北海道で車の傷・錆・凹み・事故修理なら自動車ボディ修理・板金塗装の専門店 株式会社ラルフにお任せください。

フィアットパンダのサビ修理!フェンダー繋ぎ目のサビを落として防錆剤塗布!

2020年7月21日
フィアットパンダの「ドア裏の下側」サビ修理が終わったので、そのドアをひっくり返して、ドア表の下地を作ります。

また今回は、「フェンダーとボディの繋ぎ目」のサビ修理を進めていきます。

フェンダーとボディの繋ぎ目は、シーラーが割れているので、剥がして手の届くところまで削ります。

発生しているザビもそこまで酷くはないので、サンドブラストで細かいサビを剥離します。





そして、こちらの防錆剤を塗っておきます。




サイドステップのサビ修理は前回の記事で先に進めていましたので、下地を作ってサフェーサーを入れます。



あとは下処理をして、フェンダーとボディ、サイドステップ、それとドア表を塗装します。




塗装が乾いたら、組付して完成です。

施工依頼ありがとうございました。

次回は右側のサビですね。