SH床貼り加工:トヨタ200系ハイエースロング

200系ハイエース床張り加工レール埋め込みシート前後スライド可能!

200系ハイエース標準ボディS-GL:床張り加工

新車・リフォームはもちろん、1日コースや1泊2日でも人気のある施工がこの床張り加工。
トランポをご購入していただき一番大事な基礎になる床は必須アイテムです。

今回は、バイクを積載されるお客様のご要望で床張り加工を施工する際に
セカンドシートの前後スライドができるようにレール埋め込み加工も同時施工させていただきました。

20140811-19.jpg

20140811-20.jpg

20140811-21.jpg

床面にレール埋め込みセカンドシートを取付することで好きな位置にシートを移動できます。
バイクを真っ直ぐ積載される方や、大型バイクを積載する場合、
純正のシート位置ではバイクが積載できない可能性が多くあります。
足元のスペースも自由に調整できるのでオススメです!

20140811-22.jpg

また5ドアの両側スライドであるS-GLの場合、
床張り加工の施工時にステップ部分にこのように床張りをすることができます。
より広いフロアスペースを作ることでバイクのフロントタイヤをギリギリまで前に乗せることが可能になります。


200系ハイエース標準ボディロングDX車3/6/9人乗り:床張り加工

200系ハイエース標準ボディ・標準ルーフ・DX車3/6/9人乗り
SH床張り加工を施工させていただきました!

比較的珍しい車種ではありますが、ハイエースDX車の3/6/9人乗りが入庫。
床張り加工とシートカバー・パネルトリム等の施工をさせていただきました。

純正のセカンドシート・サードシートをそのまま活かした状態です。

20140327-01.jpg

20140327-02.jpg

20140327-03.jpg

荷室への荷物の積載時も床張り加工をしてあることでより安定し、
また荷物の固定も楽に行っていただけます。
純正のフック(タイヤハウス前後)も床張りしても使用できるように
なっていますので、フックの活用もできます。

フロア材の色や材質などもオーダーにてお選びいただけますので、
ボディカラーに合わせてお選びいただいたり、積載時を重視して
滑りにくい素材にて施工することも可能です!

現在お乗りのお車でも車輌持込にて施工ができますので、
お気軽にご相談下さい!


200系ハイエースロング:フロア・床貼り加工 汚れ・傷にも強いこだわり技術

200系ハイエースロングボディーS-GL:SHフロア・床貼り加工

純正フロアカーペットのままだと、段差や汚れが気になるという方にオススメなのが床貼り加工!

表面は硬いクッションフロアを貼り、傷や汚れにも強く掃除がしやすい材質を採用しています。

バイクの泥がついたままでも、気兼ねなく車内に積載していただけます。
もちろん、防水加工を施していますので、サーフィンやウィンドなど水物を車内に持ち込んでもOK!







エンド処理は傷にも強い素材を使用。
スペアタイヤを外すボルト部分もしっかり加工済みです。



床貼りをしても、純正シートの機能をそのまま使用できるように
ABS樹脂キャッチを使用しています。
こちらのキャッチは車の内張りと同じ素材を使用していますので、
より純正クウォリティに近い仕上がりになっております。

ご不明な事がありましたらお気軽にお問い合わせ下さい。