建設機械/農業機械用特殊アタッチメントの設計・開発・製作、建械/農械部品の販売・レンタル、中古販売・買い取り、整備・修理・メンテナンス

切断部パーツ交換で「大割兼用鉄骨カッター」「大割圧砕機」使用も可能

2021年5月2日
パーツ交換でダブルシリンダー鉄骨カッターを大割兼用鉄骨カッターや大割圧砕機と利用可能

建物の構造には、鉄骨造(S造)のほかに、「木造(W造)」、「鉄筋コンクリート造(RC造)」、「鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)」などがあります。解体工事を行う上で効率よく作業を行うため敷地面積や搬出路の状況、工期、人員などに応じて油圧ショベルの大きさやその台数を勘案しますが、その中で建物構造に見合った油圧ショベルアタッチメントの選択はとても重要です。ただそれは当然知っているものの「専用アタッチメントのレンタル/リース費が高い」、「現在の使用頻度では今は購入できない」、「解体現場によって使用する油圧ショベルのサイズが異なるため導入コストが負担となる」など様々なお話を耳にします。

当社ではハイスペックのダブルシリンダーを搭載(増速バルブ標準装備)し、耐摩耗性に優れた最高峰のスウェーデン鋼(HARDOX)を使用した、「大割圧砕機」、「鉄骨カッター」、「大割兼用鉄骨カッター」を低価格にてご提供しておりますが、圧砕(切断)部のパーツ交換により1台で「大割圧砕機」、「鉄骨カッター」、「大割兼用鉄骨カッター」としての使用も可能としています。※大割圧砕機、鉄骨カッター本体機の性能は異なります。


※圧砕(切断)部のパーツ

お客様からは「初期投資が低く抑えられてよかった」、「導入したアタッチメントを使用し数件の工事で儲けることができた。今度は専用機として購入する」など喜びの声を頂いております。


【SRC構造の解体などで鉄骨切断を行う「鉄骨カッター」】 


【S構造、RC構造、SRC構造の解体で1台でコンクリートの大割から鉄骨切断、分別収集可能な「大割兼用鉄骨カッター」】


【RC構造、SRC構造の解体でコンクリートの大割圧砕を行う「大割圧砕機」】



当社では販売する商品の品質、性能、販売価格は勿論のこと、導入戴いた後のメンテナンス費の削減に大きく貢献することを使命としています。「他社メーカー製で、ランニングコスト(部品代や整備代)が予想以上に高く付いているため協力してほしい。」とのお声にもご提案をさせて頂いております。

現在お持ちの、他メーカー製のもので古いものでも分解OHや純正部品の他にもOEM部品など代用部品の有無をお調べ致します。機械の下取りも行っております。


お気軽にご連絡下さい。





建機開発/販売 よくある質問一覧