アルミホイールの曲がり/割れ/削れ/欠け/傷/錆/凹みなどでお困りの方へ! アルミホイール修理・塗装のことなら私たちにお任せください! 確かな技術と安心の価格でサービスをご提供いたします。

トヨタ13系クラウン純正ホイール リフレッシュでフルオーバーホール修理

2016年10月2日
13系クラウンV8の純正ホイールです
クラ前



四半世紀程昔の物なので、当然艶引け、退色はありますが、特に損傷はありませんでした
これを元々の状態に戻します。

まずは塗装を剥離します
クラ剥離



元々はシルバーで、焼けてゴールドっぽくなったのかな、と思いましたが
元々がシャンパン系ゴールドだという事で、何種類か厳選しながら色決定をします
パウダーコートは調色は出来ませんので、調色が出来るウレタン塗装にすると手っ取り早いですが
今はパウダーコートもかなりの種類がありますので、ほとんどの場合パウダーコートで可能です。
クラ比べ



選別して選んだシャンパン系ゴールドをパウダーコート
クラゴールド



一旦焼き付け後に、側面とインナーを研磨します
クラゴールド後
クラゴールド後2



クリアーをパウダーコート
クラクリアー
クラクリアー後



表面天面をダイヤモンドカット加工でホイールは完成
クラdc



センターキャップは、プラ製のベースに極薄のアルミ板が被さっているタイプですので、
回転ハンド研磨で切削っぽく仕上げます
クラセンター1



センターキャップのエンブレムはゴールドメッキかけ直しです
クラエンブレム



完成です!
クラ後

クラ後斜め

クラ後裏

クラ後アップ1

クラ後アップ2

クラ後アップ3

クラ後アップ4


シャンパン系の色合いもバッチリです
パウダーコートは塗膜が厚いので、普通に塗装するとディスク面の凸凹肌は
平滑気味に埋まってしまいます。
それでは意味がなくなりますので、凸凹肌もそのまま残るように施工しました。
ダイヤモンドカット加工とエンブレムのゴールドメッキ加工がコストの高い加工ですので
金額もそこそこかかりましたが、ご満足いただける仕上がりになったと思います