建設機械/農業機械用特殊アタッチメントの設計・開発・製作、建械/農械部品の販売・レンタル、中古販売・買い取り、整備・修理・メンテナンス

漁網、塩ビ管、ブルーシート、ゴム、畳、衣類のシュレッダー切断カッター

2016年1月30日
混合廃棄物を一発で150mmアンダー切断!
ツインカッター「ホワイトシャーク」好評販売中!
 
廃プラ、漁網、硬質塩ビ管、ブルーシート、FRP、PPシート、ゴム、ビニール、畳、トンパック、衣類、じゅうたんなど3種類の選べる破砕切断構造により、破砕、切断、粉砕します。
ホワイトシャークWS120
ホワイトシャークWS120
ホワイトシャークWS120
ホワイトシャークWS120
ホワイトシャークWS120
ホワイトシャークWS120

 安定型の処分場に於いては、廃プラなど150mmアンダーで破砕切断し埋め立てすることを基準とされているところが多く、規定値に細かく裁断する作業は手間と時間がかかり頭を悩ませている産業廃棄物処理業者様からご相談を頂きます。
シャフトに三角刃が付いているシュレッダー機もありますが、小さな金属が少しでも入ると切断されない限り出口が無いのでバケット内で混入した金属が回り続け、おおよそ40〜50個ある刃が欠けて刃の交換が必要になり、1個7,000円〜10,000円する刃の交換費用はとても重荷となります。又、土砂が廃棄物に付着していると
摩耗度合が早まりやはりランニングコストを考えると、最終処分場では使えません。そうなるとやはりオーソドックスに切断する以外にない訳ですが、いかに少ない咀嚼回数で150mmアンダー以下にするかということになります。

この混合廃棄物切断用のシュレッダーカッター「ホワイトシャーク」の特徴は、通常シングルの切断部を縦にダブルに配置し、且つ一度の開閉で140mm*140mm以下に切断されるように、切断部中央部に横に切断刃を配置しています。(取り外し可能です)

これにより一度の開閉で縦140mm*横140mmの紙吹雪状に4コマに切断されます。
又、刃の配置を3タイプ変えることができます。このことにより高強度のプラスチックからゴムなどビニールにいたるまで、幅広い混廃物の破砕が可能となっています。

従来、シングルの廃ブラカッターで何度も何度も開閉し咀嚼を繰り返し行い、細かく切断していましたがこの開閉動作が最大1/4回で細断できます。当然、負荷抵抗がかかり固い物を破砕する場合はこれがデメリットとなりますが、切断中央部の横刃は脱着式としており、状況に合わせお使いできるように工夫しております。導入コスト、メンテナンスコストも最小になるよう考慮した設計した未来型シュレッダーカッターです。
油圧シリンダータイプの「ハイパーホワイトシャーク」もご用意しております。



お気軽にお問合せください。



建機開発/販売 よくある質問一覧