北海道で車の傷・錆・凹み・事故修理なら自動車ボディ修理・板金塗装の専門店 株式会社ラルフにお任せください。

フィアットパンダの腐食進行が酷い「ドア裏の下側」サビ修理!

2020年7月17日
フィアットパンダを愛して止まないオーナーさんより、次の作業依頼を承りました。

  • サイドステップ
  • ドア裏の下側
  • フェンダーとボディの繋ぎ目
のサビ修理です。



サイドステップのフェンダー側に発生しているサビは、見た感じは酷い状態ですが、サビを削ってみたらそうでもなく、ハンマーで叩いてもまだ鉄の音がします。



同じくサイドステップの、ゴムモールで隠れている所のサビが進行していて、ボロボロになっていたので、ハンダで作成して整形します。



ドア裏の下側は、なかなかのサビ具合です。。。



車体からドアを外して、サビを削ってみたら、腐食進行が酷くてダメでした・・・




ちなみに、ドアの表面にも、あちこちサビ穴ができています(※画像の丸枠部分など)。

前回サビ修理した時の跡も残っていますね(※画像の四角枠部分)。



ドア裏の下側はもう繋がってない状態なので、全て作成する事にします。








とりあえず先に、「ドア裏の下側」のサビ修理を完成させました。

次回は、「サイドステップ」と「フェンダーとボディの繋ぎ目」のサビ修理作業をアップします。