建設機械/農業機械用特殊アタッチメントの設計・開発・製作、建械/農械部品の販売・レンタル、中古販売・買い取り、整備・修理・メンテナンス

搭乗式ハンマーナイフモア刈幅1.5m用ブレードアタッチメントの取り付け方法

2019年10月23日
搭乗式ハンマーナイフモア(ハンドガイド式草刈機)刈幅1.5m用のオプション「ブレードアタッチメント」は、搭乗式ハンマーナイフモア(ハンドガイド式草刈機)の“機動性”や“操作性”などの作業性能を生かし、有効活用を図る目的で作られた弊社のオリジナル製品です。



「ブレードアタッチメント」を取り付けることで、例えば、『土砂・泥土押し』『砕石敷き均し』『冬場の除雪』のためのブルドーザーとして有効活用していただくことができます。

▼【除雪作業】活用例





また、別売りの「くし刃」をエッジ部分に取り付けることにより、『集草用』のブルドーザーとして有効活用していただくこともできます。









今回は、「ブレードアタッチメント」の取り付け方法をご紹介いたします。



〜 「ブレードアタッチメント」の取り付け方法 〜


【既存モアヘッド取り外し工程】

まずは、既存モアヘッドを取り外します。


① モアヘッドの外れ止めピンを、左右1本ずつ外します。



② 運転席から見て右側の、本体とモアヘッドをつないでいるVベルト3本を外します。



③ エンジンを始動して、モアヘッドを降ろします。

この際、ヘッド両端の下に角材等の台座があると便利です。

ヘッドを下げ続けるとフック部分とステーが外れるので、外れたのを確認後、本体をそのまま後進させてください。



【「ブレードアタッチメント」の取り付け工程】

続いて、「ブレードアタッチメント」の取り付けます。

取り付け手順は、【既存モアヘッド取り外し工程】の逆手順となります。


④ バーを、「ブレードアタッチメント」のアングルに掛けます。





⑤ 外れ止めピンを、左右1本ずつ差し込みます。



これで、「ブレードアタッチメント」の取り付けが完了です。











▼【「ブレードアタッチメント」の取り付け工程】※④〜⑤





建機・農機部品販売 よくある質問一覧