2 肌を刺激する「中赤外線域」(1,500〜2,100nm)


COATTECT(コートテクト)は、70%以上の可視光透過率をクリア


COATTECT(コートテクト)は、国内JIS規格はもちろん、最も厳しいと言われている欧州規格(Eマーク)、 米国規格(ASマーク)など、世界各国の自動車ガラス規格に合格しており、安全性には少しの不安もありません。



COATTECT(コートテクト)には、GPS,TV,ANT,ETC対応用の受信部分が作成されています。
ガラス上部中央部のセンターバイザー部は金属コーティングをカットしていますので通信を妨げる事がありません。
ダッシュボード上(メーカー純正はインダッシュ)のGPSアンテナでも受信可能です。(※1)
地デジもバイザー部分でなくても受信は可能です。(※2)
注意)金属膜がある為に、受信感度の低下は必ずあります!予め、ご了承ください。
※1 アンテナの仕様及び個体差により、100%を保証するものではありません。
※2 地デジアンテナ(フィルムアンテナ)は、出来るだけバイザー内に設置することをお奨めいたします。