北海道で車の傷・錆・凹み・事故修理なら自動車ボディ修理・板金塗装の専門店 株式会社ラルフにお任せください。

フィットシャトル 修理した所をまたぶつけてしまい!もう一度板金塗装で修理

2020年10月29日
昨年、リアゲートの凹みを板金塗装修理したホンダフィットシャトルですが、『同じ所をまたぶつけてしまった』との事で、修理入庫しました。



結構凹ませてしまいましたね。

今回はリアゲートを交換した方がよろしいかと思いますが、、、『それなりでよければ、もう一度、板金塗装で修理対応しますが』と言う甘いささやきを発してしまった。。。(−_−;)



という事で、、、板金塗装で修理する事となりました。

まずは、リアゲートの、縁(へり)のラインを整えます。



続いて、凹みを引き出していきます。(塗装を剥がして、鉄板を引き出していきます。)



前回修理時のパテを全て剥がして、鉄板を板金形成します。



パテで整形します。



今回は、表面だけではなく、裏面も板金塗装します。



サフェーサーを塗布して、塗装します。




そして今回は、リアバンパーの凹みも修理する事となりましたので、リアバンパーも凹みを直してパテ整形を施します。



サフェーサーを塗布して、塗装完了です。



最後に、組み付けして、完成です。

施工依頼ありがとうございました。