建設機械/農業機械用特殊アタッチメントの設計・開発・製作、建械/農械部品の販売・レンタル、中古販売・買い取り、整備・修理・メンテナンス

風倒木処理にも適したバックホウ脱着式フェラーバンチャー「JAK WOOD CUTTER」

2019年10月17日
バックホウアタッチメントの脱着式フェラーバンチャー(伐倒機)「JAK WOOD CUTTER(ジャックウッドカッター)」は、軽量で扱い易く、伐倒後の木材切断やグラップル(つかみ)としても使用でき、伐採から集積まで一連して作業を行えます。


軽量で扱い易いJAK WOOD CUTTERは、高い立ち木を数回に分けて切断することが可能です。



強力なダブルのシリンダー搭載により、例えば0.45-0.7m3(12-19t)クラス用の機種「JAK300」の場合、幹径φ300mmをスムーズに切断します。




倒木や伐倒後の細かな切断の他、グラップル(つかみ)として集積作業もできるため、風倒木処理にも適しています。





バックホウミニショベル2tクラス用から19tクラス用まで「JAK200」「JAK250」「JAK300」の3機種をご用意しております。

油圧配管は、共用配管(往復配管)2本で使用できます。

取り付けバックホウのメーカー・機種は問いません。

※切断力は、あくまでも取り付けるバックホウのアタッチメントに最大で使用できる油圧・油量に起因しますので、油圧ショベルメーカーにご確認ください。

また、伐採の作業効率を上げるためのオプション「アシストグラブ」もご用意しております。



建機開発/販売 よくある質問一覧