北海道で車の傷・錆・凹み・事故修理なら自動車ボディ修理・板金塗装の専門店 株式会社ラルフにお任せください。

GKフィットのリアフェンダー・タイヤハウス内に発生した錆を修理!

2021年1月12日
業者様よりリフレッシュ修理依頼でお預かりしています、ホンダGKフィットの作業を開始していきます。

まずは、錆が発生したリアフェンダー・タイヤハウス内の修理から進めていきます。

塗装を剥ぎ、錆を削り落としていきます。サビ発生初期という事もあり、表面処理のみで大半のサビは落とすことができました。細かいサビはサンドブラストし、鉄板処理しています。




パテ成形して、下地処理します。




サフェーサーを塗布して、塗装に入っていきます。




塗装完了!リアフェンダー・タイヤハウス内の錆修理完了です。




錆びやすいリアフェンダー・タイヤハウス内については、錆の再発は免れませんので、早めの修理をお勧めいたします。(酷くなる前に修理ご連絡下さい。)

引き続き、ボンネットの修理も進めていますので、そちらは次回紹介いたします。