北海道で車の傷・錆・凹み・事故修理なら自動車ボディ修理・板金塗装の専門店 株式会社ラルフにお任せください。

メルセデスAMG CLA45 フロントバンパーの割れ・ガリ傷修理!

2021年1月20日
最近の車は、シフトレバーも多様化していますね。最近よく見るのは「ボタン式のシフト」で、パーキングの際は、シフトレバーをパーキングレンジに入れるのではなく、ボタン(スイッチ)を押すと走行シフトをロックするという機能の「電動パーキングブレーキ」です。

今回はこのパーキングボタン(スイッチ)を押し忘れて車が進んでしまい、駐車場の縁石にぶつかってフロントバンパーが割れてしまったとの事で、メルセデスAMG CLA45が修理入庫いたしました。

私達も色々な修理入庫車に乗りますが、エンジン始動のスタータースイッチなども車によって様々なので、、、エンジンかける時、シフトを動かす時、車を停める時、エンジンを切る時と、キョロキョロしてしまいます(汗)



割れ(ガムテープで応急処置されている部分)の他に、フロントバンパー下部のリップ部分(シルバー色の部分)にガリ傷があるので、このガリ傷も合わせて修理します。


他に、フロントバンパー底面のアンダーカバーも割れていましたので、新品部品をオーダーします。


フェンダーライナーにも割れを確認しました。こちらも新品部品をオーダーします。


フロントバンパーを取り外すと・・・バンパーブラケットが落下してきました。。。追加で、こちらも新品部品をオーダーします。


ちなみに、フロントバンパー内アンダーダクトの上部に付いているカバーは、そのまま付けた状態で修理作業を進めます。


まずは、フロントバンパーの割れを溶着していきます。


この続きは、後日またアップします。

ではでは。