アルミホイールの曲がり・割れ・削れ・欠け・傷・錆・凹みなどでお困りの方へ!アルミホイール修理/補修/塗装 TOPPAGE(トップページ)

BBSホイールの修理/粉体塗装(パウダーコート/パウダーコーティング)

BBS CH 色変えフルオーバーホール修理

BBS CHです



一見綺麗に見えますが、色褪せ、艶引けがあるため
色変えの再塗装にします



パウダーコート塗装のため、元色は全て剥離します




若干シャンパンがかったシルバーにします
1コート目のシャンパンシルバーをパウダーコート



仮焼きし、2コート目のクリアーをパウダーコート



本焼きし、完成です



20120929-09.jpg


BBS RG 後塗りマットブラックからパウダーコートガンメタへ再塗装

三重県からのご依頼です

BBS RGです



元々の塗装に重ね塗りでマットブラックに塗装されています



リフレッシュをかねて、パウダーコートで色変え塗装します

まずは完全に塗装を剥離します



インナー、側面は研磨します
20120804-03.jpg


ガンメタのパウダーコート
20120804-04.jpg


180度で焼付け完成です
ガンメタ系は100%グロスではなく、6~7部艶のハーフグロスになります
20120804-05.jpg
20120804-06.jpg
20120804-07.jpg
20120804-08.jpg
20120804-09.jpg


BBS RG 色変え塗装 パウダーコートマットブラック

BBS RGです



塗装の経年劣化は見られますが
修理歴や歪みなどと言った物はなく良い状態です



今回はリフレッシュを兼ねてマットブラックへ色変えします

途中の画像を撮り忘れてしまいありませんが・・・
いつもと同様の作業ですので、他記事をご覧下さい

塗装剥離、サンドブラスト等でベース処理
側面、インナーは研磨処理し、マットブラックパウダーコートです



180℃×40分ほど焼付けて完成になります




当社のマットブラックはマットというよりハーフグロスブラックと
呼んだ方がそれっぽいかもしれません
全くの全艶消しももちろん可能ですが、表面が若干ザラツキが出るので
汚れ埃等が付き易い事もあり、6部艶ほどのハーフグロスブラックを
使用しています。

マットブラック(ハーフグロスブラック)はボディカラーを選ばずマッチしますし
なを且つお洒落にも見えますので、一番人気カラーです


BBS RE DSKからマットブラックへ色変えパウダーコート塗装

神奈川県からのご依頼です

BBS REです



リムにはガリ傷、塗装は腐食浮きありです




リフレッシュを兼ねて、マットブラックに色変えします

まずはいつものように塗装を完全剥離&サンドブラスト処理



側面、インナーは研磨します



脱脂洗浄、空焼きを経て、マットブラックパウダーコート



焼付けし、完成です

20120625-07.jpg
20120625-08.jpg


BBS RG 色変え塗装 パウダーコートマットブラック

2012年明けましておめでとうございます

本年も昨年以上に頑張ってまいりますのでよろしくお願いいたします

さて、1日早々から会社に居る私ですが・・・

新年初記事は当社らしくBBSでいきます

埼玉県からご依頼の、比較的傷みもない状態のRGです

20120101-01.jpg


これを色変えでパウダーコートマットブラックにします

まずはいつものように全面剥離し、表面は肌調整の目消し研磨です
20120101-02.jpg
20120101-03.jpg


脱脂洗浄後、マットブラックパウダーを静電付着
20120101-04.jpg


180度で数十分焼付け完成
センターキャップ純正新品のレッドへ、エアーバルブも純正新品に交換です
20120101-05.jpg
20120101-06.jpg
20120101-07.jpg
20120101-08.jpg
20120101-09.jpg


BBS WISER-RG フルO/Hパウダーコート&ダイヤモンドカット加工

山梨県からのご依頼のBBS RG(WISER)です



特に破損はなく、全体的な艶引けの復活修理です
オーナー様なんとこのホイールを16年間使用されているそうです
ホイールも幸せですね
16年間履いてほぼ無傷です。凄いです・・・。



まずは剥離、ブラスト処理、研磨処理でベースを整えます




シルバー塗装のベースとなる近似色をパウダーコート
センタープレートも同時にパウダーコートします



いったんシルバーベースのパウダーコート完成です



この上に元々と同色のシルバーをウレタン塗装します



最後にリムのダイヤモンドカットで完成です
センターオーナメント、エアーバルブは純正品新品取り寄せです
20111221-07.jpg
20111221-08.jpg
20111221-09.jpg


リムはやはりオリジナル同様にダイヤモンドカットです
BBSはダイヤモンドカットリムじゃなければBBSじゃありません
20111221-10.jpg


BBS LM-R ディスクカラーDSKからグロスブラックへパウダーコート

BBS LM-Rです



特に傷も無く綺麗な状態です



ディスクの色変えをします
とても綺麗な状態ですが、密着性、耐久性、耐腐食性を優先し
パウダーコートで塗装します

パウダーコート施工は、どんなに綺麗な上体でも
元々の塗装は剥離します



剥離、ブラスト処理のみで十分なのですが
さらに表面を平滑しペーパーがけします
この作業が、仕上がりに影響するかどうかわかりませんが・・・
多分やってもやらなくても同じと思います・・・



脱脂洗浄後、カラ焼きしてから、グロスブラックパウダー噴射です



これを180℃ほどで数十分焼くと、濃厚な黒になります



組み込み完成



BBS RK ガリ傷修理+フルオーバーホール パウダーコート再塗装

BBS RKです



リムに多少のガリ傷あります



全体的に、小傷も多数あるので、オーバーホールを兼ねて
パウダーコートで再塗装します

まずは、元々の塗装を剥離します



剥離後にサンドブラスト処理、研磨処理します




脱脂洗浄後、パウダーコートします
同色ご希望でしたが、パウダーコートは調色が出来ないので
DSK近似色のブリリアントシルバーです
この状態だと、グレーの粉をまぶしただけですが。。。



これを高温で焼き付けると、DSK近似色ブリリアントシルバーになります





パウダーコートは溶剤塗装に比べ、密着性、耐衝撃性、耐腐食性が
格段に高いので、長持ちします。
大事に長年使用されたい方にはお勧めです。


BBS レーシングGTⅡ パウダーコート フルオーバーホール修理

BBS レーシングGTⅡです
リムはアルミ、ディスクはマグネシウムです



リムにガリ傷



全体的には、ブレーキダスト、鉄粉があちらこちら




裏面に至ってはこびり付いてます



頑固がブレーキダスト、鉄粉は市販のクリーナーでは簡単には落ちません
あまり強力な物だと、艶引け、変色することもあります


リムは再ダイヤモンドカット加工をするのでこのままでかまいませんが
ディスクに関しては、ベースがしっかりしていること、塗装に腐食が無い事、
なによりマグネシウムですので、やみくもに剥離は禁物です
念入りに、慎重に洗浄します



見事に艶が引けていますが、これは狙いです
酸化に弱いマグネシウムですので、硬質膜厚タイプのクリアー塗装を
することを前提として洗浄しましたので、足付けを兼ねています


リムは剥離、研磨してからの、一度パウダーコートで丸塗りし
最後にアウターリムのダイヤモンドカット加工をします




ステッカーは製作し、貼り付けてからクリアー塗装で埋めてあります



組み込み完成です





Copyright(C)2008-2013 OTARU RADIATOR INDUSTRY. All rights reserved.