アルミホイールの曲がり/割れ/削れ/欠け/傷/錆/凹みなどでお困りの方へ! アルミホイール修理・塗装のことなら私たちにお任せください! 確かな技術と安心の価格でサービスをご提供いたします。

オーバーホール/リメイク施工例、バレル研磨施工例、オーバーホール/リメイク、バレル研磨:東京都

フルオーバーホール再塗装のZ31フェアレディZ純正ホイール装着画像

フルオーバーホール再塗装のZ31フェアレディZ純正ホイール装着画像

2017年11月17日

先日施工させていただきましたZ31フェアレディZのフルオーバーホール再塗装純正ホイール、装着画像を東京都よりいただきました。 このクラスの車になると、ボディもホイールも純正そのままが一番風格が出ますね

ポルシェ純正スピードライン18インチ オーバーホール修理バレル研磨仕上げ

ポルシェ純正スピードライン18インチ オーバーホール修理バレル研磨仕上げ

2017年11月14日

東京都からのご依頼です。 ポルシェ純正スピードライン3P、18インチホイールです。 このホイールも昔から入庫率の高いホイールで、今回はディスクがポリッシュのタイプです。腐食、白錆びがかなり酷い状態です

ブラッドストック100 クロームメッキ剥離からオールグロスブラックパウダーコート

ブラッドストック100 クロームメッキ剥離からオールグロスブラックパウダーコート

2017年6月5日

ブラッドストック100です 東京都からのご依頼です。トヨタランドクルーザーに履かせるホイールです。 元々のクロームメッキの腐食浮きが酷いため、剥離してオールブラックへ変更で入庫です。 クロームメッキの

ロリンザーRS8 リフレッシュでパウダーコート塗装

ロリンザーRS8 リフレッシュでパウダーコート塗装

2017年5月6日

ロリンザーRS8です 特に破損や傷みはありませんが、全体的に綺麗にするのと、 パウダーコートで塗膜強化目的での入庫です。 塗装の剥離&下地研磨処理をします 元々の塗装を剥離、ブラスト研磨からバレル粗研

ホンダNSX純正ホイール ワシグレー(ガンメタリック)へ色変え塗装

ホンダNSX純正ホイール ワシグレー(ガンメタリック)へ色変え塗装

2017年4月3日

ホンダNSX純正ホイールです 以前に当社でパウダーコートホワイトで施工させていただいたNSX純正ホイールです 今回イメージチェンジで純正ワシグレー近似カラーへ色変えです 元の塗装を剥離、下地研磨処理で

OZフッツーラ リム交換からリフレッシュリメイク修理

OZフッツーラ リム交換からリフレッシュリメイク修理

2017年2月15日

OZフッツーラです 入庫時の詳細画像残しておりませんでしたが、結構酷い状態でした 特に2本のインナーリムはクラック溶接跡が多数ありました 今回はフルリフレッシュに加え、お客様ご自身でご用意されたサイズ

OZラリー リフレッシュで色変えパウダーコート塗装

OZラリー リフレッシュで色変えパウダーコート塗装

2016年10月5日

OZラリーです かなり古い物ですので、塗装もかなり劣化しています 今回はリフレッシュを兼ねて色変えします。 まずは塗装を剥離します。 剥離槽へ漬け込み大まかに塗膜を剥離後に、サンドブラスト研磨、ハンド

マットブラックDIY自家塗装ホイール耐久性無く高温焼付のパウダーコートで再塗装リメイク

マットブラックDIY自家塗装ホイール耐久性無く高温焼付のパウダーコートで再塗装リメイク

2016年9月16日

アルファロメオ純正ホイールです 剥がせるスプレーでDIY塗装された状態で入庫です これを綺麗に丈夫に塗装し直します 塗装を剥離、素地の研磨処理で塗装の下地を作ります 自動車メーカー純正ホイールと言えど

古いベンツ純正ホイール リフレッシュでオーバーホール修理

古いベンツ純正ホイール リフレッシュでオーバーホール修理

2016年8月14日

年代物のベンツの純正ホイールです 全体的に腐食が酷いです 特にポリッシュのリムはかなり酷いです これを綺麗に戻します まずは塗装を剥離し、塗装前の下地を整えます 一旦シルバーでパウダーコート クリアー

ベンツエミールホイール ダイヤモンドカットにてリフレッシュリメイク

ベンツエミールホイール ダイヤモンドカットにてリフレッシュリメイク

2016年8月5日

古いベンツ専用のエミールホイールです 軽く四半世紀以上前のホイールですが、そう考えると状態は良いですね 流石に艶引け、白錆びが出ているので、綺麗にリフレッシュします まずは塗装を剥離します 一旦シルバ

C32ローレル純正ホイール フルオーバーホール修理

C32ローレル純正ホイール フルオーバーホール修理

2015年11月17日

C32ローレル純正です 四半世紀昔のホイールですので、腐食、傷みが酷いです このホイールかなり厄介です 作りが今で言う溶接2ピースなのです。 リムとディスクが分かれているのがわかります 裏を見ると矢印