建設機械/農業機械用特殊アタッチメントの設計・開発・製作、建械/農械部品の販売・レンタル、中古販売・買い取り、整備・修理・メンテナンス

機械式2点止めフォーク/レーキ兼用フォークの取付方法(取付手順)

2019年8月24日
当社でも販売台数の多い機械式2点止めフォークです。

機械式2点止めフォークは、軽量化タイプの「シンプルフォーク」スタンダードタイプの「白鳥」レーキ兼用フォークの「丹頂」の計3種類をご用意しておりますが、どの機種もご注文を多く頂いております。

『取り付け機械(バックホウ)に油圧配管がなくても使用できる事』『近年価格が安くなり購入しやすくなった事』が、ご注文の多くなってきた理由かと思います。



併せて頂くお問い合わせの中でも増えてきているのが、『取り付けは簡単なのか?』というご質問です。

機械式2点止めフォークの取付方法はアタッチメントの中でも少し変わっており、シリンダーの先端を可動部分に取り付ける方法となりますので、通常バケットなどで使用しているHリンクは使いません。

その為、取り付けは簡単です。



今回は、機械式2点止めフォークの取付方法をご案内いたします。



<機械式2点止めフォークの取付方法>


● 取付手順 1

バックホウからバケットを外します。

外すピンは、下図の青丸部分のピンとなります。




● 取付手順 2

フォークを下図のように置き、①部分にピンを差し混み、取り付けます。




● 取付手順 3

アームをゆっくり持ち上げシリンダーを伸縮させます。

②部分とアーム先端部の穴位置が重なった状態で、ピンを貫通させて固定します。




● 取付手順 4

取り付けが完了したら、ゆっくり開閉動作を行い、「異音」や「各部の接触」「バックホウへの干渉」などを確認します。



初めて取り付けを行う際は少し時間がかかるかもしれませんが、2,3度繰り返すことで簡単に脱着作業を行えるようになります。

機械式2点止めフォークでご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。





建機開発/販売 よくある質問一覧