北海道で車の傷・錆・凹み・事故修理なら自動車ボディ修理・板金塗装の専門店 株式会社ラルフにお任せください。

ステージアのサビあるある!ナンバーポケット下側のパネル合わせ目修理!

2020年8月1日
日産ステージアがサビ修理で入庫です。

当社にステージア入庫と言えば、“カスタム” よりも “サビ修理” みたいなところありますよね( ̄+ー ̄)

こちらの車両ですが、ステージアのサビあるあるの1つ、「(リアゲートの)ナンバーポケット下側のパネル合わせ目」にサビが発生しています。




パネル合わせ目のサビは、まだほんの少しですね。

また、パネル合わせ目の他にも、「テールライト取付部の横や裏面」にもサビが出てきているので、そちらのサビも一緒に修理します。



リアゲート内部のサビも点検しましたが、想像していた状況はなく綺麗な状態でした。

ただ、板金修理歴はあるようで、右テール側はたっぷりと修理されていました。

そのため、テールライト取付部の横面や裏面にもサビが発生してきたのかもしれませんね。



ステージアのサビあるあるの1つである「ナンバーポケット下側のパネルの合わせ目(繋ぎ目)」ですが、この合わせ目をほんとに繋いでしまったらサビはどうなるのか?実験を含めて、サビ修理開始です。

パネルをくっつけて繋いでしまいます。





最後に塗装しますので、多少のパテ整形もしておきます。



リアゲートの淵にシーラー割れもありましたが、塗装の時に埋めておきます。






これで、リアゲートのサビが無くなり綺麗になりました。

それでもサビはまた発生してくるものですので、こまめに修理してあげてください。そのお手伝いはさせていただきますので!

あとはトランク内部のサビですね・・・初回は少し金額面で高額なので、決意が固まったら作業しましょう。

施工依頼ありがとうございました。