アルミホイールの曲がり/割れ/削れ/欠け/傷/錆/凹みなどでお困りの方へ! アルミホイール修理・塗装のことなら私たちにお任せください! 確かな技術と安心の価格でサービスをご提供いたします。

鍛造ホイールのダイヤモンドカット後に出るシマ/斑点模様について

2016年4月29日
ダイヤモンドカットの再加工により、今まで無かったシマ模様、斑点模様が出る事があります。
これは木で言う木目と同じで、その金属が持っている金属組織の模様です。
表面1皮切削し、その下の新たな層が露出する事で、その層が持っている組織模様が出てきます。


全体をパッと見はあまり目立ちませんが
RIMG7342



寄って良く見ると薄く白い線のような物が見えます
それがこのシマ模様になります
斑点のように出る物もあります。
RIMG7343


全てのホイールが出るわけではなく、どちらかと言うと出る物の方が少ないですが、
必ず出ないとも言い切れない所があります。
これは、その金属が持っているそのままの表現になりますので、
技術的にはどうしようもありません。
また、施工前にこのホイールは出る、このホイールは出ない、という事の判断も出来ませんので
あくまで施工の結果を受け入れるしかありません。
これは鍛造ホイールの場合ですが、鋳造ホイールの場合はシマ模様ではなく、巣穴になります。


鋳造ホイールの再切削時に出る巣穴はこちらでご確認下さい。